Chapter.3 明石焼き

1.12
<「ビジネスホテル 菊水」>

8:15 起床

あぁぁ…、眠い。
今日は8:50に玄関に集合なんだけど、ギリギリまで寝てました。

8:53 チェックアウト

なんか今日も雪が舞っています。毎日寒いっすねぇ…。
今日はまず、恒例の「五色塚古墳」に行きますよ。DIMEが乗り気だし。
住宅地を縫ってのアプローチも、もう全員馴れたものです。


<五色塚古墳>
9:10 五色塚古墳

兵庫県で最大の前方後円墳。
風が強くてとっても寒いんだけど、みんなで古墳の上に登ってみます。

Chapter.1  Chapter.2  Chapter.3

前方部からの後円

凍える一行

とにかく風が強い!そして粉雪混じり!
ほら、古墳の上ってもう風を遮断できるものが何も無いじゃないですか。
そしてここは「瀬戸内海」に面しているから海風キツいじゃないですか。
もうあまり長居出来ませんって。
でもここから見る「明石海峡大橋」はなかなかだ。

円筒埴輪と明石海峡

明石海峡大橋と淡路島

写真の通り、かなり曇っていて残念な天気なんだけど、強風が功を奏したのか
雲をどんどん押し流して行ってくれている。
よしっ!その調子だ、晴れろ!神風よ吹いてくれ!
…そんな思いで明石海峡を見てました。

古墳にご満悦のDIME

相当体が冷えたので、ダッシュで資料館兼受付所にみんなで駆け込む。
管理人さんが「寒かったろう」と、ストーブを焚いてくれました。
いやー、温まるわ。

管理人さんに尋ねられたので、僕らが横浜から車で来ていることや、四国を観
光した帰りであることを話しました。
遠くから来ているのでビックリしたみたい。


<舞子公園>
<舞子海上プロムナード>

9:47 舞子公園

「明石海峡大橋」の下に広がる公園に来ました。
もうここは本気で何回来ているのかわからないくらいよく来るスポットです。
なんだか空が晴れてきたよ!

舞子公園と孫文記念館

凧揚げ大会

公園では「新春防火凧揚げ大会」っていう凧揚げ大会が行われていて、子供達
が手作りの凧を揚げていました。
しかしものすごい強風。凧が揚がらないほどの強風。
もう破れたり糸が切れたりと、子供たちは大苦戦してました。

僕らも逃げるように橋のアンカーレイジにある海上プロムナードの入口へと非難
する。寒い寒い。
では、海上プロムナードに入ります。
ここもほとんど毎回来ているスポットですね。

舞子公園を見下ろす

明石の街並み

舞子海上プロムナードって、「明石海峡大橋」の中に設置されている展望台です
。アンカーレイジからエレベーターで47m登るんです。
ここからの眺めは結構好き。
カメラをズームすれば「明石天文台」だってちゃんと見えます。

明石の天文台

個人的なここのお気に入りは、橋の主塔のてっぺんに設置されているカメラを自
分自身で動かすことの出来る装置。
主塔の高さは300mもあり、日本の建物としては「東京タワー」についで2番目の高
さ。そこのカメラを動かせるなんてすごいよね!

カメラを動かすやよこ

五色塚古墳

カメラは360度、さらに前後やズームまでできて楽しい。
さっき観光した「五色塚古墳」だって上の写真の通り、ばっちりズームしちゃって
古墳に登っている人まで丸見えです。

カメラを下に向ければ、橋を走行する車を眺められる迫力の光景も見ることがで
きます。

道路を見下ろす

それから橋に沿って150m海沿いに張り出した海上の道を歩きます。
屋外なので寒いけど。
ここは足元が透明なガラス張りになっている部分があって47m下の水面を見るこ
とができます。

橋の幾何学模様

透明ゾーン

さすがにここから落ちたら衝撃と寒さで死にますよねー、怖い怖い。
僕とかは高所は特に平気なんだけど、何人かは完全に腰が引けていました。

足元は海

ビビリのやよこ

そして再び屋内施設に非難。
明石の街を一望できる展望テラスでのんびりくつろいだり、お土産物を見たり、
いつもの明石海峡のパネルの前で集合写真を撮ってみたりしました。

外を眺める

パネルの前で

楽しいことが盛りだくさんで、ずいぶん長居をしてしまいました。
そろそろお腹も減ってきたので、次の目的地に出発することにします。

舞子公園の敷地に戻ると空はすっかり晴れていて快晴。
「明石海峡大橋」が最高に綺麗に見えました。この橋大好き!

青空の明石海峡大橋

「舞子公園」を出発し、また来た明石の中心地へ戻ります。
僕らの帰る神奈川県とは逆側だけど、最後に明石焼きを食べてから出発するの
です。
今回目指すお店は、新規開拓の「いずも」っていうお店。
何度か耳にしたことのあるお店。楽しみです。


<「いずも」>
11:12 「いずも」

明石駅近くの「魚の棚」を出た辺りにあるお店です。
ローカルな雰囲気だけど広めな店内。メニューは明石焼きだけです。

明石焼き

ここのは油を多めに使っているのか、外側はややカリッとした食感。
だけどちゃんとフワフワで、箸で掴もうとすると崩れちゃうくらい。
この食感、初めて。
うまいかも!一気に気に入ったかも!

DIME・ワガママ姫・YAMA

ぐちくん・やよこ・室伏

では、そろそろ明石を後にし、神奈川に帰りたいと思います。
満足満足。
でも今回の旅は小麦粉ばっかり食べていた気がするなぁ。

11:48 明石出発

県道21号を使い、最寄の高速道路に乗ります。

12:04 第ニ神明道路 大蔵谷IC

12:21 京橋PA

神戸を走る

12:54 吹田SA

大阪まで来ました。ここでお土産を買ったりして、長めの休憩をします。
僕もここで始めてお土産を買いました。
お土産はいつものように適当に2分で選んだ。

満足した矢先、2週間前に「道頓堀」で発見できなかった「たこ焼きまんじゅう」を
発見!おぉ、こんなところで遭遇するとは!買って帰ろう!

たこ焼きまんじゅう

なんかみんなはここでイカ焼きだとかたまご煎餅っていう大阪オリジナル(?)な
ジャンクフードを買って来て食べてます。
元気な胃袋だなぁ。僕は眠いので寝かせてもらいます。


目が覚めたら新名神を走っていた。
そっか、新名神は去年くらいに出来たもんなぁ。関西に行くんだったら空いてるし
景色もいいし、今後は僕もこっちを使おうかな。

新名神

亀山JCTからは東名阪自動車道です。
「長島スパーランド」のジェットコースターが見えてきたら、間もなく三重県から愛
知県に入ります。

長島スパーランド

15:02 刈谷SA

ここからはたっぷり休んだ僕は運転しますよ。
一気に足柄SAまで走りますよ!

道路は思ったよりも空いていて順調に進み、まだ明るいうちに富士山が見えてき
ました。もうちょっとだね!

夕日に染まる富士山

17:44 足柄SA

もう神奈川県は目前です。
ここで恒例のマクドナルドでのテイクアウト。食べながら残りの道のりを走ります。
渋滞は13kmで所要時間は30分。
3連休の最後にしてはすごくライトです。助かった。


19:00 東名高速 横浜町田IC

19:24 相模原市某駅


予想よりかなり早く帰ってこれました。ここでみんなと解散。
電車に乗って横浜の片田舎に帰ります。

ありがとう、みんな。久々に懐かしい気持ちになれるドライブ旅行が出来たよ。
またいつか、このメンバーでワクワクできる旅行をしたいね!


21:10 帰宅

これからもよろしく!

前日までの走行

 

本日の走行

 

Chapter.1  Chapter.2  Chapter.3