9/7(鹿児島県)  9/8(熊本県)   9/9(長崎県)   9/10(佐賀県)  9/11 
痛烈なヤブ漕ぎ     正体不明の遺構   壮大な海上廃墟    玄界灘の巨大岩    エピローグ
中渡瀬骨粉水車     トンカラリン       軍艦島          立神岩         これが僕の夏休み

9/2       9/3(福岡県)   9/4(大分県)   9/5(宮崎県)   9/6(鹿児島県) 
プロローグ      静寂の水中行軍    断崖の骸骨神社   山と渓流の世界    宇宙に思い馳せ
平成最強台風   千仏鍾乳洞       白鹿権現        尾鈴山瀑布群     内之浦宇宙空間観測所

9月11日 エピローグ:これが僕の夏休み
走行距離:1024km 支出:\21,824


20:50 関門自動車道 門司IC

関門海峡を渡り、本州の山口県に入りました。さぁ、これから長い長い帰路だぞ。
まだ夜の涼しいうちに頑張っていっぱい運転してしまおう。

走行距離:1024km 支出:\21,824

9/7(鹿児島県)  9/8(熊本県)   9/9(長崎県)   9/10(佐賀県)  9/11 
痛烈なヤブ漕ぎ     正体不明の遺構   壮大な海上廃墟    玄界灘の巨大岩    エピローグ
中渡瀬骨粉水車     トンカラリン       軍艦島          立神岩         これが僕の夏休み

9/2       9/3(福岡県)   9/4(大分県)   9/5(宮崎県)   9/6(鹿児島県)
プロローグ      静寂の水中行軍    断崖の骸骨神社   山と渓流の世界    宇宙に思い馳せ
平成最強台風   千仏鍾乳洞       白鹿権現        尾鈴山瀑布群     内之浦宇宙空間観測所











関門橋を渡る

あの、行きのときは台風12号が来ていたじゃないですか。
台風12号から1ミリでも遠ざかりたいから、山陽道ではなくて中国道を使ったじゃな
いですか。
だから帰りは行きに使わなかった方の、山陽道を選択したいと思います。
高速とはいえ、違う道の方がちょっとだけテンション上がるからね。

21:35 山口JCT

山口県と広島県は広大だ。ここでくじけてはいけない。
九州のときのテンションを保ったままの状態で一気に駆け抜けてやる次第です。
3時間くらいかけて山口県と広島県を突破しました。


9.11

0:18 吉備SA

岡山県到着

岡山県の中心地まで来ました。もう、ダメ。
イオのヤツももうダメ。ガソリンがなくなる寸前。
旅の間中は早寝早起きを習慣づけていたので、夜更かしできない体になっちゃった
よ。ここで仮眠したいと思います。

とりあえず寝る前に「リアルタイムレポート」の方に道中の「キツかったランキング」と
か「気持ち悪かったランキング」をUPしておきました。
そうそう、今回の旅は要所要所で写真を添付したりしながらリアルタイムに実況して
いたのだ。
もう今回の記事で85回目になるよ。1日10回近くUPしていたからね。

1:00 仮眠


5:10 起床

はい、たっぷりと寝ましたね。特に急いではいない。
今日中に家に帰れればいいので。そして、それは余裕すぎるので。
たぶん昼過ぎには神奈川県に入っていると思うよ。
ゆっくりと身支度をして出発。
(ガソリン \6254)

5:40 出発

最終日、出発

夜明けとともにSAから高速道路に乗る。気持ちのいい天気になりそうだ。
岡山県から兵庫県に入る。
ちょっと曇ったり、そしてまた晴れたり。高速走行だから土地の移り変わりも天気の
移り変わりも早い。こんな一喜一憂も高速の醍醐味だ。

そして大阪に入りましたよ。
ここまで来るともう全行程の半分。
何度も何度も走っている見慣れた地なので、「あぁ随分帰ってきたなぁ」って思う。
このことを言うとみんなに「変だ」って言われるけどね。

7:23 吹田JCT

太陽の塔

7:36 桂川PA

京都府に入りました。ちょっと眠い。缶コーヒーを買って目を覚まそう。
ついでに門司で買っておいた栄養ドリンクでドーピングし、そのときに一緒に買った
パンで朝食にします。
(食費 \120)

京都のPA

ボロボロのタオル

エヘヘ、もうタオルもボロボロだね。
なんでこんなボロボロになっちゃったのかは、リアルタイムレポートを見てくれた人
にしかわからないね。
たくさんあいた穴からは京都の青空が覗いているっす。

こんなボロボロだけど、冒険を共にしたタオルを僕は途中で捨てたりはしないから
ね!一緒に横浜の片田舎に帰ろうね!
あと、「吹上浜」でブッ壊れたサンダルも一緒にな!


8:17 草津JCT

ここからは新名神に乗ります。行きのときには台風の影響で選択できなかった、最
短のルートです。

8:48 亀山JCT

東名阪道で、伊勢湾沿いに駆け上がります。
甲賀付近はずっと曇っていたけど、また晴れ間が見えてきたよ。



激しい台風にも襲われました。
厚い雲に頭上を覆われたこともありました。
しかし、走り続ければいつかは青空に到達することができる。

青空の再来

2011年9月11日。
今日が何の日であるか、ご存じですか。

あのアメリカの同時多発テロからちょうど10年。
そして記憶鮮明な東日本大震災から半年となる日です。


9:00 四日市JCT

名港トリトンの橋梁群

僕もこの半年、非常に微々たるものではあるけれど、震災後の支援をしたり3回ほ
ど福島を訪問したりもしました。

一方では積極的に走り続け、個人の中での2011年が明るい年になるように、せめ
てプラマイゼロになるようにね。


9:30 豊田JCT

10:03 浜名湖SA
(ガソリン \5000)

夏空のSA

公園と浜名湖

浜名湖SAでは、夏の残り香のような綺麗な入道雲が広がっていた。
旅の途中の入道雲は気分が盛り上がる。
本当に夏のようだが、こんな空を眺められるのも今年はあと1・2週間に違いない。


11:31 由比SA
(食費 \500)

駿河湾にて

名物、桜エビのかきあげ

旅、終わっちゃうんだなぁ…。
毎日が必死でした。毎日がボロボロでした。

すっごい楽しかった。あっという間だった。
だけども僕の旅としてはかなりの長期に分類されるエピソード。
まだまだやり足りないことは山のようにあるけれど、すごくリフレッシュできたし満足
です。
だからこそ、この青空が最高に気持ちがいい。晴れやかな気分です。

神奈川県に帰還

長距離高速の終焉

13:13 東名高速道路 横浜町田IC
(高速道路 \9950)


そして横浜の片田舎。
およそ4500kmを走り抜けたイオを野原みたいなガタガタの駐車場に停める。

13:59 帰宅

いつもの風景

荷物を簡単に片づけ、シャワーを浴びてスッキリ。
そして冷たいビールを飲みながら、旅の写真を見返すことにしましょう。
きっと最高のお酒になるでしょう。

いい感じにほろ酔いになったら、リアルタイムレポートに最後の帰還報告を書きこも
う。そして青空を眺めながら昼寝をしよう。



2011年9月11日。
天候:晴れ。

これが僕の夏休み。

ありがとう、旅の日々

◆支出:122,249

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

-Fin-

<次回予告>

長旅お疲れ様でしたー、読んでくれた方々もお疲れ様でしたー。
さーて、存分に楽しんだから、しばらくはドライブからも遠ざかってゆっくりと、
…ってそんなワケあるか!!

すぐに次の冒険は始まるのです。

九州では炭坑跡や戦争遺跡、旧文明の遺構などの面白いものをいろいろ
発見できたね。
では、それらに味をしめてもうちょっとディープかつデンジャーな世界に足を
運んでみましょうか?

…この先は少々危険ですからね、くれぐれも注意なさってくださいね…。

次回、「
ニッチツ@ 〜The Lost World〜(4-31)」、乞うご期待!!