2007.10.30 走行距離:349km 支出:\11,856

10月30日 「佐多岬」の章

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

<道の駅 いぶすき>
5:50 起床

空が明るくなり始めました。
今日は日の出直後くらいに薩摩半島最南端の「長崎鼻」に着いていればいいや
って思うのでゆっくりペースでよいのです。

6:05 出発

指宿まで来ているのでもうあとは国道226号を下れば「長崎鼻」への標識が出て
いるので楽勝です。

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

2007.10.30 走行距離:349km 支出:\11,856








正面には開門岳

薩摩富士こと、「開門岳」が正面に聳えていて素晴らしい。
屋久島に向かい飛行機の中から見た夕日の中の開門岳も最高だったけど、こうして
自力で運転して薩摩半島の南端まで来るとまた違った感動です。


ここでJR最南端の駅である「西大山駅」の標識が出てきます。
確か沖縄にモノレールができる数年前までは日本最南端の駅だったんだっけか?
前回はこの標識に沿って駅に行こうとしたけど細い道に入り込んで迷ってしまったん
でしたね、僕。
今回も行かなくていいや。
駅(っていうか公共機関)にはそんなに興味は無いのです。

JR日本最南端の駅

<長崎鼻>
6:37 長崎鼻

薩摩半島最南端の岬です。
土産物屋が設置している無料駐車場から歩いてまだシャッターの閉まっている商店街
を抜け、両側に海の広がる先端部分にやってきました。

長崎鼻と開門岳

海の向こうには何も遮るものがない開門岳が見えています。
いいねー!ちょっと雲が多い天気だけど、それもそれでいいねぇ。

後ろを振り返ると、海から少し遅い朝日が昇ってきて辺りを照らし出しました。

今日も晴れ…かな?

しばらく海岸に佇んでいたけど、あんまり遅くなるとまた道路が混み出すか?
鹿児島中心部に向けての出勤渋滞が始まって、昨日の夕方みたいにギューギュー
になってしまうかもしれないな。

今日は大隈半島最南端、つまり本土最南端である「佐多岬」の往復に時間をかなり
使う予定なので、テキパキと桜島に渡ってしまおう。

この近辺は「知林ヶ島」とか「砂風呂」とか、あと先日のんたんに「行けたら行くよ!」と
宣言していた「知覧特攻平和会館」とかがあるんだけど、全部まとめて次回に回したい
と思います。

最後に開門岳を振り返り…

で、やっぱりこのあと鹿児島駅に向かう道で渋滞に巻き込まれました。
逃げ道ないしねぇ…。
それでも昨日の夜に比べれば全然車は流れている方だな。

そうこうしているうちに日が登り、雲の多かった空も快晴の兆しを見せてきました。
これはラッキー!

鹿児島中心地に入るまでは車窓から青空を見たり、「谷山緑地」のトロピカルな植物
を横目で眺めたり、ツーリングマップルを見て「桜島」での立ち寄りスポットを考えたり
、読書したりとそこそこ充実した時間を過ごしました。
今朝も渋滞です
車窓からの「谷山緑地」

8:57 鹿児島港

わりと時間がかかりました。9:00までには港に着いていたいと思っていたので、
ギリギリでした。
今日はここから桜島にフェリーで渡ります。

前回は長崎鼻からまた鹿児島湾をグルリと周って桜島に行ったので途方も無い
時間がかかりましたけど、今回は使えるものは使ってしまうスタンス。
その方が時間もお金もお得です。
あ、いや、料金はいくらか知りませんけど、サー君の燃費と原油高を考えると、
確実にお得なはずだ。

鹿児島港

前の車に続いて港内を進み、そして船内へ…。
…ってアレ?
手続きとか無いんですか?車検証を見せたり書類記入とか無いんですか?
てゆーか、お金払ってませんけど??

とにかく乗ってしまいました。

フェリーに乗り込む

デッキに出て出航するのを待ちます。
船旅って短くてもワクワクしますよね、大好きです。

9:10 出航

デッキを風を受けながら波間を眺めてました。今日も暑くなりそうだなー。

いざ、桜島へ!

桜島は強烈な逆光の中。
だから思ったほどフェリーからの眺めは良くありません。
こりゃ上陸後も見る角度を考えないと見栄えが悪いかもね。

近付く桜島
…と一通りデッキを見学し終えたあと、トイレに入りました。

そしたら『まもなく、桜島港に到着します』のアナウンス。
早えぇぇー!
15分で着いちゃうんだね!すっごく近いんだね!慌ててトイレから飛び出した。

9:25 桜島港

車に乗り込んでフェリーから降り…、あぁ、ここでお金を払うんだね。
港から出るところに高速道路の料金所みたいなのがあって、そこでお支払い。
(フェリー代 \1480)


桜島に上陸しました。
最初に向かうは桜島の噴火口を最も間近で見ることのできる「湯之平展望所」
です。




<湯之平展望所>
9:37 湯之平展望所

桜島岳の4合目に当たる展望所。眼前には桜島の南岳がドカンと聳えていて
迫力満点です。
太陽がもう少し西にあれば山肌が綺麗に見えそうなんだけど、まだ朝だから
しょうがないか。
桜島を登る!
荒々しい桜島

山を下って桜島の外周を走りながら「埋没鳥居」でも見ていこうかなぁと思っていたら
、「有村溶岩展望所」っていう標識が出てきたので入りました。
ここ、昔からあったっけ?今回初めて気付いたよ。


<有村溶岩展望所>
10:09 有村溶岩展望所

ここは島の東側なので、この時間なら桜島岳が青空をバックに見ることができる。
しかしすっごいいい眺め!
溶岩のゴロゴロした遊歩道を歩きながら、向こうには噴煙を上げる桜島岳。
ここに来て良かったー!

噴煙上げる桜島

最高な気分です。噴煙が雲になるさまがクッキリと見えます。
溶岩の間の遊歩道を数100m歩き、小高い展望所に辿り着きました。

桜島岳との間に遮る物がない絶景。
ちょうどタイミング的に観光客もいなかったので超ハッピー。
最高に幸せな時間を過ごしました。

桜島&YAMA

このあと、嬉しすぎて行きたかった「埋没鳥居」に立ち寄らずに島を出てしまいました。
ま、いっか。大満足したよ、桜島。

そんなわけで大隈半島に入りました。
ここからは鹿児島湾を右手に見ながらひたすら南下し、「佐多岬」を踏む予定です。
その前にガソリンを満タンにしておかねば。
(ガソリン \8828)


淡々とシーサイドを走る。車内は今までで最高の猛暑です。
こりゃ上着は要りませんね。Tシャツになっておこう。


<道の駅 根占>
11:42 道の駅 根占

「佐多岬」に一番近い道の駅です。とは言ってもここから岬まではまだまだ距離がある
けど。前回は岬からここまで知り合ったお姉さんと一緒に走ったんだっけ。

南国チックな道の駅

海沿いの国道からややグネグネ道の県道68号に入る。
さらにその道を走ると、ついに「佐多岬ロードパーク」に入ります。

「佐多岬ロードパーク」、以前は1000円もかかるボッタクリ道路として有名だったり、
チャリや徒歩では入れないから本土最南端を目指すチャリダーや徒歩ダーからは
クレームの嵐だったり、しかも夕方には料金所が閉まっちゃったりで大変な道でした。

僕らもその昔、たったの7分遅れで本土最南端を踏めなかった苦い記憶がありますし。
しかし2007年4月から無料開放され、うれしい限り。


<佐多岬ロードパーク>
12:22 佐多岬ロードパーク

本土最南端は目前

もともとボロかった料金所は使われなくなってさらにボロくなっていました。

経営不振でこの道ごと閉鎖してしまおうという案が2003年の末くらいに出てさ、
そのニュースを聞いたときに憤慨したりもしました。
管理が行き届いてなくて道もちょっと荒れているけど、僕はこの道が好き。

ソテツだとかガジュマルだとかフェニックスだとか、熱帯植物生い茂る中を縫う
ように走れるのが面白い。ゆっくり景色を眺めながら走ります。

ガジュマルの下をくぐる
北緯31度線はカイロと同じ緯度

海のそばではあるんだけど、起伏のあるジャンブルの中を進むかのような道。
そばを蝶が飛んでいる。
もう日本じゃないみたいな気分です。暑いしさ。


<佐多岬>
12:35 佐多岬駐車場

着いたー!本土最南端!!久々!
今回は「本土最南端の電話ボックス」も写真に収めておきます。
この電話ボックスには、
『日本本土最南端の電話ボックスです 旅の思い出に声の便を伝えてください』
って書いてあります。

駐車場の大ガジュマル
本土最南端の電話ボックス

ここから岬の展望台までは歩いて15分ほどです。
先端部分へと向かうトンネルの入り口の受付で料金を払う。
(見学料 \300)

今までは佐多岬ロードパークで1000円、ここで100円取られて合計1100円だったのが、
現在はここの受付での300円だけになってます。
800円も安くなったんだ。

もう夏なんじゃないのってくらいの気温の中、汗をかきながら歩きます。
意外とアップダウンありますから。

熱帯植物を掻き分けて

実は昨日の「日本一の石段」の影響ですっごい筋肉痛だったりするのですが、この
トロピカルな雰囲気を楽しみながら楽しく岬の展望台まで辿り着くことができました。

12:50 佐多岬

本土最南端 佐多岬

木々が生い茂り、海もキラキラしています。
ちょっと南の方がガスっちゃってて景色が見えないのが残念だけど。
空気が澄んでいると屋久島や種子島も見えるんだけどなぁ…。

それでも天気のいい暖かい日にここを踏めてよかった。南国を味わえました。
また来た道を戻り、受付で本土最南端到達証明書を買いました。
前回は買ったのはステッカーだけだったので、証明書は初めてのゲット!
(証明書 \105)


随分とお腹が減ってきたので、いきなりですが自炊に取り掛かります。
定番のトースト・目玉焼き&ウインナーです。

焼いてます

気付けばもう13:30を回っている。
もう朝ごはんっていう時間じゃなかったね。随分お腹減ってたわ。


そして、本土の最南端を踏んだので、この旅もここから折り返しとなります。
今までは西へ西へ、南へ南へと走ってきたけれど、ここからは北と東がメインと
なります。
でも、まだまだ旅は続くからね。


ゆっくりとまた佐多岬ロードパークを戻ります。
もう佐多岬で満足しちゃって、次にどこに行くか決めてないんだけど、まぁいいか。

ロードパークを戻る

ロードパークを出て県道68号をまた北上して戻ろうとしたとき、例の有名な宗谷岬
までの標識がありました。
あぁ、ここにあったか。前回は気付かなかったよ。

宗谷岬まで2700km

本土最北端、宗谷岬まで2700kmだそうです。
ここは北緯31度だけど、宗谷岬は北緯45度。
同じ日本なのに亜熱帯と亜寒帯だよな。
北も南も好きだけど、来年の夏は北海道を走りたいな。


この後の予定なんですが、迷っています。
なんとなく「鵜戸神宮」とか「堀切峠」・「青島」あたりを観光したいのですが、今から
だと間に合うか微妙。できればちゃんと日が出ているときに行きたいな。

飫肥に行こうか、飫肥天を食べたり城を見たりしようか。うーん。
それとも、猛ダッシュをかければ「都井岬」に日没までにつけるかな?
でもあそこは料金を結構取られた記憶があるし、そのパターンは前回もやったしな。

迷った挙句、日南の観光は明日に回し、今日はダラダラ海岸線でもドライブするか
ってなりました。
国道448号を東に入り、大隈半島を横断します。
この道って初めてだったよね…?信号が無くてなかなかの快走路です。


大隈半島の東海岸に出ると、迫力のある断崖絶壁が迎えてくれました。
交通量もほぼ皆無で、走っていて楽しい道だね。

海沿いの断崖

<内之浦宇宙空間観測所>
15:19 内之浦宇宙空間観測所

ここは観測ロケットや人工衛星を発射している基地なんだって。
日本初の人工衛星「おおすみ」もここから打ち上げられたんだそうだ。

山の上には大きなパラボラアンテナが立ち、施設の前にもアンテナがあります。
ここは…見学できるのかな?ま、でも今回はこのまま通過しようか。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<ロケットの見える丘>
15:43 ロケットの見える丘

さっきの巨大パラボラアンテナを遠くに眺めることのできる、峠の駐車場に到着
しました。
いや、それよりもここで目に入ったアンテナがカッコよくてちょっと興奮した。

人工衛星追尾用アンテナ

一見オモチャみたいな色調ですけど、れっきとした本物です。
上を向いている方が400MHz、横を剥いているのが136MHzの自動追尾空中線装置
なのだー!
うん、全然意味わかんない。

どうやら日本初の人工衛星である「おおすみ」の電波受信に一役買ったらしいです。
ちょっと離れたところには、その「おおすみ」のレプリカもありました。

日本初の人工衛星

へぇー、わりと小さいのだね。1mくらいかな。
1970年にさっきの観測所から打ち上げられて33年間も地球の周りを飛び、2003年に
大気圏に突入して燃え尽きたんだそうだ。

さらに国道448号を北上すると「くにの松原」が横に見えてきたので、寄ってみることに
しました。


<くにの松原>
16:23 くにの松原

松原でまったり

ここはキャンプ場や公園が隣接されていました。
グルリと歩き回り、車に戻ってきたところでサー君の「日本2周完走」のステッカーを
見て話しかけてくれたじいちゃんばあちゃんとおしゃべり。

このすぐ先の道の駅にいい温泉があるんだって紹介してくれました。
そっか。じゃあそこでお風呂に入ろうかな。
明日の朝、明るくなってからに「鵜戸神宮」や「青島」に着きたいので、今日はもう
全然急ぐ必要も無いのだ。


<道の駅 くにの松原おおさき>
16:50 道の駅 くにの松原おおさき

この道の駅に付いている温泉に入りたいと思います。
ま、でもせっかく明るいうちに自由時間が取れたので、しばらくは読書をしたり敷地内
をフラフラ歩き回ったりして過ごしました。

巨大カブトがいます

それから温泉に入り、露天風呂から暮れ行く空を見ながらリフレッシュ。
うーん、今日はゆったりプランでステキだ。
あ、でも昨日に続いてここもシャンプーや石鹸がなかったです。
2日連続はちょっとキツイ…。
(入浴 \300)


たっぷり休みました。今日はもう少し走ります。
明日に行く「鵜戸神宮」の最寄である、日南フェニックスロード沿いの「道の駅
なんごう」を目指します。

国道220号に乗って「都井岬」方面に行かずに内陸部を貫通します。

ここで『365日 毎日安い!』と書かれたドラッグストアが視界に入った。
この店、九州で何度か見かけたけど、ようやく思い出した。
某日本一周サイトでここの食品がホントに激安だったって書かれていたな。
買い物していこう。

18:51 「スーパードラッグ コスモス」 串間店

買い物しよう

おぉ!安い!
特にモヤシとか納豆とか豆腐とか、大豆加工品が安い!
モヤシが1パック19円!買いです。
豆腐とかは食べ方が思いつかないのでパス。
あと普通にパンとかレトルト食材とか全て安いので、ちょっと多めに買い込んで
しまったよ。
(食費 \843)


再び走り始め、内陸からまた海沿いの国道448号に戻りました。
ここからちょっと南下すると南郷の道の駅です。


<道の駅 なんごう>
19:46 道の駅 なんごう

うわっ。辺りは死ぬほど真っ暗です。
道の駅の建物も駐車場から遠いのか、見当たりません。トイレが遠くに見えるだけ。
そして車が一台も無い。
すっごい最高のロケーションじゃないですか。さ、張り切って自炊しよう。
今夜は野菜炒めご飯だよ。

自炊時間が安らぎのひととき

一昨日買ったモヤシがなんだか変な臭いがしている気がしました。
クンクン臭いを嗅ぎ、結局洗って炒めて食べました。
いけるいける。どうにかなるさ。


辺りは暗いので、上を見上げると満天の星空で最高の気分。

では、今日はこのまま寝ます。


21:10 就寝