2017春夏:足無き葛藤 2017秋僕の目指す道 2017冬:ボロにときめけ 2018春:放浪の季節
2018夏:輝け、夏の思い出 2018秋:冷めない熱気 2018冬:寒空ダイナミズム ご挨拶


 ― 2018春 : 放浪の季節 ―

新しい季節がやってくる。うずくんだ。走りたいんだ。愛車のパオを納車したときには、もう季節でどんどん寒くなる季節だったので、陽気の中を走る機会は少なかった。今回初めてやってくる、ドライブシーズン本番なんだ。
わずかな休暇に1人走り出す。桜を追い求める。GWは2人で西日本を放浪する。天気とそのときの気分で自由に走る、僕本来のドライブが戻ってきたような感覚だ。

【6-18】 能登半島ドライブ2018    2017年3月31日-4月1日    走行距離:1571km

ここ数日は石巻も20℃近く行ったりして、急に春めいて来たしね。
今週末は能登半島に行きます。実は1ヶ月ほど前から突然能登半島に行きたくってさ。土日の2日間があれば、石巻からなんとか能登一周して帰って来れると思うしさ。
なので金曜の仕事終了後に、能登半島を目指して走り出した。



気温-3℃の深夜の会津で仮眠。深夜3時台にムックリ起きて再び走る。
朝の8時半ごろには、能登半島の付け根にやってきました。東海岸から北上開始しよう。
眠い。3月のお仕事最繁忙期を乗り越えた瞬間に旅立ったから、蓄積された疲労がハンパない。

「雨晴海岸」から海越しの立山連峰は見えたけど、ちょっと逆光で見栄えしなかった。
順光だと絶景だったので、順光写真をh里つけておきますね。
それから氷見の町で"赤塚不二夫"のキャラの像を見ながら市街地を少し散策。
能登半島、桜は5分咲きくらい。桜を探し、見ながら北上していく。大きなブリとタイもいる。



途中で見つけた公園でコーヒーを淹れて飲む。ポカポカの陽気だから、こういうこともできるようになった。嬉しい。
「能登大仏」は初めて見たよ。これだけ能登半島を今まで走りまわっていて、初めて。
それから毎度お馴染みの「ボラ待ちやぐら」も忘れちゃいない。日本2周目から何度も見ているね。



能登半島も北半分に入るのだが、まだ海の向こうに立山連峰が見えている。
こんなにハッキリ見えているのは今までで初めてだ。すっごい。海の上に3000m級の山が見えているんだもんな。

いつも行く「ふる里きりこ橋」も訪問。ボタンがあって、押すと季節の曲がランダムで流れるよ。"春よ来い"が鳴り響いたが、ピアノの単音演奏。小学生のピアノ演奏かよ。曲によってクオリティに大きな差があってウケる。

そして外せない、能登のシンボル「見附島」。日本1周目から来ている思い出の地。
その向こう、海の彼方に立山連峰がまだ見えていた。



「珠洲市立みさき小学校」には、「ここが日本の重心地」の標柱があります。
これ、10年近く前から気になっていたけど、初めてまともに写真撮影できた。
そしてすぐに、能登半島最北端の「禄剛崎」。まずはランチです。道の駅の綺麗なレストランとかじゃなく、あえて鄙びたドライブイン。お客さんゼロだけど、問題なし。思ったよりも店内綺麗だった。リフォーム済みかな?

食後に「禄剛崎」の灯台訪問。ここの日本の中心の碑も毎度のように撮影しておいたよ。



少しずつ西日が傾く中、西海岸を南下する。
ここでも数々の観光をしたけど、省略。「白米千枚田」だけはすごいから、写真を紹介しよう。

まだ日があるうちに輪島の町にやってきました。今日はこの町で寝ようと思う。
お風呂に入り、そしてバーでも行こうかなって思ったら営業していないっぽい雰囲気で。
どうしよっかなって思いながら歩き回っていたら寿司屋さんがあった。ここにしよう。
そこのカウンターで握り寿司食って酒飲んで、地元のおじさん達と旅トークで盛り上がる。マジ楽しいんですけど。いい夜だ。旅っぽい。
そして、そのまま輪島で車中泊。




翌朝、
「大沢の間垣集落」だとか「能登金剛」の様々な奇岩や断崖を見ながら走る。
いっぱい巡ったけど、メンドーなのでここへの起債は軒並み省略するけど。日本1周目とかから回っている景勝地。
世界一長いベンチは相変わらずすんごい。「旧福浦灯台」も好きなので、ここ10年ほどは毎回訪問しているような気がする。

砂浜を走れる日本唯一のハイウェイである、「千里浜なぎさドライブウェイ」、今回も当然走ります。
パオも絵になるな。かわいいよ、パオ。



金沢市までやってきました。ここが最後のアプローチスポットです。
昨夜一緒に飲んだおっちゃんが、「この陽気で金沢までは桜満開になったよ。兼六園きっと綺麗だよ。」って言っていたので来た。しかも今日は「兼六園」無料入場の日だし。
桜を見て、混雑する庭園を見て、それから模擬店でまるまる焼きっていうのを買って。
気温は20℃を越え、むしろ暑いくらいの陽気だった。

じゃあ、帰る。石巻に帰る。
こうして昼頃に能登を去ります。春の訪れと共に走った、楽しい気ままな一人旅。



「雨晴海岸」→「道の駅 氷見」→「まんがロード」→「プロゴルファー猿 ポケットパーク」→「ぶりの里さざなみ」→「尾湾公園」→「道の駅 なかじまロマン峠」→「根木のボラ待ちやぐら」→「能登大仏」→「中居湾のボラ待ちやぐら」→「七見ポケットパーク」→「木郎水車小屋」→「ふる里きりこ橋」→「見附島」→「寄り道パーキング雲津」→「珠洲市立みさき小学校」→「ドライブイン狼煙」→「道の駅 狼煙」→「禄剛崎」→「椿展望台」→「ゴジラ岩」→「奥能登塩田村」→「帆立岩」→「垂水の滝」→「窓岩」→「道の駅 千枚田ポケットパーク」→「道の駅 輪島」→「ねぶた温泉 海游能登の庄」→「Bar Seven Isles」→「阿づま寿し」→「道の駅 輪島」
「ゾウゾウ鼻見晴らし展望台」→「大沢の間垣集落」→「男女滝」→「アテの原木」→「道の駅 赤神」→「関野鼻」→「ヤセの断崖」→「大笹波水田」→「道の駅 とぎ海街道」→「世界一長いベンチ」→「機具岩」→「巌門」→「鷹の巣岩」→「旧福浦灯台」→「道の駅 のと千里浜」→「千里浜なぎさドライブウェイ」→「いしかわ赤レンガミュージアム」→「金沢城公園」→「兼六園」



【6-19】 北上・遠野ドライブ    2018年4月21日    走行距離:355km

岩手にも桜前線が到来しました。
同僚から薦められた桜の名所「北上展勝地」の花見と、遠野方面の観光を絡めた日帰りドライブに行くことにしました。



朝の4時台に起き、頑張って車を走らせて岩手県の北上市にある「北上展勝地」にやってきました。
みちのく三大桜の1つだよ。ちょうど満開。
渋滞や交通規制が始まる前に到着し、しばらく車内で仮眠をした後に散策。天気良くって素晴らしいね。劇的に気温が上がり24〜26℃くらい行くそうだ。暖かい。
桜のトンネルの中を馬車を通るし、模擬店も出ているし。ワクワクなのです。



東に走って遠野方面に向かいます。
ちょうどこの時間、花巻を出発した"SL銀河"も釜石を目指して似たようなルートを走っているはず。
今シーズンは先週くらいからの運行だっけ?是非見てみたいぞ。

やってきたのは「道の駅 みやもり」。
1年ちょっと前の「3.11 メモリアルドライブ(5-92)」にここを訪問した際、「いつかここでSLを見たい」って書いていたよね。
ギリギリ間に合ったか?SL来るか?
ダッシュで「宮守川めがね橋」に行くと、ちょうど遠くから汽笛が聞こえた。手を振る見物客の前のめがね橋を、SLが走る。
"銀河鉄道の夜"のイメージショットに使われるこのスポットでSLを見れた!感動!

そしてSL通過後、ここの芝生の敷地で持参したパンを食べてランチにしました。
よーし、次は遠野駅までSLを追いかけるぞ!



遠野駅で入場券を買って、ホームに入る。SLが停まっている。
駅員さんに頼んでみたら、ちょっとだけ車内にも入れてくれた。レトロ仕様の車内もカッコイイ。
あと、機関士さんに声を掛けられて、記念に石炭ももらった。ワーイ。

そして駅近辺の橋に移動。ここから遠野駅を出発したSLの走行シーンを再撮影しました。噴煙のかかるギリッギリで橋から避難。スリリングで面白かった。



そして遠野にやってきました。牧歌的な風景を見ながらドライブしたくってね。
岩手秋田内陸ドライブ(5-49)」以来の3年振りの、本格遠野巡り。
まずは定番、「カッパ淵」。春は雨や風が多いせいか、ちょっと濁っている??
ついでに近所の「池峰山古参道跡」のガタついた鳥居、「遠野伝承園」の雰囲気をチラリと覗き見などする。



「山口の水車小屋」は、新品ピカピカ。そういや前回訪問時はボロボロで、その2ヶ月後には大規模改修するって言ってたな。僕はボロい方が好きだったが。
「デンデラ野」っていう、わかりやすく言うと"姥捨て山"を眺め、そして一般道で帰ります。
どっかで早めに夕食にしつつ、石巻に向かおうかな。



陸前高田の「未来商店街」。
まだ残っている、東日本大震災後からの復興用に作られた貴重な仮設商店街の1つです。
仮設商店街、軒並み1年ほど前に閉鎖して行ったもんな。
ここの入居の店が次々と独立して行っているらしい。なので営業している店舗は少ないし、敷地内を歩いているお客さんもゼロだし、結構寂しい。
海鮮のお店が営業していたが、海鮮の気分ではないのでもう少し走ります。

※「未来商店街」はこの5ヶ月後、2018年9月末で閉鎖しました。

夕暮れの「奇跡の一本松」を見て、気仙沼で見つけたちょっとレトロな感じのカフェレストランでまだ明るいうちに夕食。
そして石巻へと海沿いに帰るのです。



「北上展勝地」→「道の駅 みやもり」→「宮守川めがね橋」→「遠野駅」→「桜木橋」→「キツネの関所」→「池峰山古参道跡」→「常堅寺」→「カッパ淵」→「遠野伝承園」→「大槌街道跡」→「山口の水車小屋」→「デンデラ野」→「川の駅 よこた」→「陸前高田 未来商店街」→「カントリーロード」



【6-20】 鎌倉・三浦ミニドライブ    2018年4月29日    走行距離:81km

GWです。
慶事につき横浜の片田舎の実家に戻っていた僕。この日は夕方近くに用事があるものの、それまでは予定なし。
なのでちょっとだけ近所を走り回ろうと思います。
ホントであれば朝一から走りたかったが、結局出発は昼になってしまったけど。ま、昨日飲んだしね。
汗ばむような陽気。さすが関東。



愛車は石巻の自宅で留守番しているので、今回使用するのは"プログレ"。日本1周目の後半を担当した車です。
房総半島ドライブ2015(5-55)」以来のサイト登場ですな。

やってきたのは鎌倉の「鶴岡八幡宮」です。
日本0周目どころか、産まれた直後くらいからいろんなイベントでお世話になっている神社。
付近の駐車場はバカ高いので、少し離れたところに停めてフラフラ周囲を観光しながら歩き、ついでに道に迷い、そんで到着。
GWなので激混み。

そして、2010年に倒壊した樹齢1000年の大イチョウのその後をチェック。
ボッキリ折れた幹の途中部分を、そのまま地面にズドンと置いただけのヤツは、無事に根が定着してから8年が経ち、真横からアフロみたいに緑がモジャモジャ生えて、なんだか元気そうな様子。アフロが元気の証拠。
そもそも大イチョウが生えていたけども根元から折れてしまったために、切り株的な部分すら残らず、根くらいの状態になってしまった部分については、もう3mくらいの若い木となっている。成長すごいな。僕なんてこの8年で何も成長していないのに。



そのまま三浦半島一周に繰り出すんだけどどこの景勝地も駐車場満車でイライラが募る。
湘南の海岸から「江の島」を遠望して、「葉山の御用邸」はもちろん警備厳重で、「長者ヶ崎」は駐車困難で。

「立石公園」で、意を決して駐車場方面にハンドルを切る。
その先は駐車待ち渋滞で、列を脱出することもできずに20分。なんとか駐車。



この公園で海を眺めながらゆっくり散歩。
そのあと、もう夕方の用意の時間が迫っているので、適当に見つけた牛丼チェーンのお店でランチをし、高速道路を使って横浜某所に向かいました。できれば三浦半島を一周したかったところだけど、結局半周もできず。時期が悪かったか。せっかく天気は最高だったのに。

その後、用事を終えたんだけど、まだかろうじて空は明るい。もうちょっとだけ走ろうか。
「横浜ベイサイドマリーナ」で、まだ冷めやらぬ熱気を感じ、それから「海の公園」という海水浴場で「八景島シーパラダイス」を眺めながら、真っ暗になるまで散歩しました。



じゃ、実家に帰ろう。そんでゆっくり休もう。
明日は石巻の自宅に帰らねばなので。



「荏柄天神社」→「鶴岡八幡宮」→「立石公園」→「横浜ベイサイドマリーナ」→「海の公園」


【6-21】 北陸・中国ドライブ2018    2018年5月3-6日    走行距離:2740km

一昨日、GW前半が終わって横浜から石巻に帰って来たばかりだけど、また旅立ちます。
GW後半4連休は、広島に行きます。呉市にあるお気に入りのバーを目指す、前夜発4日間のドライブ旅行です。

まずは夜のうちに石巻から一気に新潟の日本海沿いまで走る。
もうひと踏ん張りで富山県に入れる上越市でスタミナ切れ。ここで車中泊です。



石川県の金沢市で高速道路を下りる。ここからは、「
能登半島ドライブ2018(6-18)」の続きの海岸線を走ります。
天気、なんだかビミョーだけどな。
「尼御前岬」を見て、福井県に入り「東尋坊」のダイナミックな断崖を見る。
「鉾島」・「神の足跡」・「弁慶の洗濯岩」などの細かい景勝地を繋ぎ、「越前岬」を踏む。

その後、魚市場的なスタイルのお店でタイのお刺身や焼きサバ寿司を買い、併設のイートインスペースで食べました。



食後は天候が劇的に回復。
若狭湾のハイライト、「三方五湖レインボーライン」に突撃します。最高だね、この眺めは。
さらにこの中でのハイライト、「梅丈岳」へはリフトで登ります。日本1周目から何度も来ている場所。

登った先はまさに空中庭園。「三方五湖」の絶景を見落ろしながら、箱庭のような敷地を散策して、ツバキを見たりユニークな神社を参拝したり、かわらけ投げを見物したり。
屋外のデッキにデーンといくつものソファが設置されているのは、今回初。そこにゆったり腰かけて眺める景色は格別。
最高だったよ、「三方五湖」。



西日の射すの若狭湾をさらに西に走る。
本来であれば、「城崎温泉」近辺で宿を取り、温泉に入ってからチェックインできればと思っていたけど、この時間では無理ね。そもそもGWなのでどこも空きがなく、その場で探そうかと思っていたが、いろんな意味で時間がない。
今夜も車中泊だなー。

「情報交差点ぽーたる」で久々にSL"義経号"と再会し、敦賀の「赤れんが倉庫群」を散策し。
偶然見つけた「藤津神社」は境内一面が満開のツツジで覆われていて、とても綺麗だったよ。



夕暮れの時間、3度目の訪問となる「ドライブイン ダルマ」に到着。
ここのレトロ自販機で夕飯としました。おそらく現時点ではもうここでしか稼働していない、川鉄の麺類自販機が3つも並んでいるんだぜ。圧巻だよ。

「天橋立」の南端に到着。もうこの時間なので「天橋立」の展望台には登れないしね。別にすごく見たいってわけではないしね。
とりあえず、そこに日帰り入浴施設があるので、お風呂に入りました。
湯上りは、「智恩寺」など、「天橋立」の南端を少しだけ散策しました。

22時頃に「天橋立」エリアを出発する。明るい時間帯であれば丹後半島を一周したかったが、もちろん今は真っ暗だし、この時間に丹後を走っても何も楽しくないので内陸部をショートカット。丹後は最終日にもし時間があったら走ろうかな。

23時過ぎに「城崎温泉」到着。直近だと「鳥取ドライブ2014(5-32)」で、ここを気に入って「いつかゆっくりすごしたい」とか書いているけど、もうこの時間だからゆっくりしている余裕なんてないわけで。ライトアップももうほぼ終わっているし。
コンビニでスープパスタを買って食べて温まり、そしてラストスパート。
兵庫県に入り、深夜1時過ぎにお馴染みの「餘部鉄橋」の下で車中泊です。


2日目です。
5時くらいに起きました。早朝は寒いし雨。「餘部鉄橋」に虹が架かった。
コーヒーを淹れて温まり、出発。
7時過ぎに「鳥取砂丘」に着くころには、もう快晴になっていました。



「鳥取砂丘」、もう何度目だろう?
もちろんハードコースから馬の背を登ります。この勾配の厳しさを相方に教えてやります。砂の地獄。楽しすぎる。
次に「道の駅 神話の里 白うさぎ」。"因幡の白兎"の舞台です。
ここは何度も来ているが、その奥にある「白兎神社」は初めて訪問したよ。

その後、いくつか景勝地を挟んだり、「道の駅 大栄」の"コナン"に挨拶をしたり。



間もなく「大山」が見えてきます。ちょっと早めのランチは鳥取ご当地グルメの牛骨ラーメン。
いよいよ鳥取県も終盤。島根半島を境港に向かって北上します。「弓ヶ浜公園」では、砂浜越しに海を眺めたり、「加茂新川」沿いを散歩したり、園内をいろいろ散歩。のどかで楽しい時間でした。



島根県に入り、本土と「中海」に浮かぶ「江島」までを結ぶ、「べた踏み坂」を初走行しました。
「大根島」からの遠望ショットにもチャレンジしたよ。
愛用のズーム機能に勝れたデジカメは「
北上・遠野ドライブ(6-19)」以降故障中なので、ロクな写真は撮れなかったけどな。

「宍道湖」を見てから、広島方面に南下。中国地方を縦断します。
「土師ダム」にこいのぼりがかかり、見事。



西日の射す、広島市の中心地。なんかお祭りやっていて、ゴッタ返していました。
GWにも関わらず渋滞をことごとく回避してきたが、ここで初めて渋滞となる。でも、ゆっくり「原爆ドーム」眺められたからいいか。

そして夕暮れの呉市にやってきました。
今回唯一予約が取れているホテルにチェックインし、21時ちょっと前にお好み焼き屋さんに入る。
呉のご当地グルメである呉焼きとそばめし。うまい。そしてハイボールを飲みました。

では、お気に入りのバーの「ナポレオン」に行きます。日本4周目・5周目に続いての、3回目の訪問です。
これを相方に紹介するのが、この旅の最大の目的と言っても過言ではない。



雑居ビルのすごく入りづらいお店、「ナポレオン」。
での重厚な扉の向こうは、めくるめく煌びやかな世界。最初からマスターが担当してくれ、感無量。
マティーニだとか、強めのカクテルを中心にオーダーし、マスターのテクニックに見惚れた。

でもね、40年続いたこのお店が、あと4日ほどでクローズするとのこと。新店舗はここから近いが、しばらく休業となるそうだ。
危ねっ!もし数日遅ければ、あったはずのこの店を探して路頭に迷い、かつ旅の最大の目的を見失うところだった。
最後の「ナポレオン」、訪問できてよかった。
感慨に浸っていると、「引っ越しで荷物になるからこれをあげよう。持っていく?」ってグラス6個入りの段ボールをプレゼントされた。大好きなバーからのプレゼント。もらうともさ。

24時過ぎまで、他のお客さんやバーテンダーさんとワイワイ過ごしました。
ホテルまでの帰り道は、グラスをもらったことと美味しいお酒が飲めたことでルンルンで、クリスマスプレゼントをもらった子供みたいに「ワーイ」って感じで小躍りしながら歩きました。


3日目です。
二日酔いです。起きた瞬間はちょっとダルいな…程度で、普通にシャワー浴びてました。
そのあと、気持ち悪くなりました。うん、やっちまったね。
朝ご飯は無理矢理食堂まで行ったんだけど、1口食べてアウト。スタッフさんが「??」な顔をしている中、早々に撤退。最悪な気分だ。人生TOP3に入る二日酔いだ。おめでとう。

さっさと起きて、広島県や岡山県の山間部を走り回りたかったが、これ無理。気力だけが空回り。
部屋で休んで10時ギリギリにチェックアウトするも、しばらくはロビーのソファに沈んでいました。
拉致あかねーなってことで、20分後くらいに場所を変える。「ゆめタウン呉」であれば、休憩できるベンチがあったはず。
外は快晴でポカポカ。あー、ドライブ日和なのにもったいない。




フラフラしながら「ゆめタウン」へ。途中、気力を振り絞って「てつのくじら館」の潜水艦を撮影。
そして「ゆめタウン」の休憩スペースのベンチに倒れ込む。ちょっと寝るね…。
相方には、「大和ミュージアム」・「てつのくじら館」あたりがオススメなので観光するように依頼。「大和ミュージアム」に行ったようだ。
僕は寝てた。周囲で囲碁やっているじいちゃんとかいる中、寝てた。
結果、ゲーゲーしていたのはホテルまで。「ゆめタウン」ではスヤスヤ眠り、体調は改善方向に向かっていた。

14:00、なんとか体が動くようになった。まだ運転するのは気持ち悪いけど。
ってことで、相方運転でスタート。ドライブで相方運転は初めて。なんてチャレンジングなシチュエーションだ。見ず知らずの地だけど、頑張れ。この先のスポットや道の状況の説明は、僕が既存の知識から全部説明するから。




瀬戸内海沿いに岡山方面を目指す。
「大芝大橋」がよく見える、いつものスポットで駐車したり、「道の駅 たけはら」を起点にして「竹原町並み保存地区」を散策したり。これらは、ニコル君と以前一緒に行動した「広島ドライブ2014(5-34)」のときと一緒だね。懐かしい。
散策後、「道の駅 たけはら」でご当地ハンバーガー食べた。よしっ、食欲復活してきた。しかも肉を食えた。いい兆候だ。

「エデンの海」を眺めたり、尾道の坂の町を見ながらさらに東に走る。
周囲が薄暗くなり始める、18時ちょっと前の福山の手前で復活。ここからは僕が運転しよう。



明日の最終日は、初日に観光できなかった丹後半島を周ろうと思う。
あと、相方が「天橋立」に急に興味を持ちだしたので、ついでに行こう。今夜は、そのちょっと手前で車中泊予定。

19時ごろ、「福山城」を見学した後に山陽道に乗る。岡山で夕飯を食べた後、兵庫県の姫路から播但連絡道路で北へ。
以前、"天空の城"「竹田城」にアプローチしたときを思い出すな。
24時ごろ、養父の道の駅に到着。ここで朝方まで寝ることとします。


4日目です。最終日です。




早朝に「道の駅 やぶ」を出発し、「久美浜湾」を眺めながらコーヒーを飲む。
そして、丹後半島一周です。最北端の「経ヶ岬」を灯台まで歩いて往復し、「伊根の舟屋」を眺め。

9時半ごろ、最後の観光地である「天橋立」までやってきました。「天橋立」南北に、それぞれ「傘松公園」・「天橋立ビューランド」の2つの展望台があり、僕はどちらも行ったことあるのだが、今回は何となく「天橋立ビューランド」にする。
ミニモノレールで山を登ります。




上の写真、ちょっと雲が多いようにも見えるかもしれないけど、実際はかなりの晴天でかつポカポカでした。
逆光だったし、綺麗な写真は撮れなかったけど。本当に穏やかな、気持ちのいい春の日射し。

併設のミニ遊園地には、観覧車やメリーゴーランド、SLなどがある。
本来であれば橋立だけ見て帰る予定だったのだが、なんかテンション上がってミニ遊園地のサイクルカーっていうレール上を走る人力自転車的な乗り物に乗る。そこからの高い視点からの橋立もとてもよかった。

売店でピザフリッタを買い、テラスのテーブル席で食べる。周囲からは遊んでいる子供の歓声。
あー、なんて幸せなんだろう、今。
この時間が永遠に続けばいいのに。明日からの仕事、なければいいのに。一瞬で石巻に帰れればいいのに。
…ってワケにも行かないので、そろそろ帰ります。急がねば、石巻着が深夜になる。




石川県の尼御前SA。最初に観光を開始したところです。戻ってきたよ。
ここの敷地で、窯焼きピザをその場で焼いてくれる模擬店を発見。ピザ2枚を買い、ランチとする。食べながら日本海をまたずーっと東に走り、遥かなる宮城県石巻市を目指すのです。

こうして、前半4連休・後半4連休共に充実しまくった僕のGWが終わる。




「尼御前岬」→「東尋坊」→「鉾島」→「神の足跡」→「弁慶の洗濯岩」→「足見滝」→「呼鳥門」→「越前岬」→「まるさんビーチマート」→「白龍の滝」→「北前船主の館 右近家」→「三方五湖レインボーライン」→「レインボーライン山頂公園」→「道の駅 うみんぴあ大飯」→「情報交差点ぽーたる」→「舞鶴赤れんがパーク」→「藤津神社」→「ドライブイン ダルマ」→「天橋立温泉 智恵の湯」→「智恩寺」→「城崎温泉」→「道の駅 あまるべ」
「小畑古墳群」→「オアシス広場」→「鳥取砂丘」→「道の駅 神話の里 白うさぎ」「白兎神社」→「龍見台」→「魚見台」→「道の駅 大栄」→「青山剛昌ふるさと館」→「大山パーキング」→「ラーメン 一刻」→「弓ヶ浜公園」→「ベタ踏み坂」→「宍道湖」→「道の駅 さくらの里きすき」→「道の駅 とんばら」→「道の駅 ゆめランド布野」→「千貫水」→「土師ダム」→「原爆ドーム」→「ビューポートくれホテル」→「れんが亭」→「ナポレオン」
「ゆめタウン呉」→「大芝大橋」→「道の駅 たけはら」→「竹原町並み保存地区」→「エデンの海」→「福山城」→「道の駅 やぶ」
「久美湾」→「道の駅 くみはま」→「日本中央標準時子午線塔」→「道の駅 てんきてんき丹後」→「経ヶ岬」→「伊根の舟屋」→「天橋立ビューランド」




2017春夏:足無き葛藤 2017秋僕の目指す道 2017冬:ボロにときめけ 2018春:放浪の季節
2018夏:輝け、夏の思い出 2018秋:冷めない熱気 2018冬:寒空ダイナミズム ご挨拶