Chapter.4 名古屋城 

Chapter.1  Chapter.2  Chapter.3  Chapter.4

<道の駅 美濃にわか茶屋>
6:05 起床

まだ外は真っ暗です。そしてかなり寒い。
さすが内陸の山間部。昨日・一昨日は暖かかったけど、また初日のような寒さ
が舞い戻ってきました。

2008.11.3 支出:\15,327

2008.11.3 支出:\15,327

Chapter.1  Chapter.2  Chapter.3  Chapter.4










bobBy、車中泊スタイル

今日の序盤の予定は、日本の人口重心地巡りです。
人口重心とは、ことばの通り日本に住んでいる人々の人数と住所から割り出す、
重心の取れるポイントです。
つまりは日本人全員の体重の中心地ってこと。

ほら、僕は「日本の中心巡り(3-18)」とかで全国各地の日本の中心を周っている
じゃないですか。
今回もその延長線上です。

日本の重心を調べる国勢調査は5年おきに行われ、都度ちょっとずつポイントがず
れていていて、現在は3箇所存在する。
それを周って行こうって魂胆です。

6:28 出発


<道の駅 美並>
昨日に引き続いて国道156号を少し北上したところにある道の駅です。

6:39 道の駅 美並

美並の道の駅

ここ美並は1995年の国勢調査で人口重心だった場所。
そこにある道の駅だから、人口重心をアピールするような看板やモニュメントがあっ
たりしないかなぁと思って立ち寄ったんだけど、特に何もありませんでした。


それでは目指すは「日本まん真ん中センター」です。
東海北陸自動車道の美並ICの裏辺りにあります。


<日本まん真ん中センター>
6:55 日本まん真ん中センター

到着したけど、朝早いので施設はやっていないし駐車場もチェーンで閉じられてい
ました。
しかし他の車は通りそうにない立地だったので、正面に路駐して少し敷地内を見て
周ります。別に施設の内部にはもともと興味なかったしね。

立派な施設です

ここは人口重心地となったことを記念して建てられた施設です。
建物は巨大な日時計になっています。

美並は人口重心となったときに勢い付き、巨費を投じてこの施設を作って全国に
アピールすると共に、まん真ん中温泉・まん真ん中の駅・まん真ん中広場とか、
いろいろな施設にまで"真ん中"のキーワードを盛り込んで頑張りました。

しかしたったの5年で人口重心は隣町に移り、もう美並は人口の中心ではなくな
ってしまった。後には"真ん中"の名前の付いた施設だけが残ったっていう結果
です。
大学生の頃、TVで税金の無駄使いをしている施設の特番みたいのでこのまん
真ん中センターが取り上げられ、爆笑した記憶があります。
22億円もかけて作ったのに、たった3年で本来の役割を失ってしまったんですよ、
ここは。
そんなスパイシーな場所だから、いつか行ってみたいと思っていたんだ。

まん真ん中のポスト

これも人口重心のマスコットキャラなんでしょうかね。
寂しげにポストの上に座っています。


「まん真ん中センター」を出発し、次の人口重心に向かいます。
次は5年後である2000年の国勢調査で人口重心となった地です。
旧武儀町(現関市)っていうところで、ここから数kmほどのところらしい。

人口重心は年々東南方向に移動しています。
これは東京近辺の人口の比重が年々重くなっているからなのです。

県道325号を走る。ものすごい山の中の狭い峠道です。

峠道を走る

この峠道は「水晶山」という山の脇を通っている。
その「水晶山」への登山路の途中に確か人口重心のモニュメントがあったと思う
んだ。
でもあくまで今回の旅は桃岩荘京都大会だったから、全然下調べをしてきていな
い。どうやって登山路に行くのかわからない。

とりあえずキョロキョロと左右を見渡しなら走り、そのまま峠を下って集落に降り
てきてしまった。
うーん、こんな下界ではなかったと思うんだけど…。
確かどっかから林道に入り、ダート道をしばらく走ったところから登山道に入ると
どこかのサイトで見た記憶がある。

それっぽい道はいくつかあったんだけど、明らかに危険な香りがしていたり、関係
車両以外通行止めの看板があったりした。
…そんなところに無理に突入して大変なことになっても困るしね。
ここは見送ろうか。


<道の駅 平成>
県道63号に出て、ちょっと開けた町になりました。
ここで休憩します。

7:58 道の駅 平成

人口重心の町

上の写真のような大きな看板が敷地内にありました。
ま、この写真を撮れたってことで、2000年と2005年の国勢調査での人口重心地
は諦めようかな…。

そう思った矢先、道の駅の前の道路に標識がありました。
「←人口重心地」って書いてありました。
その矢印の方向は、僕が今走ってきた方向。

そうか、案内標識は道路の片方にしかなかったんだ。
僕は峠道を越えて来たので、普通のアプローチルートとは反対側。
だから標識も全然なかったのか。

引き返すべきか、このままスルーすべきか。
ちょっと悩んだあげく、せっかくなので標識に沿って引き返し、人口重心を見て
いくことにしました。


途中でガソリンを入れておく。
(ガソリン \3767)

ガソリンスタンドのおじさんに「人口重心がなかなか見つからなかったんですよ。
」とグチりました。
そしたら手書きで詳細な地図を書いてくれたりしました。
わーい、ありがとう。

点在する標識とおじさんの地図を見ながら来た道を引き返し、県道325号に乗る。


<日本人口重心地(2005)>
8:28 日本人口重心地(2005)

ここから徒歩

この看板から先は激坂で、車では行けそうにない。
数10m先には駐車場もあるみたいだけど、傾斜がキツ過ぎて危険そうです。
さらには道を他の車が駐車していて塞がれているしね。

道端に路駐し、近所のおばちゃんに「すいません、ちょっと車を停めさせてもらい
ますね」と断っておく。快く了承してくれた。

どうやらここは2005年の国勢調査での人口重心地らしい。
僕がさっき「水晶山」の近くを走りながら探していたのは2000年の国勢調査でのポ
イントなんだけど、まぁいいや。
2000年のポイントは既に過去のものなので、案内の標識も撤去されちゃったのか
もしれないなぁ。

林道を歩く

しばらくはややキツい登りの林道です。
しかし数分歩くと、ハンパない傾斜の山道になりました。
滑る!朝露で滑り落ちるほどの傾斜!危険!

山道を登る

そして頭上にようやく人口重心を示す標が見えてきました。
いやー、かなり外気は涼しいのに、もう汗だくです。ふくらはぎがパンパンだ。

人口重心&YAMA

この柱は2007年に立てられたばかりのものらしい。
そういやネットでもほとんど見たことなかったな、この柱の情報は。

坂道をおそるおそる下り、また車のもとへと帰ってきました。
僕の車の横浜ナンバーを見てビックリしているおばちゃんと少しおしゃべり。
おばちゃんは昔横浜に勤めていたことがあるそうで、話が盛り上がりました。

2000年の国勢調査の人口重心は今回はもう行きません。
また機会があるでしょう。
ほら、きっと2010年の調査でまた人口重心がズレて、その場所にモニュメントが
立つはず。
そのときに2000年・2010年のをまとめてまた見に来るよ。

車に乗り込んでまた南へと走ります。もうこの道は今日で3回目です。


<道の駅 平成>
先ほどの道の駅に帰ってきました。

8:59 道の駅 平成

トイレ休憩を済ませ、ツーリングマップルでルートを確認。
この後は岐阜県を脱出し、愛知県に入りたいと思います。



県道63号をクネクネ南下し、美濃加茂ICの近くをかすめる。
国道41号に合流し、愛知県に突入。

ちょっと小腹が減ってきました。自炊をしたいんだけど、もう都市部に入ってし
まったのでなかなか自炊を出来るポイントが見つかりません。
河川敷とかを探せばいいんだけど、それもちょっとメンドいし。

小牧のコンビニに駐車し、食パンだけモサモサ食べました。
思ったよりも道が空いていてペースがいいので、ここで20分ほどノンビリ休憩
して時間調整します。

もうすぐ名古屋

ガソリン安いね

名古屋では、去年の「礼文島旅2007(3-22)」で出会った"ジャガ"と再会の約束
があります。
ホントは京都大会で会いたかったんだけど、ジャガの都合上今日になってしまっ
たのだ。待ち合わせは13:00なのでまだ時間がある。
ちょうといいので「名古屋城」を見学してみようかと思います。


<名古屋城>
10:59 名古屋城

有料駐車場にbobByを入れ、城まで歩く。
(駐車場 \360)

実は僕、名古屋城をまともに見学するのは初めてです。
今からおよそ7年前である2002年の初頭、営業時間の終了した名古屋城の石垣
に張り付いて「入れない!入れない!」と騒いだことがあるんだけど、それ以来な
のです。

入場料を払い、敷地の中に入る。
(観光 \500)

名古屋城の天守閣

曇り空なのでちょっと見栄えはイマイチだけど、名古屋城は「大阪城」・「熊本城」
と並ぶ日本三名城の1つ。
思いっきりコンクリートな上、天守の脇にエレベーターまでくっついているのでかな
り近代的な印象です。

敷地内を歩いていたら、金のシャチホコを発見!
これは結構インパクトあるわー。観光客が大勢群がっていて、写真を撮るのも一
苦労でした。

金のシャチホコ

僕は天守閣の中には入らないタイプの人種なので、引き続き城の周りをプラプラ
散歩。
城は裏側から見たほうが絵になってた。
大天守と小天守のコラボレーションが良かった。もっとも、ベストショットが狙える
辺りは大規模な工事集で構図を工夫しないと工事の幕とかが入っちゃうような状
態だったけれど。

大天守&小天守

「名古屋城」を出発し、名古屋駅前を通過しつつ今度は「熱田神宮」を目指すこと
にしました。
「熱田神宮」は初めて立ち寄ることになります。

名古屋駅前

12:18 神宮前駅

ここが「熱田神宮」の最寄の駅です。そしてこの後ジャガとの待ち合わせポイント
にもなっている駅。
ジャガと同じく「礼文島旅2007(3-22)」で知り合った、山口県の"のんたん"も所
用で名古屋に来ていてて、この2駅くらい隣に来ているんだけど、結局うまく会え
るようなタイミングが無いっぽい。
残念。またどこかで会おう、のんたん。

ここのコインパーキングにbobByを駐車し、歩いて「熱田神宮」に向かいます。

<熱田神宮>
12:25 熱田神宮

三種の神器の1つである、草薙の剣を御神体としている神社です。
すごく歴史が古いらしく、西暦数10年ごろにはもう信仰の土台が出来上がってい
たらしいよ、スゲッ!

神宮前駅

熱田神宮

白い砂の敷き詰められた参道を歩きながら本宮へと歩く。
なんかやたらと人が多いなぁ、子供が多いなぁと思ったら、今日は七五三なんだ
ね。ファミリーで境内は大賑わいです。
参道を歩いていると、模擬店もたくさん並んでいました。

参道の模擬店群

また神宮前駅の駐車場に戻り、読書したり車内の片付けをしながら時間を潰す。

13:10、ジャガが駐車場にやってきました。
久しぶりーー!去年の京都大会以来だから1年ぶりかぁー!

ジャガには事前に「"あつた蓬莱軒"で本場のひつまぶりを食べたい」と頼んでお
いたので、これから連れて行ってくれるそうだ。
ここから歩いて行けるところにお店があるらしい。


<「あつた蓬莱軒」>
13:25 「あつた蓬莱軒」

神宮店っていうところに来ました。
おぉーー!店の外までギッチリ行列です。こりゃかなり並ぶことになりそうだぜ。

ジャガ&YAMA

あつた蓬莱軒神宮店

「まぁ15時までにメシを食えたらラッキーだと思おうや。」
焦ってもしょうがないので、2人で気長に待つことにした。

2007年に一緒に「礼文島」を歩いた話や、当時のメンバーのその後の話をしたり
、「先日の京都大会に○○が来てたよ!」みたいな報告を僕がしたり。
他には旅の話とか。
旅人同士ってネタが尽きないから話してて楽しいやね。


14:35、店内に呼ばれました。1時間10分待ちでした。
たぶんね、時間的にはかなり悪いときに並び始めたよ、僕ら。
今だったら30分待ちで中には入れるくらいの行列だからね。

店内で待つことさらに20分ほど。ようやく待望のひつまぶしが出てきました。

ひつまぶし

ひつまぶしって食べるの初めて!楽しみにしてたんだ!
てゆーか、"ひつまぶし"はここ蓬莱軒の商標登録なので厳密には他では使用
できないそうなんだけど。
でもいきなりひつまぶしの総本山で食べることができて良かった良かった。

ひつまぶしはウナギを細かく砕いてご飯に乗せたもの。
これを茶碗に4回に分けて取って食べます。

1杯目はそのまま。2杯目は薬味を添えて。3杯目はお茶漬け。
4杯目はそれまでの自分の好みで食べるルールです。

1杯目(そのまま)

3杯目(お茶漬け)

ウナギうまいーー!
ウナギのお茶漬けも初めてだったんだけど、なかなかいける。
4杯目もお茶漬けにするぜ!
(食費 \2730)

満腹。満足した。さすがに本場なので値段はそれなりに張ったけど、今まで節約
してガマンしてきたんだから、最後は豪勢でもいいよね?
また歩いて神宮前駅に戻ります。


15:30 神宮前駅

ここでジャガとお別れです。今日はありがとう。
またどこかの旅で会おうね!
(駐車場 \700)


さて、そろそろ僕も家路に着きます。
今まではずっと一般道だったけど、明日のことを考えるとここからは高速の使用
が賢明です。
適当な東名高速のICを目指し、名古屋市内を走ります。

16:19 東名高速 名古屋IC

3連休の最終日なので渋滞が心配だけど、頑張って乗り切るぞ!

高速で帰路につく

19:00 足柄SA

もうすぐ神奈川県です。しかしこの先は30kmほどの渋滞が待っているらしい。
渋滞に備え、恒例のマックでテイクアウトしておきました。
食べながら渋滞に突入します。
(食費 \620)

町田ICまで70分

20:37 横浜町田IC
(高速代 \6650)

21:15 帰宅


以上、マイペース貧乏旅でした。
暖かかくなる前に、あと2・3回ほど関西圏を旅したいと思う!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆支出:29,488円