9月21日 大自然の驚異、リアス式!

走行距離: 753km 支出:\11,075

<「大東館」>
6:10 起床

おぉぉ…。さすがに岩手県は寒いね。朝からヒンヤリした空気が身を包みます。
外は雲は多いけど、それなりに晴れていそうな気配です。

今日は昨日とは一転して、走行メインの日になります。
夜までには神奈川県に戻っていたいので、観光は少なめです。
もっとも、シルバーウィークといえども今日はその真っ只中。そんなに高速道路が混
むとは思えないけどね。

洗顔しつつ、ブラブラと宿の中を徘徊します。

大東館の内部

9/25 北九州で再会しよう!
9/26 
走れ、SLやまぐち号!
9/27 
ここに神々が集結する!
9/28 エピローグ:浅き夢見じ…
  

◆第3部:中国編

9/22 ここは南国シーサイド!
9/23 目指せ、四万十川源流!
9/24 山深い秘境の地に突撃!  

◆第2部:四国編

◆第1部:東北編

9/19 プロローグ:冒険は岩手から!
9/20 
遠野にカッパはいるか!?
9/21 大自然の驚異、リアス式!  

宿の中はこんな感じ。昭和レトロな雰囲気でなかなか居心地良かったです。
備え付けのコーヒーがあったので、飲んで暖まる。
今日の気温は15℃らしい。

よーし、次はいつ寝れるかわからないからね。気合入れて頑張って行くぞ!

7:23 チェックアウト

オーナーのおばあさんとおじいさんが外まで出てきて見送ってくれました。
お世話になりました!手を振って出発。


まずは国道45号を南下。「碁石海岸」に行ってみようかと思います。ここからは10km
ほどなのですぐ近くです。
大船渡湾ののどかな風景を左手に見ながら三陸海岸を走ります。
途中の漁港のローカルな雰囲気がいいね。

出発!

岩手県を南下

漁港通過

県道275号に乗り換え、「碁石岬」の先端方面に向かいます。

「碁石海岸」って、5年以上前の「東北大暴走(2-12)」でアプローチしようとしたんだけ
ど、いまいちハイライトである碁石のような小石が敷き詰められた海岸の場所がわか
らなかったのです。
ちょうど今回は近くを通過するので、改めて探してみよう方って思ってここまで来たの
ですよ。


<碁石海岸>
7:38 碁石海岸

なんとなく碁石海岸バス停の近くにbobByを停めてみました。
5年前にどこか海岸だかわからずにウロウロした記憶のある道です。
あぁ、このバス停正面の海岸がそうなのかな?
これ以上進むとまた山道だし、後ろも山道だったしね。

碁石海岸

僕、碁石海岸ってもっと大規模な海岸が広がっているのかと思ったけど、後から調べ
てみると「碁石岬」とか「穴通磯」とかのこの辺りのスポットを総称して碁石海岸という
らしいね。

碁石状の石があるのはその一部の小さな浜辺。
付近の浜には何艘かの小さいボートが停められていました。

碁石のような小石

ここでは浜を形成する石が波で削られて、ちょうど碁石のような大きさと形になってい
るのです。
もうちょっと丸い石を選んで撮影すればよかったね。

YAMA&さくらちゃん

しばらくここで浜辺のカモメに接近したり、次の行程を考えたりして過ごしました。
まだまだ朝なので寒いっす。景色も寒々しい。

碁石の上のカモメたち

この少し先には「穴通磯」という奇岩スポットもあるんだけど、今回は立ち寄りません。
かなり前だけど2004年の「東北大暴走(2-12)」でも立ち寄ったからいっか。

そして今回は僕にとっては初めてのスポットに足を踏み入れます。
それは「唐桑半島」。
微妙に行ってみたいと前々から思っていたんだけど、いまいちチャンスがなかったとこ
ろなのだ。

「碁石海岸」のある半島を県道38号で戻り、国道45号に乗る。

少し南に行ったところに道の駅があるので一旦休憩。


<道の駅 高田松原>
8:11 道の駅 高田松原

日本百景にもノミネートされている、「高田の松原」という巨大松原の近くにある道の駅
らしい。
ここからは松原は見えなかったけどね。特に松原を見たい気分でもないからいいや。

入り組んだ海岸を見ながら

道の駅で休憩

道の駅の屋内には、ここいらの郷土芸能である"けんか七夕"に使用される山車が展
示されていました。
あんまりよく知らないけど、山車同士を激しくぶつけて争うんだって。へぇー!

けんか七夕の山車

道の駅を出て再び南下。すぐに岩手県と宮城県との県境が出てきます。
これで宮城県に入りました。

県道239号と県道26号を使い、目指す唐桑半島を先端方面に走ります。
唐桑半島で有名な観光スポットといえば、「巨釜・半造」。
「巨釜」は巨大な釜に見える入り江で、その突端には「折石」という先っちょの折れた
奇岩がある。
「半造」はダイナミックな岩礁が広がる海岸だという。

僕が前々から行きたかったのは「折石」のある「巨釜」。
そこを目指してみようかと思うよ。


<巨釜>
8:42 巨釜

観光バスも来ているくらいの、結構有名なスポットです。
駐車場から木々に囲まれた階段を下ること10分弱。
雄大なリアス式海岸が見えてきました。

岩礁に打ち付ける荒波

すごいっすね。荒波が複雑な海岸線にぶち当たり、激しくはじけています。
巨釜の名の通り、それはまるで煮えたぎる巨大な釜のように、白い泡を飛び散らせ
ながら渦巻いていました。

遊歩道の突き当りには、折石があります。
これぞ巨釜のハイライト。

折石

折石は荒波の中に立つ巨大な大理石の柱。昔はもっと高かったんだけど、津波で先
端が折れて今のような姿になったそうなのだ。波の力はすごいっす。
でも、これでも高さ16mもあります。

煮えたぎる釜のように

<御崎>
半島をさらに先端方面に車を走らせると、すぐに突端の岬に到着します。

9:10 御崎

駐車場の地図を見ると、よくわからないけどここいら一帯を見ながら歩くと数10分か
かるみたいです。
んー、でも岬の代表的な景色だけ見てみたいな。
とりあえず灯台へと続く遊歩道を歩いてみました。

灯台へ歩く

岬の職員の人に「灯台はどこですか?」とか訪ねたりしながら歩き、間もなく木々の
間から陸前御崎岬灯台が現れました。13.4mで結構小さめ。だけど味がある。

陸前御崎岬灯台

八隻曳

うん、しいて言えばもうちょっと突端テイストがあるとさらに僕好みだったかな?
全部回っていないから認識違いかもしれないけど、あまり尖っている感がなくて割りと
なだらかなイメージなんだ、この岬。


ここで神奈川県に戻ることを意識し始めます。
海岸沿いに東に下り、石巻あたりから高速に乗る方法が1つ。あとは西の内陸部に突
入し、岩手県の一関から高速に乗る方法が1つ。

たぶん全体的な所要時間を感上げると、後者のほうがスピーディだと思う。
宮城県の南部はこのシルバーウィーク中は混んでいそうな気配がするし。
よしっ、一関を目指すか。

唐桑半島のクネクネ道を県道26号を辿って気仙沼駅方面に走ります。

県道26号

そういえば僕は気仙沼駅の近辺って行ったことがない。
なんか面白いものはあるかな?気仙沼はフカヒレの産地だから、フカヒレを使ったフ
ァストフードでもあるかな?
もしそんなのがあったら食べてみたい。お腹も空いてきたし。


9:51 気仙沼駅

気仙沼駅前

あ、気仙沼駅って割りとローカルな雰囲気なんだね。
全国的に有名な知名だから、すごく大きな駅を想像していました。

駅前の駐車場にbobByを駐車し、駅構内をその周辺を少し物色。
うーむ、とても小さな土産物屋と駅併設の売店しかない。
なにかいい物を軽く食べれればな、と思ったけどその気配がない。
駅の正面にあるホテルの中にも入ってみたけど、ちょっとそそられるものは無かった
です。

ま、途中の道の駅とかで食べれればいいか。
さくらちゃんは売店でフカヒレスープの素を買っていました。
うん、それが賢いかも。


気仙沼から国道284号で内陸部にまっすぐに切れ込みます。
しばらく走ると宮城県と岩手県の県境です。
また戻ってきちゃったー、岩手県。

再び岩手県

そのまま淡々と山間部の快走路を西へと走り続ける。何も無いね、このあたりは。
「北上川」と交差する部分に道の駅があるので、休憩のために立ち寄ります。


<道の駅 かわさき>
10:50 道の駅 かわさき

道の駅と模擬店

道の駅の敷地内にはたくさんの模擬店が並んでいました。
ここで軽く朝ご飯になるもの食べれそうだね。
さくらちゃんは玉こんにゃく買ってた。僕はもう少しカロリーあって、かつ土地のものだ
といいなぁ。
前沢牛入りのフランクフルトを見つけたので、それを購入しました。
(食費 \300)

玉こんにゃく&フランクフルト

うわっ、でも食べてみてビックリした。フランクフルト、完全に冷めてて表面シワシワじ
ゃん。これでいいの?こんなんでいいの?
スパイシーでいい感じの味付けだけど、これにはしてやられた。

さらに西へと行き、昨日「猊鼻渓」に行く途中に走った道に合流。
ここから昨日と同じ道を辿って「厳美渓」方面に向かい、一関の中心地に入りました。


11:35 東北自動車道 一関IC

一関から東北道へ

さぁ、では一旦神奈川県に帰るよ!
南下を開始し、すぐに宮城県に入る。まだ昼どきなのでシルバーウィークといえども
スイスイですな。

宮城県入り

関東目指して

12:47 蔵王PA

いいペースで宮城県の南部まで来ました。ここでお昼休憩です。
僕は昨日の夕食の残りのコンビニ弁当を食べます。これ、まだ食べれるよね?
臭いをクンクン嗅ぎながら食べる。
さくらちゃんは昨日岩手県の「道の駅 さんりく」で買った大判えびせんべい食べてた。

目の前の蔵王の山々が綺麗ですな。少々ゆっくり休憩し、体力を養いました。

蔵王&さくらちゃん

福島県に入りました。
渋滞の名所である福島トンネル前後で15kmの渋滞。

ここで判断を誤ったかもしれない。今後のことを考え、行きと同じように磐越道と常磐
道を使って遠回りして都心を目指せばよかったのかもしれない。
ちょっとポジティブに考え、このまま東北道を南下するルートを選んでしまいました。


14:58 那須高原SA

関東は快晴!

混雑する那須高原

那須高原のSAは多く牡人々で賑わっているし、模擬店もたくさん。
SAもこの期間はかきいれどきだよね。
ここでガソリンを補給しました。
(ガソリン \3800)


すぐに渋滞が始まりました。
なんと、那須から宇都宮まで3時間という表示。
バカなっ!同じ栃木県北部なのに、そのわずかな距離を移動するのに3時間もかか
るのか!

しかも3時間の渋滞を乗り越えても、岩槻だとか首都高だとか、まだまだ渋滞の懸念
のあるスポットが目白押しです。
しまったー、失敗したなぁ…!

高速を下りるべきか。しかしここで降りてずっと一般道も精神的に大変。
でもどこで再び高速に乗るのか?いい考えが浮かばない。
こういうときはイチかバチかで高速をキープすべきだよな。

昨日買った南部せんべいをかじりながら渋滞に耐えます。


16:22 矢板北PA

入るのに10分近くかかりました。入ったところで駐車するところないんだけどさ。
駐車場直前でさくらちゃんに下りてもらい、僕はその後駐車場の端の半分路肩みたい
なところにbobByを駐車。
心配なので車から出ずにそこで待機していました。
すっごい混雑ね。悲惨だ。

矢板は猛烈な混雑

このあとも、要所要所で渋滞。
ハイウェイラジオから流れる渋滞距離も、僕らは行くころには1.5倍に膨れ上がったり
していて。

クソッ。あと1時間ペースが早ければだいぶラクだったのかもしれない。
しかし那須で高速を下りなかったのは正解だった。なすから宇都宮まで3時間もかか
らなかった。その半分くらいだった。
このまま高速で神奈川まで行くぞ。


19:03 川口JCT
(高速代 \1700)

ここから首都高に入ります。相変わらずの混雑です。
(高速代 \350)

浦和料金所

とりあえずここからは八王子方面に向かいたい。
中央道を使うのが順当だけど、環八とか行ったら混雑で全く動かないんだろうな。
大回りするルートを使います。

まずは激しい渋滞に耐えつつ首都高外環を練馬まで進む。

19:27 新倉PA

綺麗なPA

外環道唯一のPA。僕、結構くたびれてきました。でも、まだまだ頑張らなければ。
ここは屋内にオアシスのような空間があって綺麗だったよ。初めてきた。


19:44 関越自動車道 練馬IC

ここで関越道を北上し、埼玉県の鶴ヶ島JCTにて圏央道に乗り換えるプラン。
さすがに下りなのでスイスイです。ストレスようやく解消できるわ。

19:57 鶴ヶ島JCT

ほぼいつも確実に空いている圏央道を使って八王子に向かいます。

八王子JCTでさらに中央道に乗り換え、八王子ICを目指す。
中央道もここまで来ると渋滞のメインスポットを過ぎているので順調です。

20:30 中央自動車道 八王子IC
(高速代 \1850)


いやー、いろんな高速を使っちゃいましたね。渋滞回避ルートで1850円も使っちゃっ
た。岩手から埼玉までよりも高い料金になっちゃって、なんか悔しいぜ。

20:52 八王子バイパス
(通行料 \130)


<「はま寿司」>

20:55 「はま寿司」

八王子バイパスの近くにある回転寿司のお店に入りました。
全品105円の、時々来ているお店です。ここで夕食。

お寿司食べます

広島産カキフライ

カキフライの軍艦なんてあるんだ!この季節限定だね!
食べれるだけ食べます。とにかく今後のためにもスタミナが必要なのです。

あと、きっとこの食事が今回の旅でもっともゴージャスなものになる。
そのためにもここでケチったりはしません。9皿食った。
(食費 \945)


21:38 相模原市某所

神奈川県です。ここでさくらちゃんと解散です。東北の強行弾丸ツアーを一緒に来てく
れてありがとう。たっぷり休んでください。
僕は1人ここから西に向かうよ。
(ガソリン \2000)

国道129号を南下し、東名高速の厚木ICに到着。

22:30 東名高速道路 厚木IC

次は西へ!!

本当だったらスタミナの続く限り西へ走って距離を稼いでおきたいところ。
しかし渋滞が待ち構えているのです。

もう数時間前から静岡県の御殿場と清水間で渋滞35km。
解消していることを期待していたんだけど、この時間でも依然として35km。

残り少ない体力で動かない渋滞に突入するのは体力も精神力も時間も無駄です。
渋滞が解消するまで寝て待てばよい。


23:03 足柄SA

神奈川県と静岡県の境目付近のSAです。ここで渋滞の解消する深夜まで仮眠しな
がら待機します。
ほとんど満車だったけど、路肩付近にかろうじてbobByを駐車。
でもおやすみなさい。

明日はきっとすごく長い1日になるぞ。



23:20 就寝

足柄SA

走行距離:753km 支出:\11,075

9/25 北九州で再会しよう!
9/26 
走れ、SLやまぐち号!
9/27 
ここに神々が集結する!
9/28 エピローグ:浅き夢見じ…
  

◆第3部:中国編

9/22 ここは南国シーサイド!
9/23 目指せ、四万十川源流!
9/24 山深い秘境の地に突撃!  

◆第2部:四国編

◆第1部:東北編

9/19 プロローグ:冒険は岩手から!
9/20 
遠野にカッパはいるか!?
9/21 大自然の驚異、リアス式!  









―― 前日までの走行

―― 本日の走行