東海・桜紀行

桜舞う季節の中で
日本5周目・14回目のドライブ
実行日:2014.4.3-5
実行人数:1名+1名
走行距離:624km
桜が咲き乱れ、新しい季節がやってきた!僕はこれから名古屋を離れて、一時横浜の片田舎に帰還します!
前のエピソード 八重山ヴォヤージュ(5-13)
次のエピソード 全国出張物語(5-x)

4月3日 4月4日 4月5日


2014年度が始まりました。
今から2年前の4月、僕は転勤のために「名古屋引っ越し大作戦(4-52)」にて、横浜の片田舎の実家からここ名古屋の歓楽街へとやってきました。
その後、2年間勤務した部署とも3月末でお別れ。これから数ヶ月間は東京勤務をし、10月から始まる名古屋でのお仕事の準備に専念したいと思います。

つまり、これから数ヶ月間は再び横浜の片田舎の実家暮らしになるってこと。
もう戻ることもないかと思っていたけど、またちょっとだけお世話になりますよ。これが長期出張ではなくて転勤だったら、ちゃんと東京近郊のどこかに家を借りようと思うけど、名古屋の家も手放すことはできないので、さすがにそれは無理。
それでは、2年間お世話になった名古屋とはちょっとだけサヨナラです。
もちろん愛車の"浜さん"は一緒に横浜に帰るよ。

今回は、名古屋を離れて横浜に帰るまでの、一連の物語です。



                
名古屋の朝も見納め

昨夜は、東京での仕事が終わった後に新幹線で名古屋の自宅に戻って来ました。
もう今週から東京勤務が始まっているからね。

朝起きると、爽やかな青空が広がっていた。まだ肌寒いけど、春の気配。
せっかく厳しい冬が終わり、過ごしやすい季節がやって来るというのにこの家を離れるのはちょっと残念ではあるけれど、懐かしい横浜に帰れることの方が3倍ワクワクするのでしょうがない。

まずは今日が青空でよかった。
天気予報では午前中が曇りで午後から雨なんだけどね。
そして明日も明後日も雨予報。そしてこの時期にしてはとても気温が低い。ぶっちゃけ結構ヘコんでいます。

ホントだったらね、天気も良くて気温も高ければ北陸を走りながら横浜に帰ろうと思っていたのです。
せっかくの引っ越し休暇だもん、有効に使いたかったのよ。だけども雨だから諦めた。雨の日本海を走りたくはない。
だから東海地方を一般道でゆっくり走りながら帰ろうかなって思っています。果たしてそれが楽しいのかどうか知らんけど。

そして、本来であればさっさと荷物を引っ越し業者に預けて名古屋の地を出発したい。
だけども引っ越し業者もえらい繁忙期らしくて、今日の12:00くらいまで集荷に来れないそうなのです。
じゃあ、この午前中の晴れ間を利用してちょこっとだけ近所を徘徊してくるよ。

9:25 名古屋出発


<山崎川>
9:38 山崎川


                           
桜満開の川沿いの道

名古屋市内にある、ここの桜を見てみたかったのです。
すっげー!桜すっげー!今年初めての花見です!

ここの存在、先日行きつけのバーで「ちょっとマイナーな名古屋のお花見スポットはどっかにありませんかね?」って切り出したときに、マスターや一緒にいたお客さんから教えてもらったのですよ。
で、早速来てみた次第。川沿いにギッシリ桜が植えられています。予想以上に綺麗だ。


              
     初めての名古屋の桜                          青空と共に

僕にとっては、この桜は名古屋で見る初めての桜。
2年前に名古屋に来たときは、もう桜が散った後の4月の中旬でした。しかも最初の1ヶ月はホテル暮らしだったし桜を見に行くような時間もなく、週末は洗濯とかしに横浜の片田舎に新幹線で帰る生活をしていたのでプライベートな時間はゼロでした。
2年目となる去年も4月の前半はとても忙しくて花見なんてしている余裕はなく、桜前線が名古屋を通り過ぎてからドライブで北陸や東北に行き、桜を眺めたのでした。

今年は引っ越しがてらようやく時間が取れそうだったのに、天気予報が雨だったでしょ。
だから先日もバーで「今年も名古屋の桜が見れない…」と落ち込みつつヤケ酒飲んだばっかだったのです。
しかし天気予報に反して奇跡の晴天。これは嬉しい。感無量。名古屋の最後を祝福してくれている。


                        
      山崎川                             桜&YAMA

これが山崎川。細い川が住宅地の中を流れています。
実はこのスポットは"日本さくら名所100選"にも選ばれているんだど、恥ずかしながら初めてこの存在を知ったわ。

流域のおよそ3km区間に合計600本ほどのソメイヨシノが植えられているんだって。夜にはライトアップもされるらしい。
今回僕はその中でも最も桜が密集しているエリアにやってきました。このまま流域をしばらダラダラと気が向くままにく散歩しようと思います。暑くもなく寒くもなく、ポカポカしていて本当に気持ちのいい気候なので。春って素晴らしいね。


                     
川沿いを散歩                             橋の袂から

ひとしきり歩いていると、もっと桜に包まれたくなってくる。沿道ではなくて、下に見えている河川敷って言うの?川っぷちギリギリのコンクリの路面を歩いてみたくなってくる。
しかしどこもキチンとガードレールが設置されていて、下に降りれそうな場所がない。

しばらく歩いていると、河川敷に降りれる小さな階段があり、沿道には一般家屋の門みたいな簡素なゲートがあるスポットを発見。施錠とかされていなくってゲートは普通に開けられたので、下に降りてみることにしました。
下は桜に囲まれたのどかな空間。オジサンが1人、桜の下で読書をしているだけ。あー、ステキここ。


                 
     川ギリギリを歩く                           桜の木の下で

川面もその脇も、ピンクの絨毯。少しずつ桜のシーズンも後半に向かっているのだね。
今年は桜の開花が早くって、1週間ほど前にはもう満開の桜もあったみたいだもんな。その後春の嵐もやってきて、結構散り始めている感じです。
とりあえず、満足。本当にいい場所だった。一旦家に戻って引っ越し業者の集荷を待ち受けよう。


                      
 春の発見

10:30 帰宅


12:00 集荷

業者の人、「午前中のどこかで行く、行く前に連絡する」って言ってたけど、本当にギリギリに来やがった。12:00だった。
まぁいいけど、この後さらに外出予定があるからバタバタするんだよね…。
とりあえず、部屋はスッキリしました。あとは車で直接運ぶ、PCや観葉植物や布団だけとなりました。次に帰って来たときに気持ちがいいように、部屋はしっかり綺麗にしておきました。


                       
 部屋の片づけ完了!

12:38 名古屋出発

再び外出します。引っ越し前の最後の外出。
以前知り合った旅友と、ちょこっと花見とランチをする予定。
それが誰かと言うと、"ジャガ"です。日本3周目の「礼文島旅行2007(3-22)」で出会い、一緒に日本最北の有人島である「礼文島」を冒険し、その後は「西日本一周旅(3-27)」と「中部・東海一周旅(3-50)」で再会しています。
そんなワケで2008年の秋に会ったのが最後だから、結構久々。5年半ぶりの再会か。楽しみだなー。

浜さんに乗り込み、キーを回す。
…あれ?エンジンかからない?キュルルとも言わない。
おっかしいな。昨年秋の「下呂温泉旅行2013(5-5)」以来バッテリーが弱っていたのは事実だけど、2月の上旬にバッテリー乗せかえたたばかりなのに。

そういや先月の「昇仙峡ドライブ(5-11)」のときも、行きの「恵那山トンネル」の中で一瞬カーナビの電源が落ちたよな。
あれはもしかしたら一瞬バッテリー自体が落ちていたとかなのだろうか?
嫌な予感がする。行きつけのバーのマスターも「自分も外車に乗っているけど壊れやすくてですね…。先日も走行中に…。」とかって話をして不安を煽られているからな。
どうしよう。ジャガとの待ち合わせの時間が迫っているのに、コイツのエンジンがかからないことには、待ち合わせ場所にすら行けない…。

1人でジタバタしていてもしょうがないので、JAFに電話。
もう浜さん買ってから何度JAFに電話しているんだろうね、僕。常連さんだね。
症状を伝えながら電話し、その間も片手でエンジンをかけようとキーを回しまくる。「では、数10分後に担当者がそちらに行きます」くらいに話がまとまったところで、急に車にエンジンがかかりました。
アクセルを踏み、ギヤを思いっきり「P」に固定したままキーを回したらいきなり「キュルル…」って音がした。

やったー!なんか不安だけど、これでとりあえず車が動くぞ!ジャガとの待ち合わせには数分遅れそうだけど、なんどか予定通りのシナリオになりそうだぞ。
電話口のオペレーターの人に事情を話して訪問をキャンセルし、そのまま僕は車を発進させます。

 
レギュラー160円

ガソリン価格が上がって来たね。昨年末の140円台がウソのようだ。
さっきの件があったので早速エンジンを停止させてしまうことに詔書懸念があったけど、ガソリンがカラカラだったので止む無くガソリンスタンドで一旦エンジン停止。

だけどもその後はちゃんと無事にエンジンかかった。さっきのはなんだったのだろう。
バッテリーは交換したばかりなので、それ以外で不備があるのだったら、結構深刻な事態かも知れないな…。
これから引っ越しなのに、こんなところで車が故障したら悲劇だぜ。


ジャガとの待ち合わせ場所は金山駅。結構都会だね。うまく車を停車させられるかな?
約束の時間より数分遅れ、金山駅前の近くまでやってきました。

13:05 金山駅

ジャガが指定した目印の建物が視界に入る。そして懐かしいジャガがその前に立っているのを発見。
ここ、路駐できないや。一旦通り過ぎるっきゃない。しかしジャガはもう車のすぐ横にいたので、窓を開けて「ジャガー!!」って叫ぶ。
うん、認識されなかった。一瞬目が合ったような気がしたが、認知されなかった。

アレ?僕の顔忘れた??僕、数年で認識されないほど老けた??
ジャガが反応してくれなかったので僕、日中の人通りの多い駅前でいきなり「ジャガー!!」と叫んだ変な人じゃないですか。
まぁ春って変な人もモリモリ発生する季節だからいいけどさ。でも恥ずかしー。

数10m進んだところで駐車できるスペースがあったので、駐車。そしてジャガに電話する。
すぐに「すまんすまん」と言いながらジャガが来てくれました。よかったー、覚えてくれていた。

 
ジャガ&YAMA

では、早速ですがこれからメシを食いに行こう!
駐車場があってノンビリできて名古屋らしくて…、って話し合っているうちにまとまった行先が、「喫茶マウンテン」。
はい来たー!「喫茶マウンテン」来たー!
名古屋の最後を飾るにはふさわしいというか、バカにしているというか。こういうの、好きだぜ。

実は喫茶マウンテンは数日前に食べ収めで行ったばかりなんだけど、また行きまーす!登山してきまーす!
「デカい車だなー」と驚くジャガを隣に乗せて、金山駅を発進!


ジャガは僕と同じ愛知県民。だから名古屋に引っ越した時も「いつか会おうね」って連絡していたんだけど、なんだかんだで2年が経っちゃったね。それぞれのこの5年半の出来事を話す。ジャガは頻度は落ちたけど、海外とかにも進出しているそうだ。
あのときの「礼文島」のメンバーで連絡を取っているのは、もう僕だけなんだって。
そっかー、僕もジャガだけだなー。"のんたん"とか、しばらく連絡取っていたんだけどねー。元気かなー。
でも、「礼文島」の冒険はもう7年近く前なのに今もこうして繋がっていられるのは、本当にありがたいことだよ。

僕は「確かあのとき日本3周目だったよね?」って聞かれた。そう、でもあの後も走りまくって今は5周目なのよね。
日本4周目で多数発見した秘境とかの話で盛り上がった。

名古屋市内を東に走っているうち、「鶴舞公園」が目に入る。桜で有名な公園ですな。
僕は名古屋市民なのに一度も行ったことが無い。ランチ終わったら「鶴舞公園」に行きたいとジャガに提案し、OKもらいました。
やった!「鶴舞公園」、楽しみ!


<「喫茶マウンテン」>
13:30 「喫茶マウンテン」


                   
奇食の館と浜さん

はい、名古屋の超有名喫茶店です。
"イチゴスパ"や"メロンスパ"などのドカ盛りの甘口パスタで全国的に有名ですよね。
TVにも雑誌にも多数取り上げられてきた、ヘンテコなお店です。
僕は一昨年の年末の「三河湾ドライブ(4-69)」の初訪問後にちょくちょく通っているので、今回が29品目のチャレンジです。

週末のランチ時は県の内外から集まってくる物好きたちで長い行列ができるのですが、今日は平日だけあってそんなに混雑していない。スムーズに着席できました。
僕は"アラビアン"ってパスタに、ドリンクは"妹のラムネ"にしました。どっちもどういうものかよくわからん。
ジャガは普通に"ハンバーグカレー"に"ストロングコーヒー"。ストロングって?

まぁでも、僕はまだ名古屋はアウェイだから「マウンテンに来たからにはヘンテコなメニューを注文しよっか!」みたいな心意気があるんだけど、生粋の県民のジャガは落ち着いているね。マウンテンに来たのに普通のメニューを頼むんだもん。その思考には、僕はまだしばらく到達できそうにない。


      
 アラビアン              妹のラムネ

アラビアンは、塩ベースの味付けでトッピングはツナとピーマン。ツナは醤油漬けになっている缶詰めがあるじゃないですか、アレと同じ味でした。結論として、マウンテンのメニューとしてはかなり難易度低めで、容易に登頂できました。
ただ、マウンテンはデフォルトでボリューム多いし油ギトギトなので、そこが若干厄介だけどね。
なぜアラビアンというネーミングなのかは不明。

妹のラムネに至っては、ネーミングの由来がさらに不明。
昔の駄菓子屋にあった粉末のラムネとか、ラムネ菓子をそのまま水に溶かしたとか、そんな雰囲気。
別にまずくはないけど、ケミカルかつチープ。


                
YAMA&ジャガ

とりあえず2人とも満腹で登頂成功。では、これから先ほど通過した「鶴舞公園」に向かいます。
空はやや雲が出て来てしまった。でも、予報では雨のところ、まだ明るい曇り空にとどまってくれている。


<鶴舞公園>
14:57 鶴舞公園

駐車場の位置がわからずに、一度公園の周囲をグルリと一周。
その後なんとか見つけた公園の駐車場に入り、空きスペースもあったのでそこに浜さんを駐車。
無料の駐車場だし、公園のすぐ脇なのでありがたい。


                
 桜の木と場所取りの人々                          桜と模擬店

桜いっぱい咲いてるー!ここも「山崎川」と同じく、"日本さくら名所100選"の1つだよ。
こっちの公園は、名古屋市内のいたるところの道路標識に掲載されていたりするので、随分前から僕も存在は知っていたスポット。
明治後期の1909年に名古屋最初の公園として誕生したんだって。
公園内には公会堂や図書館や競技場、あとは池とか噴水とかいろいろあって、かなり大規模。

その一角に桜が咲き誇る広場があります。
みんなその下にブルーシートを敷いて場所取りをしたり、ピクニック的なことをしていたりしています。
ブルーシートの上がまだ閑散としているのは、今日が平日でこの後に夜桜を見る人がやってくるからかな?
一部のグループはすでにお酒飲んでドッカンドッカン盛り上がっているけどね。

そして模擬店がズラリと立ち並んでいる。模擬店見るとワクワクするなー。
買いたくなるけど、「マウンテン」行ったばかりだから胃のキャパシティはゼロなのよね。
ちなみに模擬店は結構な行列。今日は平日というのにこれなので、休日だったらすごいことになりかねないな…。


                       
  鶴舞公園噴水塔

桜のエリアの隣には、大きなローマ式デザインの噴水塔の立つ池があります。
この鶴舞公園噴水塔は明治43年にこの公園を会場に"関西府県連合共進会"っていうのが開かれたときの記念のものなんだそうだ。その会には興味ないけど、噴水は歴史があるものなんだねー、すごいや。

公園のMAPを見てみるととてつもなく広いので、桜のエリアを中心に歩くことにしました。
ジャガも来たことはあるけれど、記憶に残るほど最近では無いそうで、「久々に来てみたらいいところだなー」とか喜んでいる。
地元再発見だね。僕も時間が許すのであれば、芝生でゴロゴロしたり読書とかしながら過ごしたい。
曇っているので写真映えはしないけど、とても過ごしやすい気候なのだよ、今日は。


       
 芝生の人々                              満開の桜の下

桜エリアを離れ、少し散歩してみることにしました。
北側に池がいくつかあるので、そこいら辺を歩いてみようと思います。

西洋風だった噴水エリアと入って代わり、日本庭園風だったり木立の立ち並ぶエリアに入ります。
こっちは人も少なくって静か。
全然人の気配のない「秋の池」のほとりを歩いたり、誰も立っていない銅像の台座を眺めたり。
あぁ、この台座は昭和初期の総理大臣"加藤高明"の銅像が立っていたそうなんだけど、第二次世界大戦の資金の調達のために撤去され、その後ずっと無人なんだって。切なッ!


         
秋の池                               誰もいない台座

そのあとは「胡蝶が池」、大きな「竜が池」などを眺め、「芭蕉池」の心癒される光景を見ながらしばし休憩し、最初の桜エリアへと戻ってきました。

うーむ、リフレッシュ。ベンチに座っているときとか、軽く寝そうになったわ。こういう安らぎのひとときって人生に必要。
久々にボケッとした時間をすごせて満足したわ。
それでは再び浜さんに乗り込んで、ジャガを金山駅まで送りに行きます。

 
池と桜

16:00 出発


16:15 金山駅

それじゃあ、今日はありがとね。
礼文島旅行2007(3-22)」で同じチームのリーダーとなるジャガと出会っていたからこそ、あの年の「礼文島」の思い出が楽しいものとなった。あの年の「礼文島」が楽しかったからこそ、翌年も翌々年も「礼文島」に行き、かけがえのない思い出の詰まった島となった。
だからジャガにはすごく感謝しているんだ。
僕はこの後名古屋を離れて横浜に行くけど、帰ってきたらまた会おう。じゃあね。

そしてまた最初と同様の道を辿り、僕は車に荷物を積み込むために自宅に戻ります。

16:31 帰宅


う…む…。眠い。このままPCとか観葉植物とか布団を積み込んですぐに出発しようとしたんだけど、なんか疲れたわ。
先月下旬の「八重山諸島」前くらいから、頻繁に名古屋と横浜を行き来していたし、昨夜も遅くに東京から名古屋に来て深夜まで荷造りしていたし…。
まぁそこまで急いでいないのでちょっと仮眠するか…。

17:00 仮眠


19:00 起床

ちょっとだけスタミナも回復しました。それでは横浜に向けて出発しました。
予告通り東海の海岸線を走りながら向かおうと思うよ。じゃあ名古屋の自宅よ、また帰ってくるときまで、さらば!
ブレーカーを落とし、別れを告げる。


     バイバイ、名古屋           観葉植物も一緒

20:33 名古屋出発

しばらくは国道1号を走り、知立から国道23号に乗り換えてバイパスをスイスイと東に進む。
平日の夜だから車もいなくてガラガラだわ。
そういや「鶴舞公園」にラジオ放送局"ZIP-FM"の特設ブースがあったな。気になってラジオチャンネルをZIPに合わせてみると、ちょうど「鶴舞公園」からの中継をやっていたよ。夜桜で賑わっているそうだ。

しかし21:00頃からパラパラと小雨が降り出す。
あー…、ついに降って来ちゃったかー。テンション下がるわー…。
明日以降、晴れていれば東海地方の桜を見ながらドライブしたかったのに。
当初予定してた北陸は完全に雨で救いようがない感じなんだけど、東海まだ曇りで一縷の望みを残しているんだよね。
東海も明日以降キンキンに冷えるのでその時点でガッカリなんだけど、なんとか天気だけは持ってほしいな…。


<道の駅 にしお岡ノ山>
21:37 
道の駅 にしお岡ノ山


                   
 西尾市にて休憩

愛知県西尾市の国道23号沿いにある道の駅です。
なんだこれー、マジで疲労感すごいんですけどー。フラフラしながらトイレ休憩。
まだ自宅から40km程しか走っていない。愛知県だけでも、まだまだ距離がある。なのにダルいしヤル気ないし眠いし…。
何この状態?

とりあえず、もうちょっと走れるよね?せめて愛知県を出るあたりまでは行きたいよね?
頑張ろう!


国道23号のバイパスをひた走り、22:00頃に蒲郡の町に入る。
さらに23号の豊橋バイパスで静岡県を目指します。県境越えれば「道の駅 潮見坂」がある。
なんとかそこまで行き、そこで車中泊しよう…。


<道の駅 潮見坂>
22:50 道の駅 潮見坂

 
静岡県突入

国道1号のバイパスの海沿いにある道の駅です。何度かお世話になっているところですな。
疲れたー。雨の降る中、トイレだけ済ませる。
そしてそんなに食欲は無いんだけど、「喫茶マウンテン」以来食べていないので、車内で予め買っておいた菓子パンを少し食べておく。

寝ようと思ったんだけど、なかなか寝付けないので少々読書する。外は相変わらず雨だ。
明日も雨だというし、寒いというし、そして僕は疲労困憊。
これ、わざわざ一般道でダラダラ横浜を目指す意味があるのかい?さっさと高速道路で3時間ほどで横浜の片田舎の実家に帰り、明日の昼ごろからは実家でヌクヌクと過ごした方が利口なんじゃない?
そう思うんだけど、とりあえず今は寝よう。明日のことは明日に考えよう。

24:00 就寝




4月3日 4月4日 4月5日

【日本走覇】のサイトTOPへ ⇒