中部・東海一周旅

2008.10.31-11.3
走行距離:1619km
実行人数:1名

礼文島で出会った仲間達と京都で再会したい!
車中泊と自炊で中部地方を巡りつつ向かいます

旅の目的地、
京都の八坂神社

Chapter.1 白川郷 

Chapter.1  Chapter.2  Chapter.3  Chapter.4

3ヵ月半前の「礼文島旅行2008(3-41)」は楽しかった。
日本最北の礼文島にある「桃岩荘」では、たくさんのいい仲間達と知り合うこと
が出来た。

今回の目的は「桃岩荘」の京都大会。
「桃岩荘」は夏の間しか営業していないんだけど、名物のドカンドカン盛り上が
るミーティングをオフシーズンの東京と京都でやりましょう、ってイベントです。
京都まで参加しに行きます。
共に礼文島を歩いた仲間達は果たして来るのだろうか?
ちょっと不安だけど出発します。

今回は貧乏なので4日間宿無しです。あと、極力自炊をします。
有料道路を使うのも必要最低限とします。とりあえず京都までは一般道だ。
では、行ってきます!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

10.30
22:16 横浜出発

愛車の「bobBy(ボビー)」に目いっぱい機材を積み込んで出発です。
横浜から京都に向かうには東海道をダラダラ走れば明日の昼には着くかと思い
ますが、それでは面白くない。

とりあえず国道20号の甲州街道で信州方面に行ってみようかと思います。
相模原市近辺のガソリンの価格は135円。随分落ちてきたなぁ。助かるよ。

礼文の思い出よ、再び

安くなってきたガソリン

10:31
<道の駅 甲斐大和>
1:27 道の駅 甲斐大和

山梨県の甲府盆地に入ったところにある道の駅です。
ここで仮眠します。
もうちょっと走りたい気分だけど、仕事の後なのでスタミナが持たないや。

1:40 仮眠

ここで車中泊

5:05 起床

ヤバイ、少し寝すぎたか。

5:13 出発

国道20号を北上開始します。どこまで北上しようか考える。
「上高地」を経由して「飛騨高山」を観光してみようかな。
間もなく長野県に入りました。


<道の駅 はくしゅう>
6:16 道の駅 はくしゅう

「サントリー白州蒸留所」の近所にある道の駅です。懐かしいね。
サントリー、2年前に見学したなぁ。
ここで湧き水をゲット。
雲が少し切れ、朝焼けの南アルプスがチラリと姿を現してくれました。

2008.10.30-31 支出:\5,950

南アルプス

諏訪近辺では気温が0℃になりました。
まだ10月なのにすごい冷え込みだね。そういや僕、冬用の上着は持って来て
ないですよ。心配だ。

只今の気温:0℃

<道の駅 小坂田公園>
「諏訪湖」の脇を通過し、塩尻までやってきました。

7:35 道の駅 小坂田公園

この道の駅って立ち寄るのは初めてです。
木々が紅葉を始めていました。寒いのでトイレ休憩だけ済ませてすぐに出発。
今日は天気がイマイチだなぁ…。

小坂田公園

塩尻からは国道19号で松本市方面に向かいます。
途中でちょっと道が混雑してきたので、松本の中心地を迂回するルートで国道158
号に乗りました。
ここからは「上高地」へとグングン標高を上げていきます。

上高地エリアへ

9:02、沢渡の駐車場を通過する。
沢渡はマイカー規制されている「上高地」に入る際にマイカーを駐車しておくエリア
。僕も去年「上高地⇒槍ヶ岳(3-26)」のときにはここに駐車してシャトルバスに乗り
換えました。

釜トンネル前

9:13 上高地分岐

「釜トンネル」からはマイカーは入れません。
あのトンネルの向こうが聖域「上高地」なのだ。
僕はトンネル手前を左に曲がり、平湯方面に進路を取ります。

この先の「安房峠」は長野県と岐阜県の県境の峠で難所のひとつです。
峠を車で越えることも不可能ではなけれど、ここは有料の安房トンネルを使っちゃい
ます。
全然所要時間が違うしね。
(有料道 \750)


<平湯大滝>

安房トンネルを抜けてすぐの国道158号沿いにある、100名瀑の1つです。
立ち寄るのは日本一周目以来の5年ぶりかな?

9:21 平湯大滝 駐車場

5年も経つと随分景観が変わっていますね。
まず、一番近い駐車場が有料で500円もするそうなので、少し離れた無料の駐車場
にbobByを駐車しました。
追加で5分ほど歩くことになったけど、500円の方が貴重です。

整備された敷地

この辺りから滝まではなだらかな坂を徒歩で10分くらいだそうです。
綺麗に整備されていて、BGMまでかかっていました。
昔はショボいトイレが1個あるだけで寂しい雰囲気だった記憶があるのだけど、今回
は周りにも歩いている人がたくさんいます。
※どうやら2004年に大規模な整備が行われたらしい。

しばらく歩き、平湯大滝が見えてきました。

平湯大滝&YAMA

平湯大滝は幅6m、落差64mの力強い滝。
ちょっと離れたところからしか見れないんだけど、肉眼だと迫力は充分に伝わってき
ます。


「平湯大滝」を出発し、国道158号を西へと走る。
次の観光は「飛騨高山」です。


<飛騨高山>
10:40 飛騨高山

ここも5年半ぶりかな?記憶を辿りながら、ハイライトである「上三之町」の古い町並
みを発見し、少し離れたコインパーキングにbobByを駐車しました。


<「ニ四三屋(ふじみや)」>
「鍛冶橋」のたもとにある、みたらし団子の屋台です。かなり有名なお店。
団子は一本70円なので購入しました。
(食費 \70)

ニ四屋のみたらし団子

焼きたての芳ばしいお団子です。みたらし団子っていうと甘いイメージがあるけど、ここ
のはサッパリした醤油ダレです。
うまーい。いくらでも食べれてしまいそうだ。


<宮川朝市>
「鍛冶橋」の反対側では宮川朝市が行われていました。
すごい人手です。民芸品や食料品など、いろいろある。チラッとだけ覗きました。

朝市

次は上三之町の古い町並みを歩きます。
江戸時代の景観をそのまま残している、商家の連なる通りです。
黒い木造の建物が両側に立ち並ぶ渋い町並みです。こういうスポット大好きだ。

この界隈は国の重要伝統的建造物群保護地区になっています。
「妻籠宿」・「奈良井宿」・「大内宿」とかもこれにあたります。

上三之町

土産物屋や蕎麦屋が多いほか、軒先では煎餅や飛騨牛の串焼き、飛騨牛のにぎ
りとかも購入できて食べ歩きが出来ます。
どこも賑わっています。人力車も通っていた。

町並みを歩く

「中橋」までを歩き、「陣屋前朝市」を少し見学してから来た道を引き返します。
今回は貧乏旅行だけど、せっかくだから飛騨牛を食べたいよね。
飛騨牛の串焼きを購入しました。
あと、飛騨牛入りのコロッケも買っちゃいました。

飛騨牛コロッケは半分だけ食べて、残りは夕食にしよう。
節約しなきゃ。
(食費 \400)

飛騨牛串&飛騨牛コロッケ

駐車場に戻り、出発。次は「白川郷」に行こうかと思います。
(駐車場 \200)


<道の駅 アルプ飛騨古川>
11:42 道の駅 アルプ飛騨古川

国道41号を少し北上したところにある道の駅で一旦休憩し、ルート確認をしてお
きました。でっかいさるぼぼがいました。

飛騨古川

国道360号を使い、西へと走る。
おそらくこの辺りは標高が1000mほど。かなり寒いです。
周囲は紅葉しています。残念ながら曇り空なのであまり見栄えは良くないけれ
ど。道は細いです。走っていてワクワクしてくるわ。

紅葉の中を走る

グネグネと標高を揚げていく狭い道の途中で、大きな空き地を発見しました。
ちょうどお腹が減っているので、ここでゲリラご飯にしたいと思います。


12:28 国道360号で自炊

今回のメニューはあらかじめ購入しておいた卵を使ってチキンラーメンです。
チキンラーメンって初めて食べた。簡単に作れていいね、これ。

自炊スポットとbobBy

チキンラーメンデビュー

20分ほどで片付けまでを済ませて再出発。

13:04に国道360号のピークである「天生峠」を越えました。
標高は1290mだとか。ツーリングマップルには『崖崩れによる通行止めが多い』
と書いてあったのでドキドキしていたけれど、通れてよかった。

道はさらに狭くなってきました。国道なのに擦れ違い困難な幅です。

狭い気がする

天生峠

ここからは「白川郷」に向けてどんどん下っていきます。
すさまじいワインディングの連続で、全然ペースが上がりません。
全然眺望も開けません。

しばらく下ったところで急に遠くの山々が見えるスポットが現れたので、路肩に
駐車しました。

看板と見比べる

…だそうです。
僕、あまり山には詳しくないので知っている山は無かったや。

再び文明の気配の無い山を下っていると、合掌造りの家屋が出現しました。
おぉ!もうすぐ「白川郷」なのかな!?
俄然テンション上がります!

合掌造り発見!

<白川郷>
ここに来るのはおよそ3年ぶりの3回目です。
冬以外で来るのって初めてだ。

しかしメインストリートは人でゴッタ返し、駐車場は満車。
今日は平日なのにえらい混雑っぷりです。
駐車場を探しながら走り、ようやく待ちのはずれくらいで1台分だけ空いている駐車
場を発見することが出来ました。

13:33 白川郷

急に晴れてきた!

さっきまでドンヨリ曇っていたのに、急に太陽が出てきました。
すると途端に空も青くなってくる。なんというラッキー!
早速白川郷の集落を散策開始します。

合掌造りの集落

白川郷は茅葺き屋根の農家が点在する世界遺産。
1995年い世界遺産に登録されています。

この傾斜のきつい三角形の屋根は、世界有数の豪雪から家屋を守るための構造
です。
農家の周りには水田が広がっている。当然既に刈り入れは終わっているんだけど
、夏場の稲の青々と茂っている様子もいつか見てみたいね。

最大級の和田家

観光する人々

次は「萩町城跡展望台」に歩いて登ります。
およそ4年前の「世界遺産・白川郷(2-31)」で初めてここに来たときにアプローチ
し、膝丈以上の雪を掻き分けながら大変な思いをして登った展望台です。

雪が無い時期でも歩いて15分かかる、かなりの急勾配の坂道です。
あのときとほぼ同じアングルで写真を撮っておきました。

展望台へと続く道

<萩町城跡展望台>
白川郷の萩町集落を一望できる高台です。
登ってきて疲れた。10分くらいかかった。足がパンパンです。

城跡へ到着

この高台は昔お城があった場所。今ではその名残はほとんど無く、小さな祠が
あるだけです。また、ここには世界遺産の記念碑が設置されていました。

下を見ると萩町の町並みが広がっている。
前々回は軽く吹雪いていてよく見えなかったし、前回はここには登らなかったの
で、ちゃんと見れたのはこれが初めてだよ。

展望台からの風景

展望台を下り、今度は国道を挟んだ反対側の集落を歩いて周りました。
ここから見る「庄川」の流れはとっても綺麗です。

白川郷を流れる庄川

メインストリートではお土産を購入しました。お土産はいつものように適当に2分で
選びました。
(土産 \530)

それからまたフラフラ散歩し、「白川八幡神社」で湧き水を4リットルゲットしてから
白川郷を立ち去ります。
いやー、今回来れて良かったわ、ここ。またいつか来たいね。
(駐車場 \500)

サンキュー白川郷

「白川郷」を出発。
実はここの世界遺産って正式名称が『白川郷・五箇山の合掌造り集落』といって、
「白川郷」だけではなく「五箇山」もあるんです。

「五箇山」も「白川郷」以上に好きなところなので行こうか本気で迷ったんだけど、
「五箇山」って富山県じゃないですか。
まぁここも岐阜県と富山県の県境に近いところではあるのだけれど、そろそろ日も
傾いてくる上、今回の目的地が京都だったことを思い出しました。
では、「五箇山」はまたいずれってことにします。

国道156号を南下開始。
すぐに知らない道の駅を発見したので立ち寄ってみました。


<道の駅 飛騨白山>
15:00 道の駅 飛騨白山

初めて来た!

すごく新しい道の駅だ。どうやら半年前にできたばかりらしい。
しかも温泉がついているよ。
なんだー、2006年に出来ていれば「中部北陸大暴走(2-73)」のときに不安な思い
をする必要は無かったのに。

僕、結構疲れている。
ここで仮眠しようかとか、温泉に入ろうかって考えたんだけど、念のため今日はも
う少し走っておきたいところ。
少し車内で休憩してから出発しました。

途中でガソリンを補給した。
(ガソリン \3000)


<道の駅 大日岳>

15:58 道の駅 大日岳

国道156号沿いにある道の駅です。
やべっ。3年前に続いて今回も「ひるがの分水嶺公園」をスルーしちゃったや。
数kmなので元気ならば全然戻れる距離なんだけど、まぁいいや。
次回の楽しみにしとこう。


<湯の平温泉>
3年前に立ち寄ろうとしてスルーしちゃった温泉です。
国道沿いかと思ったら、微妙に道を外れたところにあったのかぁ。

16:12 湯の平温泉

ここでお風呂にします。リベンジです。
すごく素朴でローカルな温泉。お湯はちょっとヌルヌルしてて湯上りはポッカポカ
。気に入ったよ。
(入浴 \500)

湯の平温泉

<道の駅 白鳥>
さらに国道156号を南下してきました。
今日は暗くならないうちにここで夕食にしよう。

17:20 道の駅 白鳥

貧乏なので手元の材料でご飯にします。
メインは「飛騨高山」で購入しておいた飛騨牛コロッケの残り半分です。
付け合せは家から持参したキャベツです。

包丁を忘れてきたのでどうやって千切りにしようか悩んだ挙句、調理バサミを持っ
ているのを思い出してハサミで千切りにしました。
結構荒々しい千切りになったけど、気にしない。

道の駅でご飯

近くに同じく自炊している車旅のおっちゃんがいたので仲間意識が芽生えた。
外食に頼らないように旅をするって安上がりだけど大変だよね。


国道156号を南下し、白鳥のループ橋に突入。
ここからは国道158号で西の福井県に向かいます。

白鳥ループ橋

じゃあここから県境の「油坂峠」を越えましょうかね、この時間のこの峠は結構
怖いよー…と思ったら、無料の有料道路があるのね。

無料ならば喜んで!

そんなわけで油坂峠道路を使ってラクーに福井県に入りました。
真っ暗な国道158号の「九頭竜湖」の湖畔を走ります。

ここ、かなり山奥。そして他に車が全然いない!
たまーにいてもすごいハイスピードで走っていて怖いわ。


<道の駅 九頭竜>
18:27 道の駅 九頭竜

越美北線の終着駅です。
今日はここで寝ます。まだ時間は早いけど、お疲れですので。
ここも3年ぶりです。3年前も夜だったなぁ。

ここには恐竜の実物大フィギュアがあります。前回は見つけられなかった記憶
があるんだけど、今回はスンナリ見つけられました。
なんで前回は見つけられなかったんだろう?雪が積もりすぎていたからかな?

恐竜親子&YAMA

しばらく駅構内でくつろいだり読書をした後、寝ることにしました。
bobByを車中泊バージョンにする。
今日は寒いので羽毛布団も出すよ。

ではおやすみ。


19:30 就寝

2008.10.30-31 支出:\5,950

Chapter.1  Chapter.2  Chapter.3  Chapter.4










お疲れ、bobBy