西日本一周旅

2007.10.25-11.5
走行距離:5200km
実行人数:1名

なんだか久々の車中泊&自炊の旅!
横浜から西日本をグルリと走ってきました!

本土最南端佐多岬にて
北緯31度線を越える








10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10月25日 「禄剛崎」の章

…前回の冒険からどれだけの季節が流れてしまったんだろう。

気付けば僕らしい旅、車中泊や気の向くままに走りながら景色を眺めて過ごす旅を
ずいぶんやっていないことに気付いた。
ひょっとしたら「日本の中心巡り(3-18参照)」以来かもしれない。

やっぱ僕には車が無いとね!
久々に愛車の「サー君」に本格的な車内生活用品を積み込む。

さぁ、どこへ行こうかな?
休みが正式に確定したのが出発日当日なので、全然決めていません。
東北の紅葉も捨てがたいけど、今回はいくつか既に用事のある西日本に絞って
ゆったり走って来たいと思います。


<今回の目標>
全行程車中泊・最低1日1回自炊・コンビニ立ち寄り回数ゼロ・飲料代ゼロ


さぁ出かけよう!冒険の舞台へ!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10.24
いつもの通り、深夜初で出かけたいと思います。
職場から帰宅後に準備を整える。
まずは能登半島に行こうかなぁ。

西日本に向かうのに能登に行くのは全然方向が違うけど、能登半島最先端の
「禄剛崎」に立ち寄りたいのです。
以前せっかく行ったのに日が沈んで暗くなっちゃって灯台を見ることが出来な
かったので、どうしてもリベンジしておきたいのです。

23:20 横浜出発


昨日は終電近くまで飲んでいたので、既にかなり眠いです。
しかし深夜のロケットスタートがうまくいくかどうかで今後の展開に大きく影響する
のでここは頑張ります。


10.25
00:02 東名高速 横浜町田IC

貴重な旅の時間、近所でノロノロ時間を使っている場合ではないので、まずは高速
で一気にワープします。


2:30 浜名湖SA

もうすぐ愛知県です。
もう眠いのでここで一旦仮眠を取ろうかと思います。
しかし今回は体力無いやね。
普通は岐阜県の養老SA、調子がよければ滋賀県の多賀SAまで一気に走れるのに。

でも雨が降ってきたのでちょうどいいか。
…雨が降るだなんて聞いてなかったけどね。ショック。

2:40 仮眠


5:00 起床

少し寝すぎました。でもまだ死ぬほど眠いです。
まだ真っ暗だけど、静岡県なんかで朝を迎えてたら今日中に能登半島を回れなくなっ
てしまうので走り出します。

米原JCTから北陸道に乗り、琵琶湖に沿って北上します。
…どうでもいいけど、このルートって相当遠回りだよね?
何やってるんだ、僕。
やっぱり眠くて判断力が落ちているのかな?関越道を使えばよかったかな?


旅バージョンの愛車「サー君」

北陸道での朝日

なんだ、やっぱり今日は晴れではないか。雲ひとつ無いいい天気だよ。

7:24 南条SA

ここで給油します。リッター140円台後半?もう最近高くてやってられないですよね。
リッター3kmのサー君には辛い辛い。破産しそうです。
(ガソリン \9860)

再び走っていると美川の町で気になるオブジェ(?)が…。

2007.10.24-25 走行距離:1,003km 支出:\28,988

『美川 県一の町』…!?

美川県一…。
あのー、これって狙ってやってるんですよね?
美川憲一と掛けてるって解釈でいいんですよね?

しかしこの写真、どっかの日本一周サイトで見たことあるなぁ…。どこだったかな?
尚、この文面の意味は後日ネットで検索したらいろいろ出てきました。
気になる方はどうぞ検索してみてください。


8:30 徳光ハイウェイオアシス

日本海が近くに見えます。晴れていて気持ちのいい景色です。
暑くもなく寒くもなくて過ごしやすいし。

日本海は穏やかでした

このハイウェイオアシスには展望台があるので登ってみましたよ。

ここまで来たら…、もちろんあそこを走ります。
「千里浜なぎさドライブウェイ」!この天気だったら行くしかないでしょ!

8:52 金沢森本IC
(高速代 \8000)

ICを降りた途端に反対方向の「兼六園」の方に行ってしまうというボケもありましたが
なんとか見覚えのある国道159号に乗り、北上。
確か「千里浜なぎさドライブウェイ」に突入できるのは今浜からだったよね?


<千里浜なぎさドライブウェイ>
波打ち際ギリギリの砂浜を車やバイクで走行できる珍しいスポット、それがこのなぎさ
ドライブウェイです。砂が固く締まっているのでよほど海の近くに行かない限りは安心です。
しかも無料なんです、ここ!

さぁ、いつものところから突入します!

砂浜に入ります

9:42 千里浜なぎさドライブウェイ

うおぉぉぉー!今回は最高のロケーション!
過去には砂が乾きすぎててダカールラリーみたいに舞い上げたり、はたまた調子に乗って
波打ち際に近付きすぎてタイヤを取られて皆で車を押したりといろいろありましたけど、今日
は過去最高です。
きっと昨夜若干降った雨がいい具合に砂を固めてくれています。

なぎさ独り占め!

しかも平日の午前中。周りに全然車がいません。
もう好き勝手蛇行しながら走れます。楽しすぎ!

しばらく走ってからサー君を駐車し、ドア全開でしばらく潮風に当たりました。
あー、気持ちいい。このまま昼寝したい。

サー君にはオフロードが似合う

大満足で千里浜を出たら、国道249号に乗って能登半島を北上します。


<道の駅 ころ柿の里 しか>
ちょっとここでトイレ休憩&ルート確認を行います。

10:20 道の駅 ころ柿の里 しか

このあとはどこを見ようか。
能登の西海岸、いわゆる「能登金剛」は奇岩や絶壁の連なる名勝が豊富でして、
「関野鼻」「巌門」「鷹ノ巣岩」「機具岩」「ヤセの断崖」「義経の舟隠し」…、それこそ
半日や一日くらいは充分に使えるほど見所が多いのです。

今まで写真に撮ったことのない「機具岩」は行くとして、他のスポットは行ったこと
あるから全部スルーしようかぁ…。
でも今日は快晴だし日本海は最高に穏やか。もったいないかなぁ、どうしよう?

悩みながら運転する。
すると国道沿いに出てきた『← 巌門 1km』の標識。
思わずハンドルを切っちゃいました。

巌門、駐車場が混んでいて有料だったような記憶があるけどどうだったっけ?
でも久々なので有料でもいいや、行っちゃえ!


<巌門>
10:42 巌門

記憶違いでした、駐車場は無料でした。来て良かったわ。
断崖近くの遊歩道を散歩しながら海岸へと降りていきます。
海がとても綺麗です。

岩場を歩く

えーと、それで有名な穴の空いた岩はどこだっけ??
場所忘れたわ。
実は巌門に来るのって7年以上ぶりなんですよ。
他の能登金剛はその後にいろいろ周っているけど、巌門は初めて車で能登半島まで
走ったときに寄って以来です。

ウロウロしてなんとか見つけました。
そうそう、一度洞窟みたいなところに入って、それを抜けると巌門の正面に出るんだった。

巌門、デカイ!

幅6m、高さ15m、奥行き60mあるそうです。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、大きすぎてファインダーに収まりきれなかった
ので、かなり遠くから撮影しています。
洞窟の向こうに見えているのは観光船です。


車に戻る。いい天気なので車内に入ると熱気でムワッとしました。
ヤバイね、この季節なのにこんなに暑いなんて。
上着とか、持ってくる必要なかったかな?思わずクーラーを入れてしまいました。


<機具岩>
前回は国道を走りながら車窓から見るだけだったこの岩。今回はちゃんと立ち寄ります。
国道を標識に沿って少し反れると駐車スペースがありました。

11:07 機具岩

機具岩(はたごいわ)

機具っていうのは布を織る、織り機のことです。
そう見えるかどうかは置いといて、なかなかいい形で見とれます。


出発してすぐに「道の駅 とぎ海街道」の標識が出てきます。
今回はスルーするけど、ここにはギネスにも乗っている「世界一長いベンチ」があるのです。
2006年の1月、豪雪の中をドライブしたときに座った思い出の地です。

<道の駅 赤神>
11:34 道の駅 赤神

芝生とベンチが綺麗な道の駅。トイレだけ寄ります。

このあとしばらく海の見えない道を行き、輪島で再び日本海沿いに出る。
もうすぐ白米町です。
実は、白米の「千枚田」も今回の能登の目的のひとつなのです。
以前は夜で見えなかったので初めてかも。ワクワク。

世界一長いベンチ、今回は寄りません

<道の駅 千枚田ポケットパーク>
<白米千枚田>

12:29 道の駅 千枚田ポケットパーク

着いたー。そして道の駅のスペースから千枚田を見下ろす。
おぉーー、すごい!!

もうすぐ千枚田です

田んぼがいっぱい!

海に面した傾斜に段々に田んぼが形成されています。
全部で1004枚あるそうです。一番小さい田んぼは0.2平方mしかないんだって。

もう稲の刈り入れは終わっちゃってて写真映えは劣るかもしれないけど、見れて
良かった!感動!


<窓岩>
曽々木海岸にある奇岩です。
走っていたら標識が出ていたので立ち寄りました。ここは初めて知りました。

12:50 窓岩

真ん中に穴が空いています

合掌しているかのような独特の形の岩ですね。
これも遠くから見ているので実際はかなり大きい岩です。
あの穴、人1人くらいは通過できるんじゃないかな?


いよいよ能登半島最北端の「禄剛崎」が近付いてきました。
この禄剛崎に行くにはずっと走ってきた国道249号を離れ、県道28号の狭い道を10km程
進みます。
見えてきました、2006年の初頭に行けなかった灯台への遊歩道が。


<禄剛崎(ろっこうさき)>
13:25 禄剛崎

(駐車場 \320)
げげっ、こんなところでも駐車場は有料なんだぁ。最突端代ということかな。
サー君を停め、駐車場のおばちゃんとしばしお話をする。
灯台へは坂道を10分ほど歩ったところにあるらしいですね。じゃ、行ってきます。

灯台へと続く坂道

割りとキツイ傾斜の坂道だけど、空が青くて暖かくて散歩にはちょうどいいです。
周りにはほとんど人がいないし。

坂道を上がり、開けた芝生地帯に灯台以外にもうひとつの目的だったものがありました。
うん、あれだ。間違いない。


<日本列島中心の碑>

『日本列島ここが中心』!

うん、ここにも日本の中心があったのです。
「日本の中心巡り(3-18参照)」で数ある日本の中心を洗い出したときにここの存在も知り、
来てみたかったのですよ。
でもなんでここが日本の中心なのかはどこにも説明書きがなかったな。

とりあえず乗ってみた(←?)

で、ここからもう灯台は見える位置にあります。
能登半島最北端の禄剛崎灯台。ようやくリベンジすることが出来ました。

禄剛崎は能登半島最北端の碑と日本列島中心の碑の2つがあるから、僕のように
端っこと真ん中マニアにとっては一度で二度おいしいスポットだよね。ヤッタ!

白亜の灯台

雲ひとつ無い青空が広がっている。
白い灯台がよく映える。

でも、灯台を観光していた人が「明日は雨かもしれない。外浦のほうが少しガスっている
からね。」と言っていた。
えーっ。雨は嫌なんですけど。
こんなに晴れているのに明日は雨?
確かに昨日見た天気予報でも雨だったけどさ、この今日の天気からでは想像つかないよ。


また歩いて駐車場まで戻る。
そうだ、駐車場のおばちゃんに日本中心の碑の意味を聞いておこう。
日本の中心っていうのは各所にあるんだけど、それぞれ定義が違っているのでそれを
知っておきたいんだ。

YAMA: 「あのー、灯台の横に日本列島の中心の碑があったけど、なんでここが日本の
 中心なんですか?」
おばちゃん: 「ニホンレットウチュウシンノヒ??」

…ダ、ダメだ。
おばちゃん、案内所の人なのに全然わかってないわ。
何度か説明してどういうものがあったのかは理解してもらったけど、碑の存在自体を
今まで知らなかったというから日本列島中心の理由なんで聞きようが無かったわ。

記念にパンフをもらったけど、それにも書いて無かったです。

※後日調べたところ、国土地理院が定めた日本列島の重心が日本海にあり、陸地と
  しては禄剛崎が一番最寄り。だから日本列島の中心、という定義だそうです。

そういやおばちゃんと一緒に資料をひっくり返しているとき、案内所に「能登半島最北端
到達証明書」が貼ってあることに気付きました。
でもここでは売ってなくて、最寄の郵便局で105円だって。
僕は現地で買える証明書しか買わないので購入しませんでしたけど、証明書マニアの
方は忘れずにどうぞ。


<ゴジラ岩>
14:09 ゴジラ岩

県道28号をまた戻っているときに立ち寄りました。
…てゆーか、行きのときはあえてスルーしてしまいました。
いくつかのサイトで見たことあるね、このゴジラ岩。

ゴジラの後姿

予想よりも全然小さかったです。
チビの僕に小さいと言われるんだから相当ですよ、これは。

あまり近付かずに遠くから写真を撮ったので、もうちょっと角度を工夫すればよりゴジラ
になるかもしれません。興味のある方は試してみてください。


これで能登半島の外浦は走り終えました。
内浦は何度か走っているし、今日の目的はもともと禄剛崎なので、内浦観光はしません。
能登半島を脱出し、近畿地方に向かいます。

また同じ道を戻るのもなんだかなーと思うので、能登半島のド真ん中を突っ切ってみよう
かと思います。
国道249号を内浦方面に向かい、山間部で「珠洲広域農道」に入りました。

おー、この道は気持ちいい。
農道だけど綺麗で2車線、信号も交通量も無くてスイスイ進めます。
唯一の欠点は展望が開けないことかな。

山間部をスイスイ走り、途中で勢いあまってヘビを踏みつけました。
気付いたときには遅かった。サー君のタイヤに踏まれるのは非常に痛いと思う。ゴメン。


<道の駅 桜峠>
14:50 道の駅 桜峠

気温が表示されていました。25℃だって。暑ーっ!
外でこれだから、車内はもう30℃を余裕で越えてますよ。


なんだか道なりに走っていたら、穴水で能登道路に乗ってしまった。

15:00 能登道路 穴水IC

無料区間だろうと最初から踏んでいたので良かったんですが、その後の有料区間直前
で逃げようとしてもいまいちルート決めがうまく行かなくてね。
いっか、しばらく有料道を使っちゃうか、ってなりました。

能登道路快走中

今日はサー君の燃費が良くて、リッター5km行ってそうな気がするから浮いた分って
ことで使っちゃいます。
明後日には山口県にいたいしね。
でもバイパスを使うのはいいけど、北陸道みたいな高速には乗らないように心がけるぞ
、と妙なポリシーを持ちながら走る。

16:00 高松IC
(通行料 960)

高松っていうのは今朝に走った「千里浜なぎさドライブウェイ」の入り口よりちょっと南
に位置します。
ようやくなんとか能登半島を脱出できたってカンジですね。

山陰や九州方面に行きたいのに能登半島を周るなんて、相当非効率でしたね。
でもまぁいいや。行って良かった。

日が短い!

あれ!もう日が傾いています!
上の写真を撮ったのは16:25なんですけど、もう太陽のヤツ、一日を終えたそうな
テンションです。
参ったなぁ、もっと観光したいのに。
この日没時間は今後の参考にしなければならないな。

(ガソリン \9348)

カラスの大群

17:30には完全に真っ暗になってしまった。
こうなると次に決めるべきは、メシ・風呂・寝る、です。

車中泊で毎晩自炊する予定なので、居心地のいい道の駅を見つけたい。
しかしまだ金沢を過ぎたばかり。『美川県一の町』とかだし。
都内なので道の駅がありません。

どこまで行けば道の駅とお風呂があるんだろう?
ツーリングマップルをめくっていると、東尋坊の近くに温泉があり、さらに南に道の駅
がある。
よし、そこまで行こう。


しかしここからが大変でした。
もう空腹だわ眠いわで判断力がほぼゼロ。
それでも国道8号から『東尋坊 →』の標識を見つけて国道305号へとハンドルを切った
んだけど、なんだか気付いたら狭い道に迷い込んでて、気付いたらまた国道8号に出
ちゃった。
しかもここ、30分くらい前に走っていた場所だし。

もう一度やり直す。今度は意識して慎重に…。

また迷いました。別のところで。
どこだよここ。もう疲れているからカンベンしてほしいですよ。
標識が足りないよ。
なんか大聖寺の駅前とか3回くらい来ちゃってるし。
テンパって近くの商店に駆け込んで道を尋ねたし。


<東尋坊>
なんやかんやあってようやく辿り着きました。
あ、もう真っ暗だし目的地は東尋坊の近くの温泉なので東尋坊自体に用は無かったの
ですが、これだけ疲弊させてくれたので悔しくなって来ちゃいました。

19:00 東尋坊

ノラ犬に吠えられたりしながら暗い商店街を歩き、いつも写真を撮っている「東尋坊」の
立て札のところまで来ました。

疲労困憊、東尋坊

当然真っ暗で何も見えませんけどね、いいのです。
立ち寄るつもりじゃなかったし、綺麗な東尋坊は過去に見ていますので。
ちょっと散歩が出来て夜風に当たることでクールダウンできてよかったです。


<三国温泉ゆあぽ〜と>
19:28 三国温泉ゆあぽ〜と

お風呂でリフレーッシュ!
しかし空腹。今日はまだご飯食べてないし。あんまりお風呂でゆっくりしているとブッ倒れ
そうになるので、少し早めにあがりました。
(入浴 \500)


<道の駅 みくに>

温泉のすぐ近くなので、一瞬で着きました。

20:31 道の駅 みくに

ここで自炊します。今日はパスタにしよう。
持参したパスタを車内で茹でます。茹で始めた途端に見回りのパトカーがすぐ脇を
ゆっくり通過したりしてビックリしたけど、問題なし。

パスタソースをブッかけて、明太パスタの完成です。

綺麗な温泉でした

車内で自炊

毎度のことですが、作りすぎました。
あんまり体が受け付けてくれません。しかし現在僕は明らかにカロリー不足。
明日を元気に過ごすためにもちゃんと食べますよ。

食後の片付けをし、地図を見ながら風に当たってしばしボンヤリします。

明日は営業時間内に新しく世界遺産になった「石見銀山」に行きたい。
確か島根県だよなー。島根県のどこだ?ゲッ、かなり西のほうじゃん。
明日中に行けるかな?

しかも明日の夜には山口県か、その直前までは走っていたい。大丈夫かな??
寝る前に山口県で会う予定の旅友に電話をする。



21:30 就寝

2007.10.24-25 走行距離:1,003km 支出:\28,988

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬