南相馬・リバイバル (4-13)

2011.4.29-5.1
走行距離:954km
実行人数:3名

立ち上がるべき時は今!
東日本大震災の被害を受けた、福島県南相馬市にボランティアに行きます!

津波に攫われた海岸線

プロローグ       4/29        4/30       5/1
東日本大震災     遺留品洗浄    泥出し      物資仕分け
プロローグ:東日本大震災


2011年3月。

日本列島は悲鳴を上げる。

-----------------------------

◆3月11日14:46 
 三陸沖を震源とする、東北地方太平洋沖地震発生。
 日本観測史上最大、世界で見ても歴代4位となる
マグニチュード9.0の激震が東
 北地方を中心とした東日本を襲う。

 千葉県市原市のコスモ石油が爆発炎上。(このあと9日間燃え続ける)

◆3月11日15:06 
 三陸沖を震源とする
マグニチュード7.4の地震発生。

◆3月11日15:15
 茨城沖を震源とする
マグニチュード7.4の地震発生。

◆3月11日15時台
 東北地方・関東地方の太平洋岸に次々と津波が発生。
 場所によっては
高さ10mの大津波となり、東北地方太平洋岸の多くの街が壊滅
 状態となる。
◆3月11日16時台
 青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県の全域ほとんどが停電となる。

◆3月11日21時台
 福島第1原子力発電所・第2原子力発電所にて、
放射能漏れの可能性発生。
 半径3km圏内に避難指示、半径3〜10km圏内に屋内退避指示。

◆3月11日23時台
 宮城県仙台市若林区にて、
200〜300人にのぼる遺体が発見される。



◆3月12日3:59
 新潟県中越地方にて
マグニチュード6.7の地震発生。

◆3月12日4:32
 新潟県中越地方にて
マグニチュード5.8の地震発生。

◆3月12日5:42
 新潟県中越地方にて
マグニチュード5.3の地震発生。

◆3月12日7:00台
 福島第1原子力発電所中央制御室で検出された
放射線量が通常時の1000倍
 
◆3月12日15:36
 福島第1原子力発電所の
1号機で水素爆発発生。
 
◆3月12日21時台
 宮城県南三陸町で
1万人以上が安否不明であることが判明。



◆3月13日0時台
 福島第1原子力発電所の事故は原子力事故の国際レベルにおける「
レベル4」と
 発表される。

◆3月13日2時台
 福島第1原子力発電所の3号機が高圧のため注水システム自動停止。
 海水注水が停止。

◆3月13日
 宮城県警本部長より、「
死者が万単位に及ぶことは間違いない」とのコメント。
◆3月14日
 東京電力エリア内にて
計画停電が開始。

◆3月14日
 福島第1原子力発電所の3号機で
水素爆発発生。骨組みのみとなる。
 半径20km圏内に屋内退避指示。

◆3月14日13時台
 宮城県南三陸町で
約1000人の遺体が発見される。
 
◆3月15日6:10
 福島第1原子力発電所の2号機にて爆発発生。

◆3月15日11時台
 福島第1原子力発電所から20km圏内は退避、20〜30km圏内は屋内退避指示。

◆3月15日22:31 
 静岡県東部にて
マグニチュード6.4の地震発生。


◆3月16日5:45 
 福島第1原子力発電所
の4号機にて火災発生。

◆3月16日22:31 
 千葉県北東部にて
マグニチュード6.0の地震発生。
◆3月22日
 「
死者:9080人 行方不明者:1万3561人」となり、1896年の明治三陸地震を
 上回る。明治以降の自然災害では関東大震災に次ぐ2番目の被害規模。

◆3月23日7:12 
 福島県浜通りにて
マグニチュード6.0の地震発生。

◆3月23日7:36
 福島県浜通りにて
マグニチュード5.8の地震発生。
◆3月24日8:56 
 茨城県南部にて
マグニチュード4.9の地震発生。

◆3月23日17:21
 岩手県沖にてマグニチュード6.1の地震発生。

◆3月28日7:28
 宮城県沖にて
マグニチュード6.5の地震発生。

◆3月31日16:15
 宮城県沖にて
マグニチュード6.0の地震発生。
◆4月1日19:49 
 秋田県内陸北部にて
マグニチュード5.1の地震発生。

◆4月2日16:55
 茨城県南部にてマグニチュード5.0の地震発生。

◆4月7日23:32
 宮城県沖にて
マグニチュード7.4の地震発生。

◆4月9日18:42
 宮城県沖にてマグニチュード5.4の地震発生。

◆4月11日20:42
 茨城県北部にて
マグニチュード5.9の地震発生。
◆4月12日7:26 
 長野県北部にて
マグニチュード5.5の地震発生。

◆4月12日8:08
 千葉県東方沖にてマグニチュード6.3の地震発生。

◆4月12日14:07
 福島県浜通りにて
マグニチュード6.3の地震発生。

◆4月12日
 福島第1原子力発電所の事故は原子力事故の国際レベルにおける最悪の数値で
 ある「
レベル7」と暫定発表される。(これまでチェルノブイリの1件のみ)
◆4月13日10:08 
 福島県浜通りにて
マグニチュード5.8の地震発生。

◆4月16日11:19
 栃木県南部にてマグニチュード5.9の地震発生。

◆4月18日
 福島第1原子力発電所の30km圏内の沿岸部にて、震災後初めての行方不明者
 捜索が自衛隊によって開始される。

◆4月22日
 福島第1原子力発電所の20km圏内が
警戒区域設定され、立入禁止となる。
 福島第1原子力発電所の20km圏外において、放射性物質の累積量が高い地域
 が
計画的避難区域となる。
 福島第1原子力発電所の20〜30km圏内において、計画的避難区域に入らない
 地域の大部分が
緊急時避難準備区域となる。
-----------------------------


こんばんは、【日本走覇】のYAMAです。

皆さん、ご無事ですか?
震災以降、なんだかサイトのアクセス数も減っちゃったりしているけど、大丈夫で
すか?(地震のせいじゃなく、僕の実力ですかね。はい、そうですね。)
僕はなんやかんやで元気です。


上に主だった災害関連情報を抜き出してみたけど、実際はあんなもんじゃなかっ
たもんね。被災地だけではなく、もっと広範囲に影響が来たもんね。

東京や僕の住む横浜の片田舎だって、電車は動かないわ、食料の買い占めは
起こるわ、ガソリンは無いわ、水道水は危険とのウワサが流れるわ、節電でいま
だに街は暗いわでそれなりに影響食らいましたよ。

横浜駅前は道路がバキバキ裂けていたしね。


震災直後、津波が東北の町を消滅させる動画をネットからいろいろ見てました。
胸が締め付けられる思いだった。
走ったもんね、あそこ、今までドライブしたりメシ食ったり車中泊したもんね。
福島第一原発の近くで車中泊したこともあるし、第一と第二の間から朝日を見た
こともあったもんね。

「これ、関東でノンビリ仕事している場合じゃないんじゃない?」とか思い、早々に
も東北に駆け付けたい気持ちになりましたが、ブレーキかけました。

新潟中越地震とかも今までの災害と今回はレベルが違う。
例え自分の生活用品や食料を全部持ち込んだとしても、ボランティアが動けるよ
うなレベルじゃない。
その辺、冷静に判断しないと。今はムリ。ガマン。
そして震災から1ヶ月半が経った2011年GW。
かねてより収集していた情報から、被災地に行けると判断しました。
最初はお世話になったことのある岩手県大船渡市に行こうとしたんだ。

しかしGWの連休は3日間だけ。
車による往復時間を加味すると、現地での時間も体力もちょっと心配。
せっかく行っても満足に動けなければ、それこそ本末転倒。

では、福島県の南相馬市に行くよ。震災の1年ほど前にドライブした地。
しかし今は地震・津波・放射能・風評被害の四重苦にさらされています。
ボランティアも石巻とか宮城県にはバシバシ行っててニュースで話題にもなってい
るけど、放射能のせいで福島県南部は人手薄です。
福島原発の30km圏内に足を突っ込んでいる南相馬では、なおさらです。

南相馬と言えば、市長がYouTubeで世界に「兵糧攻めだ」とその危機的状況を配
信し、一躍有名になりましたね。
つい先日の4月21日には、南相馬市長はアメリカのタイム誌の「世界で最も影響力
のある100人」にも選ばれました。旬ですな。

さっそくメンバー3人が集結しました。
大学時代の仲間である、"タケ山"と"バンザイ"。この3人で行きます。

わずか5日で、猛烈な勢いで企画をかたちにしました。
タケ山とバンザイが現地に電話とかしながら情報収集しつつ、僕が全体のスケジュ
ールのコーディネートや装備の考察を行いました。


作戦決行は4月28日夜。
仕事が終わったらすぐに集合し、福島まで走る。そしてGW初日からボランティアを
する予定です。

僕は、ゴソゴソと学生時代のスタジャンを取り出した。
もうボロボロだけど、思い入れのあるスタジャンなんだ。

どんな苦しいときも嬉しいときも、学生時代はこのスタジャンと乗り越えてきた。
そのときの仲間との絆は今でも健在で、てゆーか【日本走覇】に登場するドライブ
仲間の95%くらいは同じスタジャンを着ていた仲間です。

これを着るのは2004年の新潟中越寺地震のとき以来かな?
今回も、僕を守ってください。

そうそう、今回のメンバーであるタケ山もバンザイも、「新潟中越地震復旧支援(2-
24)
」のときに一緒に新潟にボランティアに行ったりもしています。地震発生の次の
週末にはもう新潟にいたんだよな。だから企画もすごくスムーズに出来た。

あれから6年半。
僕らにとってもかなり久々のボランティアだけど、短い期間ではあるけれど、精一
杯やってくるよ。

では、行くぞフクシマ!

新潟中越地震(2004)
YAMA・タケ山・バンザイ

東日本大震災(2011)
YAMA・タケ山・バンザイ

⇒ ⇒ ⇒

プロローグ       4/29        4/30       5/1
東日本大震災     遺留品洗浄    泥出し      物資仕分け