Chapter.1    Chapter.2

6.22
7:10 国道120号沿い駐車スペースにて起床

うわっ、寝すぎた。
ちゃんと4:00頃に一度起きたんだけど、雨が降っていたので二度寝したんだった。
5:30頃にも起きたような記憶があるけど、眠かったので三度寝したんだった。

すっかり辺りは朝になっていました。
でも、予想通り夜間は一度たりともこの駐車場に他の車は来ませんでした。

ちなみに天気は曇り。
しかし前方の「尾瀬」方面の山々は完全に雲の中。
あー…、きっとあそこは雨なんだろうなぁ…。

昨日の無理がたたってか、酒を飲んでいたからか、それとも悪天のせいか頭が重
く、テンションが上がりきらない。
まぁいいや。とりあえず出発だ。車内を片付け、出発。


7:45頃 出発

曇り空のドライブ

すぐに国道401号との分岐点が見えてきました。
昨日の朝も見た分岐点。北に行けば「尾瀬」。

しかし、今日はムリしないほうがいいな。僕らの装備では雨の尾瀬を攻略するのは
ちょっと危険かもしれない。
僕らがあの吊り橋を渡ってこの道を北に行くのはもう少し先の話になりそうです。

尾瀬はまた次回!

国道120号、通称ロマンチック街道を昨日とは逆方面に疾走。
「吹割の滝」の前とかをまた通る。
今日の最初の目的地はお風呂にしたいと思います。天気が悪いので温泉を楽し
もうかと思うんだ。


<道の駅 白沢>
8:20 道の駅 白沢

昨日の早朝に仮眠を取った道の駅です。
ここには「望郷の湯」という温泉施設があったのでそれを思い出し、立ち寄ってみ
ました。
しかし温泉が開くのは10:00から。残念、次の候補地に行こう。


<「初穂の湯」>
8:25 「初穂の湯」

「道の駅 白沢」の向かいに立ち寄り湯の看板が出ていたので来ました。
ゴルフ場の敷地内にある入浴施設で、かなり立派な建物。ホテル内の施設なの
かな?

従業員に何時から開いているのか聞いたら「6時から」だって。
だから準備したら「夕方6時からです」とか言われちゃったよ。
18時って言ってくれよな、今は朝なんだから!


「伊香保温泉」にでも行こうかなぁとか思ったんだけど、国道17号をゆっくりと南下
して神奈川方面に帰ることにしました。
沼田の中心地を過ぎる頃にはポツポツ雨が降ってきました。
あーあ、今日は雨かぁ…。


<「白井温泉 こもちの湯」>
国道17号を南下しているとき、渋川駅の近くで入浴施設の看板を見つけました。
さっそく寄り道してみます。

9:16 「白井温泉 こもちの湯」

ここって「日本の中心巡り(3-18)」で来た辺りだよね?
「日本のヘソ」を探して来たんだっけか。

温泉に入ります

料金はたったの250円。
シャンプーは無かったけど、露天風呂があるのがポイント高い。

風呂上りは無料休憩所でしばしノンビリとくつろぎました。
いやー、予定がないって素晴らしい。

まったりタイム

出発後、国号17号を引き続き南下。
群馬県の県庁所在地、前橋市を通過。

そろそろ小腹が減ってきているんですが、このまま国道17号をキープしている限り
、都市部ばかりなので自炊とかは出来ないかなぁ。

高崎市に差し掛かった際、さくらちゃんから「高崎観音」のリクエストが出たので参拝
していくことにしました。
国道17号からは少し離れるけど、標識がいっぱい出ているので迷うことはありません。
観音も巨大だから遠くから見えるしね。


<観音山公園>
11:25 観音山公園

丘の中腹にある駐車場にbobByを駐車。
ここからは歩きです。雨はそろそろ本降りになってきてます。カサを広げる。

土産物屋が立ち並ぶ

雨の中のアジサイ

10分ほどブラブラ歩いていると、丘の上の巨大観音が見えてきました。
正式名称は高崎白衣大観音っていうらしい。
高さは41.8mあり、近くで見るとビルのように高く聳えています。

高崎観音

急な坂道をさらに登り、「慈眼院」に到着しました。
屋根の下で雨宿りしながら観音を見上げます。

確か、この観音を間近で見るのって4年前のドライブ以来だっけか?
ほとんど記憶がなくなっていたので、新鮮な気分だな。

フレームに入りきらないほど

上の写真、下のほうに人が写っています。それと比べると、観音の大きさが少し
わかりますよね。
300円払えば胎内に入れるそうです。
胎内は9階建てで、上部まで行けば展望がいいらしいです。
晴れてれば、の話ですけど。今日は雨なので登りません。

参道を歩いてまた駐車場まで戻る。
結構お腹が減りました。本格的に食べることを考えないと…。


<群馬の森>
国道17号を南下し始めるとすぐに「群馬の森」っていう標識がありました。
こんな街中に森?
でも、言葉の響きから、ある程度広い無料の駐車場がありそうな気配がする。
国道から1kmほどしか離れていないので、ハンドルを切って群馬の森へと行きま
した。

12:23 群馬の森

樹林帯な芝生の広がる都会のオアシスみたいなところだそうです。
広大な駐車場の一番目立たないところにbobByを駐車する。

外はまだ雨が本降りだけど、ここでご飯を作ろうかと思います。
メニューは昨日のあまりで作る、トーストとウィンナーと目玉焼きです。

お昼ご飯

僕、日本の各所で車中自炊をやってきたけど、雨の中での自炊はこれが初めて。
今の愛車のbobByはトランクを開けたとき、そのままドアが屋根代わりになるので雨
の中でもそれなりに自炊が出来ることに気づいたよ。
以前の愛車の"サー君"じゃこれはムリだったもんね。これは便利。

およそ40分で片付けまでを終え、再び出発。
ここからは国道17号を離れ、県道13号を南下して秩父方面に抜けてみたいと思いま
す。目的は有名な「阿左美冷蔵」でのオヤツね。


<道の駅 ふじおか>
13:05 道の駅 ふじおか

関越自動車道の藤岡PAが合体している、珍しいタイプの道の駅です。
藤岡PAとしてだったら何度か使ったことが歩けど、道の駅としてのアクセスは始めて
かも。

道の駅の光景

土産屋をグルリと周る。さくらちゃんは昨日の宇都宮に続き、ここでもお土産を買って
いた。
えっと、僕はほとんどお土産は買わない主義なので、見てるだけです。
(でも土産物屋で試食はしまくります)


道の駅を出て、県道13号を南下し続ける。
信号のほとんど無い、山間の走りやすい道です。群馬県から埼玉県に入りました。

途中で標識が不親切で、目指していた「長瀞」の方向を見失ってパニックになったりし
ましたけど。
そしてオヤツを食べようと目論んでいた「阿左美冷蔵」も目の前を通過したのに気付か
なかったりしたけど。
疲れが溜まっていたのかなぁ?何度も行っている店なのに。


<「阿左美冷蔵」>
14:35 「阿左美冷蔵」

上長瀞の駅の近くにある、隠れ家的な雰囲気の氷のお店です。
ここでは冬の間に天然氷を作り、それをカキ氷にして食べることが出来るのです。

いつもは庭園のテーブルで食べるんだけど、雨だったからか、半分屋内みたいなとこ
ろに案内されました。
あれ?こんなスペースあったっけ?たくさんお客さんが入れるように拡張したのかな?

カキ氷のメニュー

シロップは全て手作りで、季節によってメニューが代わります。
だから毎回新鮮なのだ。

僕は「沖縄黒みつ」、さくらちゃんは夏限定の「氷紅茶」をセレクト。
僕が自分自身で食べてこのサイトしているメニューは、「黒みつきな粉」「モカキャラ
メル」「昔のキャラメル」、そして今回の「沖縄黒みつ」。
全部茶色!

氷紅茶&沖縄黒みつ

YAMAと店内の様子

ちなみに店内はそれなりに混んでいました。
夏場は行列になることもあるそうですし、真冬に来たこともあるけど、それでもひっき
りなしにお客さんが来るようなお店です。
上の写真はお客さんが入れ替わるスキを狙って撮ったので空いているように見える
のです。

カキ氷の量はかなり多いけど、天然氷なので頭は痛くならないし、フワフワなので、
あまり量を気にせずに完食できます。
…お腹はちょっと冷えるけどね。


上長瀞の駅にbobByを駐車し、「長瀞」を観光することにしました。
歩いて土産物屋の立ち並ぶ通りを抜け、渓流沿いまで行く。


<長瀞>
15:15 長瀞

渓流を進む小舟

およそ6kmの迫力ある岩畳が続き、ライン下りができます。
川の侵食で出来たこの地形は地質学的にも非常に貴重で、国の天然記念物に
なっているんだって。

ま、天気が悪いので幻想的ではあるけれど、あまり見栄えはしません。
雨のせいか、川が濁っているし。
紅葉の時期がオススメです。渓流沿いが真っ赤に染まります。

長瀞の渓流

次は国道140号を秩父方面に走ります。
途中で「和銅遺跡」の標識が出てきた。
ここいらは日本最古の貨幣である"和同開珎"の発見現場なんです。
以前から知っていたし、何度もこの道を走ったことはあったけど、意識したことは
なかった。
せっかくの機会なので、今から行ってみようか。

国道140号を反れ、いきなり狭い上り坂になります。

なんだか狭いな

こういう観光スポットって好き。ほとんど誰も気に止めることがなく、僕自身もまったく
知らないところを開拓できるってワクワクする。


<和銅遺跡>
15:58 和銅遺跡駐車場

駐車場に到着

うん、なんか写真の左端の部分が駐車場だそうです。
狭っ!

車を降り、カサをさして和銅遺跡の入口へと向かいます。
どうやら遺跡へは山道みたいなところを歩かなければならないようだ。
結構ぬかるんでるので雨の日はシンドいっす。でも歩くけどさ。

山道を歩く

歩くこと数分、突如目の前に巨大な和同開珎のモニュメントが登場しました。
高さ5mもある記念碑です。

和同開珎登場!

銅を発掘していた現場そのものはここからさらに奥なのですが、急な登り坂に
なるみたいなのでさすがに雨の日にカサをさしながらでは危険。
モニュメントも見れて満足できたことだし、ここで引き返すことにしました。

また山道を歩いて駐車場まで戻り、bobByに乗り込む。
ひとまず今回のドライブの観光はここで終了にします。
あとは神奈川に向けてゆっくりと帰ろう。

国道140号を引き続き南下し、秩父の中心地に入る。


<道の駅 ちちぶ>
16:35 道の駅 ちちぶ

いやー、結構土砂振りです。駐車場からトイレまでダッシュ。
あと、ここには「ちちぶの水」という湧き水があったので、ズブ濡れになりながら
も飲んでみました。

道の駅

ちちぶの水

秩父から国道299号に乗る。
雨の降る峠道を走るんだけど…、もうかなり眠いです。
意識が飛びそうになる…。

17:45 狭山のコンビニ

ちょっとここで仮眠を取ります。

18:00 起床

15分だけの睡眠だけど、ちょっと頭がスッキリしました。
さらにコーヒー、激辛スナック、栄養ドリンクをコンビニで購入。
これで臨戦態勢はバッチリです。車内で音楽をガンガンに流し、残りの行程を
頑張って乗り切ります!

横田基地の横を走る

無事に国道16号で相模原市に帰ってきました。

19:20 相模原市某所でさくらちゃんと解散

20:50 帰宅


当初の目標だった「尾瀬」には行けなかったけど、それを補って余りある楽しい
ドライブでした。いろんなトコに行けたし。
早く梅雨が明けて大好きな夏が来ないかと、待ち遠しいね。

さて、今週末は「八重山諸島」に一足早い夏を感じに行こうかな。

bobBy、ライトアップバージョン

Chapter.1    Chapter.2