大洗あんこうドライブ2014

黄昏の中の磯料理店
日本5周目・8回目のドライブ
実行日:2014.1.2
実行人数:3名
走行距離:380km
正月早々、茨城県の冬の風物詩、あんこう鍋を食べに行きます!トラブルにくじけず、目指せ大洗!
前のエピソード 2014年 年越しイベント(5-7)
次のエピソード 四国一周ドライブ2014(5-9)


12月30日に、名古屋の自宅から横浜の片田舎の実家へと車で里帰りをした僕。
せっかく車があるのですから走らないともったいないですよね。
昨日の「2014年 年越しイベント(5-7)」から一夜明けた今日は、茨城県の大洗にあんこう鍋を食べに出掛けたいと思います。

あんこう鍋は冬の大洗の名物。
コラーゲンたっぷりのあんこうを食べれば、僕のお肌もあの頃のようにプリプリに若返ること間違いなしです。


8:13 横浜出発

横浜の片田舎の実家を、名古屋から一緒に帰って来た愛車の"浜さん"に乗って出発です。
昨日に引き続き雲ひとつない最高の天気。こんな日にドライブを出来るってのは幸せだね。

 
1月2日も快晴です

8:40 横浜の某所で"やよこ"と合流

やぁ、昨日はどうも。本日もよろしくね。
やよこを乗せたら次は3人目のメンバーである、学生時代の後輩の"karino"と合流するために近くの駅へと向かう。
本当は横浜駅にする予定だったけど、今日は箱根駅伝であの近辺は通行規制していたり周辺渋滞だったりするそうなので、近付かない方が無難なのだ。

8:52 横浜の某駅でkarinoと合流

karinoは僕の車を始めて見るので「すげーすげー」と言ってくれています。どうも、今後よろしくね。
はい、今回はこの3人で茨城に行きますよ!

 
karino・やよこ・YAMA

では、改めてご説明しますと、今回目指すのは「山水」というあんこう鍋を食べれる大洗の食事処です。
今まで【日本走覇】内で「山水」が出てきたのは3回でして、「ちばらぎドライブ(3-55)」・「大洗・海鮮ツアー(3-67)」・「茨城ドライブ2010(4-6)」となっています。

その中で実際に山水であんこう鍋を食べたのは1回目だけなんだけど、それが結構印象的だったので、この度5年振りに訪問してみることにしました。
ちなみにやよことkarinoは初めての訪問です。2人ともあんこう初めてだって。
大丈夫かな?あん肝ベースだから、内臓系ある程度食べれる人じゃないと、全く手を付けられなくなっちゃうからね。


9:07 首都高

横浜の某所で首都高に乗る。ここからは大洗までずっと高速で一気に行っちゃうつもりです。
きっと12時ちょっと前くらいにはお店に到着するでしょう。
「山水」は正月から営業していることは既に電話で確認済みでして、しかし予約制ではないとのこと。
だから気持ち早めに現地に到着するプランです。


       
 ベイブリッジ               みなとみらいと富士山                つばさ橋

昨日も見上げた「横浜ベイブリッジ」を渡ります。
karinoが「みなとみらいの後ろに富士山が見える!」と言っている。
あ、そうなんだよね。冬の良く晴れた日だけ、「ベイブリッジ」を走っているときに「みなとみらい」の後ろに「富士山」が見えるよ。
ちゃんといい望遠レンズで撮影すると、すんごいかっこいい写真になるんだよ。

しかし僕は運転中なので撮影はおろか、まともに「みなとみらい」方面を見ることすらできません。
すまん、写真撮っておいてくれ。あとで写真で堪能するわ、僕。


やよこはみんなに朝ご飯のおにぎりを作ってくれました。わーい、運転しながらいただきます!
さすがに正月2日目だと都心の首都高も渋滞なんてものは無く、スイスイと東京北部に向かいます。
次は浅草近辺で「東京スカイツリー」が見えてきます。

「スカイツリー」はね、半月前に初めて訪問したのよ。そんで展望デッキまで登ろうとしたんだけどまさかの4時間半待ちだったので余裕で諦めたね。開業から1年半経つのに、まだこんな状態だったとは…。
そんでこれも僕の代わりにシャッター押してくれー。


                           
隅田川とスカイツリー

10:05 三郷JCT

ここで常磐道に乗り換えます。

10:14 守谷SA

常磐道最初のSAで、ちょっとトイレ休憩することにしました。
karinoはオヤツとして手作りのワッフルとポンデケージョを持ってきてくれました。うおー、テンション上がるわー!
とりあえずワッフルは今食べる!そんでウマー!!

 
ミニワッフル

11:07 友部JCT

ここで北関東自動車道に乗ります。相変わらず道路状況は順調です。
予定通り12時ちょっと前に到着できそうな見込みです。

11:23 北関東自動車道 水戸大洗IC

ここから「山水」まではおよそ6q。順調に走れば10数分あれば到着できるでしょう。
しかし不穏な空気が流れだします。ちょっと…、なんか道路が混雑しているんですけど??

 
大洗ICからの渋滞

なぜここでこんな渋滞が?そう疑問に思っていたら、karinoが「IC近くに初詣がどうのこうのっていう看板が出てましたけど…?」って教えてくれた。そっか!これで全て納得がいった!
この渋滞は「大洗磯前神社」に向かう車の渋滞だ。

「大洗磯前神社」は「大洗・海鮮ツアー(3-67)」・「茨城ドライブ2010(4-6)」などで僕らが遊んだり参拝したりした神社。
その参道は僕らの目指すお店「山水」の目の前から始まっています。
ということは、お店に着く瞬間までこの渋滞に飲み込まれたままだということ。
さらに、参拝を終えたお客さんがそのまま「山水」でお昼にする可能性も高いだろう。
うわー、これはマズいな。到着に時間がかかるばかりか、到着してもお店に入れない可能性もあるぞ…。

とりあえず、3人とも本日は夜まで特に予定がないので、混雑したら入れるまで待つ覚悟はできている。
ポンデケージョもまだ食べずに残っているから、非常食にもなるし。
予定通り「山水」を目指しましょう。

 
太平洋を見下ろす道

大洗ICから20分かけ、「山水」まであと1km弱というところに来ました。相変わらず車は動きません。
もうね、ここいらに駐車できる場所があれば歩いてもいいくらいだね。
現に「磯前神社」の参拝客で、路肩に車を停めて歩いてしまっている人も多くいます。

これ、お店に行ったところで駐車場が満車だったらどうしようね。狭い駐車場にあんまりギュウギュウだと、例え空きスペースがあったとしても僕の車は入らないよ。
駐車場の空き状況、そしてちゃっかりお店の混雑状況を確認してもらうため、karinoに「山水」に電話し確認してもらうようお願いしました。

そしたら、お店は2・30分待ち程度、駐車場は例えいっぱいだったらお店の前の道路に停めてOKなのだそうだ。
あぁ、それなら良かった。ここまで来て停める場所がないのは悲惨だからねぇ…。
じゃあ、後は残りの1kmの渋滞を耐えるのみだ。


karinoが「山水」への電話報告を終えてほんの2・3分後のことでした。
上の写真のままの下り坂で、渋滞で車が動かないので停止したまま待機していると、後部から「バギャン!」という芳ばしい破壊音と、軽い振動が僕らを襲いました。

「…??」
バックミラーを見る。後ろの車との間隔は5・6mは離れている。…何??
もしかして、追突された?
でもミラーに車はいないし…。いや、でもどこかしらに何かがぶつかったから、この衝撃なんだよな??
やよこに車を降りて後部を確認するようお願いする。

すぐに降りたやよこが、「ぶつかっているよー」と言っている。
あ…、やっぱりか。嫌な予感的中だ。めんどくさいな…。僕も車を降りる。


浜さんに後ろには、イカつい"RX-7"の流線型のボディが突き刺さっていました。
なるほど、相手の車高が低すぎてバックミラーに映らなかったのか。そもそも浜さんのリアガラス、大部分がスペアタイヤで占められているから目視してもほとんど後ろに何があるのか見えないんだよね。手前数mだと本当に何も見えない。
RX-7の運転手さんはまだ車内で呆然としていたけど、僕らが出てきたら向こうも慌てて出てきた。

 
追突の図

あー、やっちゃいましたね。浜さんは車高が高いので、リアバンパーの下に少し擦り傷が付き、ナンバープレートが若干曲がったくらいだけど、RX-7の方はボンネットが完全に浮いちゃっています。
このくらいの傷、自損であれば気にせず走行しちゃうようなレベルです。
てゆーか、こんなことで足止め食らってあんこう鍋の時間が遅れてしまう方が僕にとっては懸念だ。

一瞬だけど、「気にしなくていいっすよ」って言って解散してしまおうかとも考えた。
しかしそれはいかんいかん。0-100だし、HUMMERだし、まだ乗り始めて日が浅い車なんだから大事にしなきゃ。

10代の頃だったらさておき、僕はもう丸くなっちゃっているのでこういうときもなんか穏やかで「あのー、ケガないっすかー?そちらも遠くから来たんすねー。初詣っすか?」みたいな感じに気さくに話しかけてしまう。
やよこもkarinoもフレンドリーなタイプなのでなんか朗らか。名古屋ナンバーのHUMMERということで相手カップルも最初はビビッていたようすだったが、すぐにそれなりに打ち解けました。

まずは連作先を交換し、そして証拠としてkarinoに破損状況の写真を撮ってもらう。それが上の写真。
そして警察に連絡だな、こりゃ。
僕手動でサクサク進め、ついでに僕が警察に電話しようとしたら、「なんでアンタが全部やるの?」ってやよこに止められた。
そっか、過失側に頼めばいいのか。なんか基本的に僕って、全部自分で動いちゃうタイプなんだよね。

んで、相手の彼女さんに警察係を任せ、僕は改めて浜さんの破損状態を確認しつつ保険会社に電話。
あー、バックモニターカメラとパーキング用の外付けライトが外れているわ。リアバンパーの下部に取り付けてあったからな。
ライトはコード1本でプランプラン、そんでカメラはどこいった?親指大くらいだから衝撃で吹っ飛んだか?
相手のお兄さんと一緒に周辺を探すが、見つからない。

車のエンジンをかけ、バックモニターをONにしてみる。そしたらなんかの映像が映った。
カメラは吹っ飛んでいない。接続されている。だけども写っているのは、どこだここ??
よくよく見てみると、車の下回りの隙間にコードに繋がったまま挟まっていました。よし、機能は無事だ。両面テープが剥がれただけだ。


       
外付けランプ              バックモニターカメラ

あとは警察が来るまで5人で世間話をしながら待つ。
もう周囲の渋滞の車は僕らを回避して抜かす際にこっちをガン見するし、横の歩道を歩いている人もこっちを見ながらヒソヒソ話している。そうだよね、HUMMERとRX-7なんていうワイルドな車同士が正月から事故っていたら見るよねー…。
向こうさんも散々だな。わざわざ他県からデートで初詣しに来たら、直前で事故ってボンネットがバゴーンですから。

下り坂でうっかりブレーキを踏み損ねて追突しちゃったんだってさ。たぶん時速5kmくらいで。
うーむ、マニュアル車でそれはどうかとも思うけど、やっちゃったもんじはしょうがないしなー…。

 
みんな避けてく

てゆーか、警察遅いな。
相手の彼女さんに警察への催促をお願いし、そんで警察がイマイチ場所を特定できずに困っていることを認識。
「こういう風に場所を伝えてください」とお願いするも、警察官は道路の反対側から来ちゃったりしてね。
中央分離帯があるんだから、こっちこれないじゃん。ちゃんと伝えたのにー。そもそも時間かかりすぎー。

で、パトカーはまた随分先でUターンしたり、その後こっちの車線は大渋滞だったりで時間をかけ、ようやく現場到着。
僕は早くみんなとあんこう鍋食べたいんすよ。そこいら辺、協力してほしい。
で、なんやかんやと現場確認し、警察官とお別れ。そしてRX-7の人ともこれで解散。
予定通りボンネット浮いた車で「磯前神社」に初詣行くんだってさ。
そうだよね、ここで帰ったらアホだもんね。主に交通安全を、祈願しておいて。

12:48 走行再開

およそ1時間ぶりに走行を再開することができました。
10分をかけて残り300mほどの坂道を下り切りました。ここで「磯前神社」の駐車場へ続く道との分岐点があるのだね。
案の定、そっちの道は大混雑でした。
その道にボンネットが浮いたRX-7が加わったのを見届け、僕らは海沿いの「山水」への道に入ります。

 
磯前神社への大渋滞

<「磯料理 山水」>
13:02 「磯料理 山水」

着いたー。懐かしのお店です。疲れたー。大洗ICからのたった6qの道のりに、1時間半以上をかけてしまったのだね。
予定よりも1時間少々遅れてしまったよ。
駐車場には1台分空きがあったので、なんとか浜さんを駐車。


   
  駐車場の浜さん                                海に面した食事処

このお店は冬になると店頭にあんこうを吊るしているのです。
あんこうって柔らかいから、こうやって吊るし切りっていって空中で捌くんです。
すっごい凶悪な顔をしているけど、すごくおいしいんだよね。コイツ、体長は1mくらいありそうです。
店内に入る前に思い思い記念撮影とかしておきましょう。


                 
 あんこうの吊るし切り           あんこう&YAMA

お店の中に入り混雑状況を確認してみると、およそ30分待ちとのこと。
じゃあ少し時間を潰しますか。
お店の裏は「神磯の鳥居」っていう、「大洗磯前神社」の鳥居の1つがあります。海ギリギリに立っていて、周囲のロケーションもなかなかいいのだよ。そこを案内しよう。


<神磯の鳥居>
「山水」のすぐ裏手なので、ものの1分で到着します。「山水」の客席の窓からも普通に見えている、海に立つ鳥居です。
海が荒れている日なんかは、鳥居にダッパンダッパン波が掛かるんだよ。


                        海に立つ鳥居                           晴れ渡った海岸 

気持ちがいい青空。海も穏やかだ。
磯場を上ったり下りたりして楽しみました。昔、「大洗・海鮮ツアー(3-67)」のときは夏だったからここで貝殻拾ったりして遊んだよね。ここに来るまで忘れていたやよこも、ようやく当時のことを思い出したようだ。

そんなことをしている間にも、早速自動車保険の会社から電話がかかってくるんですけど。
「YAMAさんの保険会社の担当者です。お怪我ありませんか?修理はどこでやるのか決まりましたか?」
…って、さっき事故ったばっかじゃないっすか。まだどこで修理するかなんて考えてねーよ。現実逃避させてくれよ。
ひいきにしている輸入車取扱いの店なんてないから、名古屋の自宅の近所でゼロから探すんだよ。
少なくとも正月は営業していないだろうよ。

そしたらまた別の番号から架かってくるんです。
「私はあっち側の保険の担当者です。お怪我ありませんか?修理はどこでやるのか決まりましたか?」
…てゆーか、あんたら同じ保険会社でしょ?僕もRX-7の人も同じ保険会社であることは現地で確認済みだから。
もうちょっと連携というか、なんというかー…。
まぁいずれにしろ、お正月からご苦労様です。


    
やよこ・YAMA・karino             やよこ&karino


<「磯料理 山水」>

13:35 「磯料理 山水」

お店へと戻りました。少し入口で待機し、そして座席に案内される。
一番窓側、外の景色がよく見える角席です。そんで座敷席。おぉ、店内の席の中で一番いいトコじゃない?
では、オーダーです。当然あんこう鍋。このために事故りながらもここまで来たんだ。3人前をオーダーです。


                     
 角席からの眺め                           あんこう鍋セット

上の写真、既に鍋をセットしてコンロに火を付けてから撮影したら、窓が湯気でくもってこんなになっちゃった。
よーく見れば右の磯の上に「神磯の鳥居」も写っているんだけどもね。

あんこうは7つ道具と呼ばれる、身とか内臓とか皮とか、全て食べることが出来ます。しかもコラーゲン豊富。
5年前の前回のときは店員さんがそれぞれがどこの部位だか説明してくれたんだけど、今回はその説明が無かった。
だからぶっちゃけどこがどこだかわらからないけど、とりあえず作ってみます。
やよこが鍋奉行っす。僕は応援団長です。

鍋は醤油ベースだけど、あんきもを大量に投入してあるのでかなり濃厚です。
アンコウは部位によって食感が全然違っていて、身は普通の白身魚みたいに柔らかくて淡白。
あとは皮みたいにブリブリしているところだとか、軟骨みたいなところだとか、ホルモンみたいにいつ飲み込めばいいのか科学では解明できない謎が付きまとう部分だとか、様々です。


                    
  鍋奉行                          あんこう鍋の完成!

鍋の締めとして、残っただし汁で雑炊を作ることができます。これが絶品なのよね。
玉子とご飯は別オーダーです。
3人前かなって思ったら、やよこが「1人前を3人で分ければいい。そんなに食べれるはずがない!」とか言うんです。

舐めてもらったものですね。わざわざあんこうを食べに大洗まで来て、お腹いっぱいで食べれませんでしたはないっすよ。
そして3人分の玉子とご飯を買うくらいの経済力は、僕もかろうじてありますし。
しかし大喧嘩した結果、僕が折れました。オトナだし。紳士だし。


                   
雑炊

雑炊うめー!!森羅万象が、母なる海の恵みが、全てこの一杯に凝縮されています!
濃厚なあん肝の香りの雑炊は、こういう機会がないと食べれない、非常に贅沢一品だね。

そんでご飯って、雑炊にすると無限膨張するね。もうお腹いっぱい。ご飯1人前で正解だったわ。
これが3倍あったら僕、遺憾ですけど死んでいたわ。やよこさんが正しかった…。

15:29 出発

お店を出ると、もう日は大きく西に傾いていました。冬の1日は短いね。あんこう鍋だけに1日を使ったのだね。
本来であればこの後に「大洗マリンタワー」でもちょこっと立ち寄ろうかとか思っていたのだけど、この時間なので今日はもうまっすぐ帰ろうかと思います。渋滞と事故で時間を使っちゃったよ。

 
ごちそうさま!

帰り道は、行きと一緒です。まずは大洗のICを目指します。
行きとは違って特に道も混雑していなくて、15分ほどでICに到着できました。


15:45 北関東自動車道 水戸大洗IC

高速を走り出してすぐに電光掲示板が出てきたんだけど、守谷SAから首都高の小菅JCTまで渋滞20qで70分だって。
おぉ…、イカつい渋滞ですな、正月から。

 
首都高は渋滞

16:00 友部JCT

ここから常磐道です。

16:03 友部SA

渋滞に入る前に、ここで休憩して行きましょう。karinoには、浜さんの運転席に座ってみてもらったりしました。
どうだいどうだい、迫力あるっしょ。だけども運転しづらそうでしょ。
実際運転させてあげることは保険の関係からできないけど、ちょっとだけ気分を味わってもらいました。


      夕暮れの友部             運転席のkarino

ここのSA内のスタバでちょっとドリンク買って行きます。
みんな色気づいてオシャレなメニューをオーダーしていました。
じゃあ滅多に贅沢しない僕も少しだけ背伸びしようかな。さっき玉子とご飯を買わなかった分、少しお金にゆとりありますので。

チョコレートプレッツェルモカってヤツにした。オーダーするとき舌を噛みそう。
文字通りドリンクの中に小さなプレッツェルが入っていて、口の中がなんだかモシャモシャした。でもおいしかった。

 
17:00の空

ほんのちょっと日が長くなったとはいえ、17:00にはほぼ真っ暗。
そして渋滞が始まります。

17:42 三郷JCT

ここからの首都高も引き続き大渋滞。
そして困ったことに、「お台場」くらいから僕の膀胱事情が切迫してくるんですよね。
トイレ行きたい…。さっきのチョコレートプレッツェルモカでトイレが近くなっちゃった…。

しかしこのあたりって高速を降りれるICはずっと先までないし、そして渋滞。あー、これヤバい。
やよことkarinoは箱根駅伝トークで大いに盛り上がっているのだが、僕は駅伝なんて見たことないから全然話について行けないし、第一トイレに行きたい。それどころじゃない。
こっちは命のたすきを繋がないと社会的にえらいことになっちゃう。

数10分かけて大井まで来る。そこには大井PAっていうのがあってトイレもあるんだけど、渋滞がこの先さらに繋がっていたら、トイレが間に合わないかもしれない。
だったらその1.5km手前の大井ICで降りて、近くのコンビニに行った方が賢いかも。

すぐに大井ICで降りるんだけど、埋めた地のためか思ったほど簡単にコンビニが見つからなくて半泣きになったりして、でも結局漏れる少し前にコンビニを発見できました。
焦ったー。膀胱破裂するかとおもったわー。

再び車に戻った僕は数分前とは打って変わって、落ち着いて渋いキャラになっていて、2人の箱根駅伝トークにも積極的に絡むフレンドリーっぷり。そんな感じであとはもう一般道の国道15号で横浜に向かいます。

 
やや混雑する横浜市

20:35 横浜の某駅でkarinoと解散

20:49 横浜の某所でやよこと解散

21:14 帰宅


はい、お疲れ様でした。
明日は仲間たちとの大新年会。そして明後日は浜さんに乗って名古屋の自宅へと帰ります。
車の修理は、その次の成人の日の3連休のラストかな?

だってさ、せっかくの3連休は少し遠出したいんだもん。晴れたら四国を駆け巡りたいと思うんだもん。





前のエピソード 2014年 年越しイベント(5-7)
次のエピソード 四国一周ドライブ2014(5-9)

【日本走覇】のサイトTOPへ ⇒