九州一周ドライブ2011 (4-30)

2011.9.3-11
走行距離:4475km
実行人数:1名

海岸線沿いに車中泊で九州を一周し、全県を観光! ちょっとマイナーで不思議なスポットや秘境を中心に走り回るぞ!

九州から宇宙を見上げよう

9月2日 プロローグ:平成最強台風


定時で職場を撤退した。
外に出ると木々がザワめいている。アスファルトに木の葉が舞っている。
空からは今にも大粒の雨が落ちてきそうだ。
僕はいい知れない胸騒ぎを感じた。

しかし僕は止まるわけにはいかない。今夜から九州に向けて車で旅立つのだ。
自宅のある横浜の片田舎を出発し、明日の昼ごろ九州に上陸する。
そのまま九州を一周ドライブして帰ってくる予定なのだ。

貴重な貴重な大連休。待ちに待った夏休み。
例え台風であろうと、僕の夏休みのジャマはさせない。
答は1つ。"Go"だ。


― これが、観測史上の総雨量最大となり、日本の各地に土砂災害をもたらし死者
73人・行方不明者19人を記録する平成最強台風12号と僕との出会いだった ―


台風12号の進路予測

大体いつもの九州行きのパターンは以下の通りだ。
・22:00頃 横浜出発
・5:00頃 大阪
・このあと適当なSAでしばらく仮眠
・13:00頃 関門海峡から九州上陸
ポイントは朝の混雑が始まる前に大阪を通過してしまうこと。

しかしこのパターンを上記台風の進路予測にはめ込んでみると、うおぉヤバい。
兵庫か岡山で台風と激突しますって。
赤いゾーンにカンペキに入っちゃうって。

かと言って、他にいい手段が無いのも事実。
おそらく東名高速道路はもうすぐ通行止めになっちゃうでしょ?
さらに大雨に襲われていつもより時間はかかるし精神力も削られるでしょう。
いつもよりペースが遅れるのは間違いない。

しかしそれに甘んじていると1日目の観光の時間が無くなっちゃうし、何より台風の
中心部に激突しちゃう。
台風が来る前に瀬戸内海を抜けるのがベストかな?

つまり僕ができることと言えば、無理をしない程度にハイペース。そしてちょっとで
も台風から遠いところにいられるように、山陽道ではなく中国道を使うことくらいか。


頑張って台風を貫通しよう。
そうすれば、週間天気予報では晴れの続く九州の大地に上陸できるのだから。
2011年で最高の思い出になる予定の、九州ドライブが始まるのだから。

苦難の先には、きっと楽園が待っている。
そう信じて、僕は愛車の"イオ"に乗り込んだ。

21:05 出発

横浜の片田舎を出発。
出発からわずか数分でパラッと雨に襲われた。まぁこれは予想の範疇。
そしてこれも予想の範疇ではあるけれど、東名高速道路の富士IC〜清水IC間は高
波のための通行止めとなっている。
出発直前にネットで確認したから間違いない。ウソだと思いたいけど。

正直これはとても痛い。
車を走らせながら、「東名→伊勢湾岸→新名神」で滋賀県まで行くべきか、それとも
「中央→名神」で行くべきかを考える。

結論は、前者となった。例え通行止め箇所があったとしても、後者と同じか若干早い
くらいのペースとなるだろう。
そして、この長大なアプローチにおいてなるべくいつもと違うことはしたくないのだ。
なるべく体力も精神力も温存させたい。
どちらもイバラの道だけど、とりあえず東名を使ってみるよ。

21:34 東名高速道路 横浜町田IC

ちょっとだけ今回の旅の趣旨に触れておきましょう。
日本3周目までの走行MAPを引っ張ってきて説明しますと、今回の僕のプランは上記
赤線の通り。
単純明快。関門橋から九州に上陸し、時計回りに九州を回ってまた関門橋まで帰っ
てくる。

なぜ時計回りかというと、長距離運転でヘトヘトになって九州に上陸した直後に福岡
の渋滞に巻き込まれたくないからだ。福岡県北部は景勝地も少ないしさ。
なるべく大自然に溢れているところに逃げたいのよ。

プランはそれだけ。実は終盤に一箇所だけ既に予約を抑えているところがあるんだけ
ど、それは追々説明していきます。
あまりガチガチに予定を縛ると臨機応変に旅を楽しめなくなっちゃうからね。
そんな理由の1つから、宿も取りません。全部車中泊です。
もう1つの理由は、ビンボーだから。ウヘヘ、カッコ悪い。


今回立ち寄るスポットは、九州本土の最東西南北端。
やっぱ旅人って端っこが好きじゃないですか。僕も例に違わずなのです。

本土最南端の「佐多岬」とかに本土最西端の「神崎鼻」は何度か踏んでいる。
しかし九州最東端の「鶴御崎」と最北端の「太刀浦埠頭」は1度ずつしか踏んでいな
い。しかもデジカメでの写真撮影をしたことがないのだよ。
これを踏むのも今回の大きな目的です。


話をまとめると、
@ 「九州本土を時計回りに一周する」
A 「九州本土の最東西南北端」を踏む


そして当然僕の休みは無限ではないので、
B 「九州に滞在できる9月10日までの8日間で、上記@&A」を達成する
…といったところです。

時計回りします

旅をさらに盛り上げるポストイット

ま、「@〜B」を完遂するくらいは8日間あれば容易いものです。
だから当然九州の面白そうなスポットをいろいろ巡って行きますよ。
今まで各所から集めた情報をポストイットにして、該当するツーリングマップルのペ
ージに挟み込みました。

うげっ、スゲー数になった。絶対全部は回りきれない。
でも、これは全部回るためのものではない。旅はアドリブだけど、そのアドリブの中
においても自分のやりたいこと、見たいことを見失わないようにするための物。
1つ到達するたびに、そのポストイットは捨てていきます。いっぱい回れるといいね。





――  閑話休題。

今の僕の目の前の状況は、九州上陸後の夢物語を語れるような余裕のあるもので
はないのだよ。

雨でにじむフロントガラスの向こうの電光掲示板に映し出される残酷な文字。
『大雨・洪水・波浪・強風警報』
まだ神奈川県内だというのにこれだぜ。今一番台風に近いのは四国とかなんだぜ。
つまり、ここから瀬戸内海あたりまでは、走れば走るほど状況は悪化する。
…なんてこった。

闇と雨

しばらくは若干小降りが続いていたが、神奈川県西部の大井松田ICあたりから叩き
つけるような雨に襲われる。

うぐおぉぉ…、見えない。ここいらは山間部なのでカーブが多く登り坂である上に暗い。
この台風のためか、周囲を走る車もまばらだ。
ちくしょう、雨と闇が全ての視界を奪っていくよ。トロトロしたスピードが精いっぱい。
視神経を集中させる。強風で車がブレないよう、ハンドルを持つ手に力が入る。


22:41 富士IC
(高速道路 \2000)

はい、予定通り高速道路を降ろされちった。
24:00を過ぎていないから、深夜割にもならないよ。残念。

で、県道353号で海際の国道1号まで向かうんだけど、これが大渋滞。
全ての車がここで高速を降ろされるのだから無理もないんだけどね。
30分ほど渋滞の中でギュウギュウになり、ようやくIC最寄りの国道1号に出る。

そして国道1号を東名高速に沿って西に走る。
由比とか、すっげぇ海沿いギリギリじゃないですか。怖いね。
『波浪警報発令中 高波 走行注意』だってさ。あわわ…。

すぐ隣は駿河湾

9.3

0:05 清水IC

ここでようやく高速道路に返り咲き!しかしまだ静岡県の東部かよ…。
既に日付も変わり、この豪雨で神経をすり減らして疲労も溜まっているというのに、
まだ静岡東部。
だけども目的地は九州。果てしないよー!どうしよー!

しかし進むよりないではないか。
ぐおぉぉぉぉぉーー!!
東京ドームを引っくり返したかのような土砂降りの中を進む。
全然スピードは出ないけど、着実に進むしかない。


雨の中で確認した、電光掲示板の表示。
『飛島IC〜四日市IC 通行止』
うわっ!来たっ!伊勢湾岸〜新名神のラインがやられたっ!

これはちょっと遠回りして名神を走るしかないか。
せっかく新名神ルートを使うために中央自動車道ではなくて東名高速道路を選んだ
のに、失敗しちゃった。


1:40 上郷SA

雨の合間を縫って

愛知県です。豊橋JCTを超えたところです。
ここいらで給油しておこうと思ってSAに入りました。

なんと奇跡的に数分前から雨が止んでいるのだよ。まだ風はゴウゴウいってるけど。
よかった、車から出るときに雨だとカサを開く間もなく濡れますからね。休憩中だけで
も雨が止んでいてくれるとありがたい。

トイレに行き、車の元へと戻ろうと外に出る。

…土砂降りーーッ!!

なにこれ!たった3分かそこいらで、外は荒れ狂っていますよ。
しまったー!カサを持ってきていないよ!こんな土砂降りの中を外に出たら、ものの
10mでグッチャグチャだよ。

どうしよう、どうしよう。とりあえず待機だ。急に止んで急に降り出したんだから、もう一
度急に止む可能性もあるかもな。
待つこと5分、雨が再び止む。今だー!駐車場のイオの元までダッシュ。
そしてイオに乗り込んだ瞬間に、また土砂降りがやってきました。

深夜のSAの駐車場は車も少なく、そこに打ち付ける雨は強風でまるでさざなみのよ
うになっている。
まるで海の中を横断するようにジャバジャバとガソリンスタンドに向かう。
こんな台風の中の深夜に営業しているのかな?

ガソリンスタンドに入ると、店員の初老のおじさんが「ヒイィィィーーッ!!」って言いな
がら、コミカルなダッシュで出てきた。
強風を避けるためにピタッとスタンド内の柱を背にし「油種はなんですかッ!ヒィィ!」
って言ってる。

こっちも窓をいっぱい開けると雨が吹き込んでしまうのでちょびっとだけ開け、「ハイオ
ク満タンでーっ!」と風にかき消されないように叫ぶ。
「ヒッ、ヒイィィィーッ!現金ですかぁぁ!?」とおじさん半泣き。

まぁそんなやり取りしつつなんとか給油できました。
スタンドは屋根があるけど、この暴風雨では意味が無い。
おじさんは「ぶおしゃぁぁぁぁぁッ!」みたいな奇声を上げながらズブ濡れです。
「くれぐれもお気をつけてーーっ!ヒィッ!」とおじさんに見送られ、出発。
(ガソリン \5700)

土砂降りの名神高速

うおぉぉ。見えない。本当に見えない。
ハイビームで思いっきり照らして、ようやく道が見える程度。
中央線なんてもう感覚だよ。心の目で見ているよ。シックスセンス。

普段だったら周囲に車がいるときはハイビームなんて使わないけど、今回は別。
みんな暗黙の了解でハイビーム常用だよ。だって、命にかかわるもん。

愛知県を抜け、岐阜県を通過し、滋賀県に入る。
さすがにそろそろ眠いな。寝ておかないと体が持たない。


3:20 秦荘PA

トイレしかないすっごい小規模なPAです。昔はここはホントにボロくて小さくてさ、変
に気に入ってたのだ。
寝るのだったら明るくて車の多いSAより、静かなこう言うPAだよね。
ここで仮眠するよ。

少し仮眠

ちょっとトイレに行きたい気もするが、あまりの土砂降りなので外に出る気が起きな
い。ガマンしてこのまま寝るよ。
この強風がいい具合にゆりかごになりそうだ。

横浜〜九州。その中間地点は大阪近辺。
まだまだ半分も来ていないのだ。こりゃ先が思いやられますな。
んじゃ、しばしおやすみ。

3:30 仮眠

9/7(鹿児島県)  9/8(熊本県)   9/9(長崎県)   9/10(佐賀県)  9/11 
痛烈なヤブ漕ぎ     正体不明の遺構   壮大な海上廃墟    玄界灘の巨大岩    エピローグ
中渡瀬骨粉水車     トンカラリン       軍艦島          立神岩         これが僕の夏休み

9/2       9/3(福岡県)   9/4(大分県)   9/5(宮崎県)   9/6(鹿児島県) 
プロローグ      静寂の水中行軍    断崖の骸骨神社   山と渓流の世界    宇宙に思い馳せ
平成最強台風   千仏鍾乳洞       白鹿権現        尾鈴山瀑布群     内之浦宇宙空間観測所

9/7(鹿児島県)  9/8(熊本県)   9/9(長崎県)   9/10(佐賀県)  9/11 
痛烈なヤブ漕ぎ     正体不明の遺構   壮大な海上廃墟    玄界灘の巨大岩    エピローグ
中渡瀬骨粉水車     トンカラリン       軍艦島          立神岩         これが僕の夏休み

9/2       9/3(福岡県)   9/4(大分県)   9/5(宮崎県)   9/6(鹿児島県) 
プロローグ      静寂の水中行軍    断崖の骸骨神社   山と渓流の世界    宇宙に思い馳せ
平成最強台風   千仏鍾乳洞       白鹿権現        尾鈴山瀑布群     内之浦宇宙空間観測所