信州放浪2017

ありがとう、そしてさようなら、冒険の日々
日本5周目・94回目のドライブ
実行日:2017.5.3-7
実行人数:1名
走行距離:1914m
日本5周目の最後のドライブ!ありがとね、HUMMERの浜さん。一緒に走るの、これが最後だよ。
前のエピソード 約束の地・横浜へ(5-93)
次のエピソード  ―

5/3 プロローグ
春風が吹く
5/4
あの山越えて
5/5
フォッサマグナ
5/6
狭き門
5/7
青い高原
5/14 エピローグ
〜 CrossRoad 〜


 5月3日 プロローグ 「春風が吹く」



  前回の走行からほんの2週間だけど、季節は大きく変わったように感じた。

  GW直前までわずかにあった桜はほぼなくなり、代わりに眩しい新緑が石巻の町を包む。
  気温も上がり、日差しが強くなり、水田には水が張られる。

  1つの季節が去り、新しい季節がやって来る。


 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



― さて、今回僕は長野県にドライブに行こうと思います。
もちろんスケジュールなんて立てていません。大体アドリブです。まぁいくつか立ち寄ってみたいスポットはあるけど。

1月の栃木マニアックス2017(5-90)以来、僕が一番好きなドライブスタイルであるアドリブでの車中泊の旅、ずっとできていなかった。そのさらに1つ前だと「
津軽半島一周ドライブ2016(5-79)」まで遡っちゃうしね。
つまりこの8〜9ヶ月ほどは、近場のドライブか、滞在型の旅行が中心だった。
そもそもプライベートも忙しかったしな。でも、それも4月下旬でひと段落。
そして来たるGWの5連休。僕は久々に、本当に好きなスタイルでの旅を実施します。

しかしこれは、本格ドライブの"再開"ではなくって"完結"。今回が日本5周目の最後のドライブです。
旅が終わった数日後には、日本5周目の相棒である愛車の"浜さん"を手放す予定。
これは別れのドライブ。最後に1度だけ、以前の大好きなスタイルを復活させる、締めくくりのドライブ。


      
HUMMER_H3の"浜さん"              いつも一緒の黄色い熊

…浜さん、これでお別れだなんて信じられないよ。
ま、僕自身が設定したシナリオなんだけどさ。
もともと僕は、日本1周を終わるたびに車を換える。そして、1周にかけるドライブは100回以下。それを守ってきた。
人生への1つのケジメなんだ、これは。ズルズル伸ばしたくないのだ。

そもそも日本5周目の海岸線は、昨年夏の北海道一周大旅行2016(5-78)」で走り終えていた。これは「2017年 年越しイベント(5-88)」でも書いた通り。あとは、ノンビリ余生を過ごしてきただけ。
さらに言えば、2週間前の「
約束の地・横浜へ(5-93)」を最後に車を手放すつもりだった。2・3週間前まではそのつもりでいた。
次の車の納車が思ったよりも遅延しているので、浜さんを少しだけ長い期間所持していただけに過ぎない。
GWだけは車が無いと思う存分ドライブができないから、GWが終わってから車を手放そうと急遽決めたのだ。

本来は次に入手する愛車との最初の旅をする予定だったGW。
ちょっとシナリオが変わり、浜さんとの最後の旅となりました。ま、これも運命。


9:35 石巻出発@

ちょっと信州に旅立つ前に、予定があるんだ。
宮城県の古川の町で、学生時代の仲間に会う予定が入った。日中はその用事を済ませる。
それが終わり次第、長野に向けて旅立とう。まずは相方と共に古川に向かうのだ。


                     
田植えの季節

途中で田園地帯の中を疾走する。すっごい清々しい天気。雲1つ無い快晴で、最高のドライブ日和。
周囲の水田では、いよいよ田植えが始まっていました。ところどころの道端に軽トラが停まっていて、稲を田んぼに運ぶ。そして田植え機で植えて行く。

横浜や名古屋に住んでいたことは、遠くに出掛けなければ目にしなかった光景。でも僕の住む石巻は田園地帯だらけなので、田んぼの日常の光景だ。外出しない限り、田んぼを見ずに1日が終わることなんて無い。
こんな風に季節の移り変わりを見れるってのは、幸せだ。稲刈り以来、半年ぶりに田んぼが活気づいてきている。ワクワクする季節の到来だ。


<「珈琲工房いしかわ」>
9:55 「珈琲工房いしかわ」

古川に行く途中でちょっと立ち寄ったのが、ここ。石巻の田園地帯のド真ん中にあるコーヒー屋さん。
本当に一面どこまでも田んぼの広がるエリアを見下ろす丘の上にあるのだよ。すごい立地。
ここで今度関東地方近隣の仲間にお土産として贈る用のコーヒーを買っていきます。


       
田んぼを見降ろす                           残っている八重桜

ここに来るのは半年ぶり。かつてコーヒー好きの人が自分で焙煎機器を購入し、"石巻コーヒー"っていうコーヒーブランドを作り上げたそうです。それが有名になり、今や市内の各所のお土産コーナーなどで石巻コーヒーが売られています。僕らは過去に何度もお土産用に活用させてもらってきました。
その本店がここ。工場と喫茶店と売店が融合したような施設となっています。今回はその売店でお土産の品を購入します。

開店時刻は10:00。ほんのちょっとだけ早く到着してしまいました。10:00までは駐車場で時間を潰します。
駐車場のすぐ脇には八重桜がまだ咲いていたので、それを見たり田んぼを見降ろしたりしながら過ごす。


                   
  工場兼喫茶店                          お土産を買いに

10:00を過ぎたので店内に入る。途端にコーヒーのいい香りに包まれます。
でも、奥にある喫茶店スペースでは、テーブルの上などにやたらと事務用品が置いてあって「???」ってなる。10:00で開店のハズなのに、この状況はどうした?

「売店で買い物しに来たんですけどいいですか?」って聞いたら、「定休日ですけどいいですよ」って愛想よく言われた。
あれ??
思い起こせばこのお店は火曜・水曜休み。そして今日は水曜日だった。GWだから感覚ボケていて、てっきり土曜日だと思い込んでいました。あわわ、失礼しました。でも売ってくれてありがとう。そっか、定休日だからテーブルも接客用ではなく、お店の人の事務仕事用のフォーメーションになっていたのか。

たぶん対応してくれたのが、石川珈琲の社長さん。いろいろお土産をサービスしてくれました。休日に押しかけて迷惑かけちゃったのに、逆にすみません。でも、さらに大幅イメージUP!感謝感謝!




                
   奥羽山脈を遠望しながら

国道108号を古川に向かって走ります。
前方には雪を被ったダイナミックな山々。東北の屋根といわれる奥羽山脈ですな。あの向こうが山形県。すっごいいい眺め。


10:50、古川の町の中心地にある「イオン」に到着しました。
ここで学生時代の仲間の"もんちゃん"とそこのお子さんに会う。メッチャ久々。7・8年振りくらいか?忘れた。
前回の「
約束の地・横浜へ(5-93)」のとき、もんちゃんは体調不良のために横浜で会えなかったので、GWを利用して実家のある宮城まで来てくれたとのこと。

古川イオン

もんちゃんとランチをし、そしてその後お店を変えてコーヒーを飲みながらつもる話をし…。
そうそう、日本1周目では仲間の"タケ山"・"ワガママ"・"グチくん"と4人で、神奈川から軽自動車で一般道のみを使って、もんちゃんに会うために宮城まで走って来たよね。懐かしい。
そんな感じでダラダラと16:00くらいまでゆっくり過ごしました。

では、一旦石巻の自宅に戻り、荷物を積み込んだら本題のドライブスタートだ。
太陽が西に傾きつつある中、石巻へと戻ります。


17:25 石巻出発A

ここからは1人旅。目指せ信州。日本5周目最後の旅。
ところで、なぜ僕が最後の旅を信州にしたかというと、日本5周目のこれまでの中で、観光した機会が一番少なかったのが長野県だからです。

思い返せば、長野を観光したのって2014年の「横浜→名古屋リターン(5-24)」での、「猿庫の泉」くらい。しかもあのエピソードはドライブというよりは引っ越しが目的。
名古屋時代は長野県は近かったのに、西に向かったりだとか日本を目指すばかりで、長野は通過こそしたものの、観光はしてこなかった。ヘタに近いことで、通過してしまっていた。
ゴメン、長野。本当は僕、長野も大好きなんだよ。だから今回は長野を集中的に観光するよ。


    
   夕方の水田                夕日を追いかけて

もう夕方だ。気温は下がり、雲が出始めている。
…ちょっと理想よりも時間が遅くなっちゃったかな?明日は夜明けと同時に観光を開始したい。だけどもそれには充分な睡眠時間が必要。どんなに遅くとも日付が変わるまでには群馬県あたりまでは到達していたい。
そうやって逆算していくと、暗くなるまでには福島県にいたいんだよね。

今年のGWはカレンダー通りだと5連休。当初この5日間で信州を巡ろうとしていたところ、今日の予定で4日間となっている。最後の1日はほぼ帰路に当てることを考えると、なるべくこのアプローチには力を入れておきたいのだ。

17:35 三陸自動車道

家の最寄から高速道路に乗り、南を目指します。
利府JCTで仙台東部道路に乗り換え、そして若林JCTでは仙台南部道路に乗り換えます。

18:05 仙台若林JCT

18:15 仙台南JCT

ここで東北道に接続です。山々の向こうに夕日が沈もうとしている。じきに夜がやってくる。


18:45 国見SA


                    
夜を迎える県境

宮城県と福島県との県境のSAまでやってきました。厳密にいうと、福島県に入って300mくらいの位置。
ま、ギリギリで"明るいうちに"福島県"を実現できたかな。日は暮れたものの、まだかろうじて明るいし。
ここで最初のトイレ休憩。
まだまだ信州は果てしなく遠いです。走り続けよう。


20:48 大谷PA

福島県を縦断し、栃木県に入り、宇都宮のちょっと南にあるPAに入りました。
ここで一旦このあとのシナリオを練り、ルートを確認します。

今回の目的地は信州だけど、群馬県から日本国道最高地点である「渋峠」を経由して長野に入りたい。
「渋峠」のある「志賀草津道路」、もう冬季通行止は終わっているよね?それを確認。うん、通れるみたい。そして、通行時間に制限があるのかを確認し、8:00〜であることを確認。
明日の朝8:00に「志賀草津道路」に入れるくらいの場所で今夜車中泊をすればいいわけね。

じゃ、今夜は少しだけ群馬県内でドライブインのレトロ自販機巡りをしたいと思います。
夕食がまだなので、レトロ自販機で夕食としよう。群馬県の太田桐生近辺はレトロ自販機密集地域。24時間営業の地トロドライブインもいくつかあったはず。

 
夜の栃木にて


21:23 岩舟JCT

栃木県の南部までやってきました。ここで北関東自動車道に入って西に向かいます。

21:45 北関東自動車道 太田薮塚IC

ここから一般道です。薮塚は、1年半前の「群馬県B級スポット巡り(5-63)」の舞台だね。あのときもレトロ自販機のドライブイン巡りをやりましたな。今回は、そのとき事前にリストアップしていたけども、立ち寄らなかったドライブインを中心に巡ります。
まずは「阿久津ベンティング」だ。

ICを降りてちょっと南に行ったら、県道39号を西に。
ほぼ真っ暗な細めの道に、淡い光が灯っています。そこが目指すドライブイン。


<「阿久津ベンティング」>
21:52 「阿久津ベンティング」


           
昭和レトロなドライブイン

【日本走覇】内に「レトロ自販機、見つけちゃいました」っていう特設コーナーを作っているほど、僕はレトロ自販機好き。
全国各地の自販機を巡っているような感じ。
まだコンビニが普及していない昭和時代に活躍した暖かい食品が出てくる自販機、かなりボロくなっているものの全国にポツポツ点在しているのですよ。それを見つけるのが喜び。

ここも1年半前の1年半前の「群馬県B級スポット巡り(5-63)」にて訪問予定だったんだけど、あのときは石巻出発直後に酷い吹雪に巻き込まれて、大幅にスケジュール遅延したじゃないですか。
だから本来は夜のうちにこことかに立ち寄りたかったんだけど、翌朝になっても群馬に到達できない事態となり、諦めたのです。


      
レアなトースト自販機                 飲食エリア             レトロなゲーム機

レトロなゲームの溢れる店内。僕が小中学生だった時代のゲームとか、普通にあります。
GWのこの時間だけど、数人のお客さんが必死にゲームで遊んでいます。

そんなドライブインの自販機コーナーにあるのが、このトースト自販機。昭和後期のものだそうです。僕も全国のレトロ自販機を巡っているけど、このトースト自販機が現存するのは10数箇所のみ。確か西日本には高知県に1つあるだけだし。そこももちろん既に訪問済みだけど。
ここには麺類自販機は無いのね。トースト自販機のみ。
メニューは2つで、「当店自慢のピザトースト」と、「昔からの定番ハムチーズ」で、どちらも220円。
僕の好み的にも、レア度から言っても、ここはピザトーストでしょ!


                   
自販機のピザトースト

お金を入れると内部で温めスタート。およそ1分で、触れないくらいアツアツのトーストがアルミホイルに包まれた状態でゴロンと出てきます。
えーと、本来であれば店内の飲食スペースで食べるのだが、ここは周囲のわりと近いところにゲームをしているお客さんが数名いる。すぐ近くで僕がパンをムシャムシャ食っていたり撮影をしたりしていては、お互い居心地悪いよね?
今回は車内で食べよう。

ってことで、暗い駐車場の車の中で封を開ける。例によってペラペラの16枚切りくらいの薄さのパン2枚に具が挟まっています。極限まで具が少ないのも、このトースト自販機の特徴。ま、維持費ハンパないだろうしね、これはしょうがないし、これも醍醐味。
でも、ピザトーストはチーズもソースも味がしっかりしているタイプなので、満足でした。うまい。


なんか今日は既にお腹いっぱいなのだが、ここは日本一の自販機密集地帯なので、もう1店舗行きたい。
「オレンジハット茂呂店」に行きたい。
県道39号をさらに西に行き、伊勢崎市の中心地ちょっと手前で南です。急にカーナビが不調になって、暗い町中でちょっと路頭に迷いそうになったけど、勘を頼りになんとか到着しました。


<「オレンジハット茂呂店」>
22:28 「オレンジハット茂呂店」


               
2軒目のドライブイン

群馬県のこのあたりに何店舗かある、昭和のゲームスポットの茂呂店です。
さっきの「阿久津ベンティング」と同様にかなり暗い一角にヒッソリと佇んでいました。
内部がゲームコーナー・自販機コーナー・飲食コーナーとなっているのも同様です。ややアンダーグランドな雰囲気で薄暗いのも同様です。

ここは麺類自販機が2台もある!しかもトースト自販機、ハンバーガー自販機まで!
すっごい品揃えだね。圧巻の光景。マジ貴重。でも、僕のお腹は既にパツパツ。これ以上食べたらメタボになる。この歳になると油断するともう元の体型には戻れないよね。

ハンバーガーなら最悪テイクアウトして明日の朝に食べてもいいのだが、実は家を出るときにサイドイッチを持参しているので、これも明日の早い時間に食べないと痛む。
じゃあ、この中でも一番食べやすくて、一番レアなもの。…っていったらやっぱトーストだよね。トースト食べよう。


                   
レトロ自販機が立ち並ぶ                    ハンバーガー自販機

ここもトーストは2種類。
「PKGM(ピリ辛ガーリックマヨネーズ)」とハムチーズで、どちらも220円。
こういうときは、よりレアな方をチョイスします。ハムチーズはこれ系の自販機の定番だから、作る人が違うとはいえ他のところでも食べれる。オーナーさんのオリジナリティの垣間見える、「PKGM」に興味がある。

ちょっと店内が清掃中でワシャワシャしていて居心地イマイチだったので、ここでも駐車場で食べることとしました。
サラミ風のハムに、チリソース。濃厚でうまいです。うん、かなり好きだこれ。でも超腹いっぱいでもう眠い。


      
   店内の様子                   PKGM(ピリ辛ガーリックマヨネーズ)トースト

駐車場でツーリングマップルを開く。
明日の朝に「渋峠」に行くには…。って、ここからすっごい距離あるよね。100kmあるよね。
同じ群馬県だけど、ほぼ東端と西の端。
この満腹すぎて睡魔に襲われている状態でどこまで行けるのか…。しかもナビ故障しているし。


とりあえず、わかりやすく高崎の町を目指すことにしました。標識を見ながら県道24号で真っすぐ西へ、高崎方面へと進んで行く。23:24頃、高崎駅の近辺まで到達できました。まぁまぁ大きな町なので、この時間でも商店街には街灯がついていてホッとする気分。
ここからは国道406号で、「榛名山」の南から西までグルーッと反時計周りに走ります。
ほぼ真っ暗な山間部です。


                   
山間部に入る


<道の駅 くらぶち小栗の里>

国道を走っていると、道の駅があるとの看板を発見。おぉ、こんなところにあるのか!
僕の手持ちの2014年版のツーリングマップルには掲載されていない。どうやら2014年になってから開設された道の駅だそうだ。ラッキー、ここで車中泊しよう。

24:00 道の駅 くらぶち小栗の里

山間部の真っ暗な中、新しい建物が存在感を放っています。
駐車場は相当にガラガラ。GWなのにこんなに車中泊している人が少ないのは、ちょっと意外。
トイレがてらいろいろ見て回ると、綺麗な無料休憩スペースがある。
『おかげさまで3周年』という幟があった。やっぱ駐車場が空いていたのは、まだできた直後で知名度が低いからかな?

 
           
3年目の道の駅                           無料休憩所で読書

休憩室の居心地が良さそうだ。
本来であればここで軽く晩酌とかしたいところなのだが、周辺にコンビニはないし満腹だし、この時間から飲んだら翌朝までには酒が抜けない。
だからちょっとだけ読書してから寝ることにするよ。

読書をしながら静かな夜を満喫し、そして車中泊スタイルにした浜さんの後部座席で寝ます。
あー、そういや車中泊も久々か。「
栃木マニアックス2017(5-90)」以来か。
久々の車中泊ドライブ、存分に楽しもう。

24:55 就寝




5/3 プロローグ
春風が吹く
5/4
あの山越えて
5/5
フォッサマグナ
5/6
狭き門
5/7
青い高原
5/14 エピローグ
〜 CrossRoad 〜

【日本走覇】のサイトTOPへ ⇒