2007.10.28 走行距離:355km 支出:\10,584

10月28日 「志賀島」の章

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

2007.10.28 走行距離:355km 支出:\10,584








<めかり公園>
5:30 起床

今日も暗いうちから起床。
車も外気も少し暖かくなるまでは寝巻きのままで運転してしまいます。

5:39 出発

都会のエリアは早急に脱出したい。だから北九州地区は日の出前に攻略して
しまいます。
スペースワールド前

本当は海沿いの国道495号を進もうとしたんですけど、若戸大橋に乗り損ねたの
で国道3号で西に行きます。
でも悔しいので途中、芦屋町で国道495号に乗りなおし、海沿いに出ました。

ボチボチ日が登ってきた。
今日は快晴になりそうな予感です。


そろそろ着替えと洗顔をしたいなぁと思っていたところ、トイレつきの無料パーキング
を見つけたので入ることにしました。「波津海岸」というところらしい。


<波津海岸>
7:05 波津海岸

いい具合に朝日が昇ってきました。
着替えてちょっと砂浜を散歩してみよう。

海岸で見る朝日

今日の予定は9:30頃に「海の中道」。
まだまだ充分に余裕がありそうなので砂浜でまったりしてました。

国道495号を進んでいくと、すぐに「さつき松原」が出てきたので突っ込んでみます。


<さつき松原>
7:45 さつき松原

車を停めるところがほとんど無かったので、ここはゆっくりと車窓見学。
松が密集して海岸までは見えないやね。

松原を走る

<海の中道>
まもなく「海の中道」に入りました。
海の中道は福岡市北部の海上に突き出た8kmもある細長い砂洲。
そしてその砂洲の先端からは志賀島へと繋がる橋があるんです。

8:30 海の中道

中道には遊園地やら水族館やらキャンプ場やら、いろんな施設がよりどりみどりです。
しかしこの中心部分は駐車場が有料なのでそのまま通過します。

大観覧車「スカイファンタジー」

施設郡を通過すると、左右ともに海ギリギリの砂浜とかが広がるポイントに出る。
確か前回はこの辺で車を駐車したんだったな。

今日これから会う予定の"ニコル君"にはこの辺りで合流しようと伝えてある。
んー、でも駐車ゾーンが既に埋まっています。ダイバーの人たちかな?
さすが天気のいい日曜日。

そのまま志賀島橋を渡り、志賀島に突入してしまいました。
でもここは駐車スペースが豊富。
サー君を駐車します。


<志賀島>
8:40 志賀島

島だけあってか、博多とかとはまるで空気の流れが違うように感じられる。
こじんまりした島の雰囲気が伝わってきます。

少し歩き、志賀島橋から島を眺めたり、海の向こうの福岡市の街並みを眺めたり
して散歩しました。

のどかな眺め

さらに志賀島の入り口にある観光案内用の看板で島の中の観光スポットを確認
しておく。
金印!そっか、金印が発見されたのがこの志賀島だったか!
歴史の授業で習ったけど、やっぱ教科書だけでは身につかないよね。
志賀島の名前は小学生の頃から知っていたけど、こうして実際に訪れる志賀島
とはリンクできていなかったよ。

車に戻る。
天気がいいので既に車内はかなり暑いです。
ドアを開け放ち、昨日のんたんから差し入れてもらった唐揚げの残りで朝ごはん
にする。

唐揚げ食べてます

肉うめぇー!
…しかし、そろそろ本格的にビタミンが必要だよね?
今日こそどっかでスーパーに寄って、野菜炒めでも作ろうか。


9:00を少し回ったころ、ニコル君から連絡が入る。
昨夜は海の中道の付け根近くで車中泊してて、今起きたんだって。
もう近くにいるんだね。どうやらあと数10分でここに到着するらしい。

ほう、少し時間がありそうだな。
志賀島は外周11kmほどの小さい島。ニコル君が来る前に軽く島を一周走ってみようかな。
最初はここはニコル君と会うためだけに設定したポイントだけど、観光MAPを見ていたら
興味が出てきてしまったよ。


<金印公園>
9:10 金印公園

早速向かったのは金印公園。
江戸時代にここの島で百姓が畑を耕していたら出てきたんだっけ?
もともとは後漢の光武帝が奴国に対してくれた物だったよね。

公園の中に金印と同じ刻印のある碑がありました。
『漢委奴國王(漢の委の奴の國王)』、覚えてますとも!
実は僕、日本史マニアだったのですよ。

金印&YAMA

<蒙古塚>
9:20 蒙古塚

ここは鎌倉時代の「文永の役」のとき、攻めてきた蒙古軍が捕虜にされて、
120人ばかりがここで斬首されたんだそうです。
その慰霊碑らしい。

立派な慰霊碑

この碑は実は出来てから1ヵ月半しか経っていない超新品です。
古い碑は2005年に発生したマグニチュード7の西方沖地震で倒れちゃって、ようやく
最近新しいこの碑ができたそうなのだ。

そういや僕は西方沖地震の前夜は一人旅でに下関にいて、九州を眺めながら上陸
するかどうか迷っていたんだったよな。「中国大暴走(2-41参照)」

シーサイドドライブ

海が綺麗です。決して広い道では無いけれど、ゆっくりハンドルを切りながら海沿い
を走っているのが気持ちいいです。
「潮見公園」への分岐が途中であったけど、島の内部に入り込みそうだし、ちょっと
考えがあったのでスルーしました。


9:30、さっきまで唐揚げ食べていた志賀島の入り口に戻りました。
どこにも立ち寄らなければ10分強で一周できてしまうのだね。

と同時に携帯が鳴る。
ニコル君からの志賀島に到着した知らせだった。グッドタイミング!

場所を伝え、すぐにニコル君一行が来る。1台の車で3人で旅しているんだって。
初めましてーー!!お疲れ様!!
なんかガシッと握手しちゃったりして。ニャハハ。


愛車のサー君を紹介。
えーと、せっかくだから志賀島の観光スポット1つを一緒に巡る?
ニコル君も相当な強行軍だから時間に余裕があったら出いいけど…。

賛同してくれたので、さっきこの可能性を考えてあえて飛ばしておいた「潮見公園」に
一緒に向かうことにしました。
ニコル君はサー君に乗り込み、車2台で潮見公園に向かう。


ニコル君は僕と同様、関東から車中泊の旅をしているんだ。
淡路島→鳴門→佐田岬→佐賀関→九州を時計回りに一周、…って走っているから、
僕の予定と逆パターンになるね。
そのルート、後日僕は帰路として使おうと思っているんだ。
なんか「関サバが良かった」とか言ってた。いいなぁ、僕も食べようかなぁ。

反対にニコル君はこのあと中国地方を経由するそうなので、昨日撮った「秋芳洞」の
写真を紹介した。結構気に入ってくれたらしく、「絶対行く!」だそうです。


<潮見公園>
9:45 潮見公園

さっきのシーサイドとは打って変わって、木立の中の細いグネグネ道を登ったところに
ありました。

海の中道を一望する

遠くには福岡市街がかすんで見えててなかなかいい展望です。
うん、こういう自然いっぱいが好き。
これから市街地の渋滞に飛び込むのはちょっと鬱…。


短い時間だったけど、ここからは別々のルートを取ります。
ニコル君、わざわざありがとう!
駐車場で車2台を並べていろんな写真を取りまくり、ワイワイやった後にお別れ。

さっそく4人で公園内の展望台に登る。

相当逆光がキツくてうまく撮れなかったけど、志賀島大橋と細長い砂洲の向こうに
独特の三角形の「海の中道海浜公園」がクッキリと見えています。
YAMA&ニコル君
(ニコル君寄贈)
サー君&旅人×2

では、気をつけて!
そして良い旅を!!


…で。
どこへ行こうかね。全然決めていなかったよ。
ひとまず九州北半分は今年の頭に走ってあるから、南の方に行かないとだね。

でも真っ直ぐ鹿児島に向かっても面白くないからポツポツ観光もして行かないと
だよね。
博多の渋滞に捕まりながらそんなことを考え、ちょうど現れた国道263号がいい
具合に山間部を目指してくれそうだったので、乗ってみました。
(ガソリン \8316)


「三瀬峠」っていう結構タイトな峠道。
有料トンネルで新道も出来ているんだけど、あえてグネグネと旧道の峠を攻めます。
2車線確保されていたので走りやすかったです。
ライダーたちもめっちゃコーナリングを決めてて楽しそうだった。

<三瀬峠>
11:55 三瀬峠

山頂には特に何もない峠だったけど、この峠を境に佐賀県に入りました。
やったー。
そしてまたグネグネと山を降りて行きます。

峠を登る
気持ちのいいワインディング

山道を降りて新道と合流すると、かなりの数の車とバイク。
日曜日だからドライブ&ツーリングなのかな?
天気もいいし、自然も豊富だからこの辺はなかなかのロケーションです。
でも昼時とあってか、そば屋とか激混みだったけど。


<道の駅 大和>
<嘉瀬川>

広い道の駅にもかかわらず、バイクも車もギューギューでえらいことになっていた
けど、誘導員の指示に従ってなんとか駐車できました。

12:25 道の駅 大和

大混雑の道の駅

こんな大盛り上がりな道の駅だから、模擬店群も大盛況でいろいろいい匂いを
させています。
ジャンクフード大好きな僕、ついつい惹かれてしまいます。
節約の旅だけど、一回くらいこういうところでジャンクを食べてもいいよね??
そんなワケでタコヤキを買っちゃいましたー!
(食費 \400)

ホントは高菜を使ったピリ辛焼きっていうタコヤキを食べてみたかったんだけど、
この時間で既に品切れになってたよ。

さて、どこで食べようかな、と思ったら道の駅の裏が渓流になっている。
嘉瀬川という川で、子供達が水遊びをしたり弁当食べたりとのどかな光景。

河原でひと休み

いいねぇ!こいう雰囲気いいねぇ!
喧騒から少し離れた河原に座り、タコヤキを食べてお昼ごはんとしました。
ポカポカしてシャツ一枚で余裕なくらいの陽気。
幸せ気分です。

タコヤキ食べてます

道の駅に戻ると、小さい馬がいて子供達が群がっていました。大型犬くらいの大きさ。
ミニチュアホースっていうんだっけ?道の駅で所有している馬なのかな?
かわいかった。

ミニチュアホースに出会う

道の駅を出て、さっきの国道263号を南下していくと佐賀市の中心部に来てしまい
ました。うーむ、都市部は避けたいのだが…。

でも南を目指しているので国道208号に乗ろうと町中を走っていると、「佐賀城」の
標識がでてきました。
今まで行ってないスポットだな。ちょうど無料駐車場もあったので、立ち寄ってみま
す。


<佐賀城跡>
13:28 佐賀城跡

あー、初めて知ったけど、ここは天守閣とかほとんどの建造物はもう残っていない
んだね。1つの門と櫓だけが当時から残っているんだって。

でもお堀は今も綺麗に残っているし、石垣からも歴史を感じられる。
門を見てから天守閣跡まで登ってみました。

天守閣跡に立つ

予定通り国道208号に乗り、熊本方面に南下する。
確かこの道って水路の町、柳川をかすめて走る道だったよね?


<柳川の水路>
見えてきました、柳川の水路。今日は川下りも気持ち良さそうだね。
橋の袂にもはっぴを着た船頭さんがいました。
今回は柳川は水路を眺めながら通過するだけにしますね。

14:05 柳川通過

上の写真、右下に川下り用の舟が何艘か係留されているのがわかりますかね?
柳川の川下りはしたことがないので、いつか桜とかの綺麗な時期にしてみたいね。


国道208号をキープ。
玉名市に入ったところでスーパーがあるのを発見!
やった!買い物しよう!

15:12 「マルミヤストア」 玉名店

車窓からの柳川
買出しします

さて、何を買おうか。健康にいいものを食べた方がいいから、まずは野菜。
キャベツとモヤシと…、何かキノコが欲しかったので安いエノキ。
明日からは朝ごはんも自炊したいので、食パンと卵。

調子に乗って餅やラーメンまで買ってしまいました。
ラーメンは既に持ってるのにね。でも九州のトンコツを食べたかったから。
ロックアイス…、いらないや。お金がもったいない。どうせこの季節だからそこそこ
日持ちはするでしょう。
(食費 \1268)

ちょっと買いすぎたかな…?
でもいいや、これは先行投資です。


ところでこの国道208号、このまま真っ直ぐ進むと国道3号とぶつかり、熊本市の
中心部に突入します。
都市部を徹底的に避ける僕、熊本市もできれば回避したいなぁと思う。

ひとまず出て来た県道30号に乗り、東側に反れる。
あ、でもこのルートって阿蘇方面に行っちゃうんだね。
阿蘇か…。
もう何度も行ってるので今回は行く予定は無いです。
仮に向かったとしてもこの時間からじゃあ日没直前になっちゃいますしね。


そう思っていたら対向車線が大渋滞を始める。
きっと阿蘇で週末を楽しんだ車が一斉に帰還を始めてます。
こりゃあ都市部は今から大渋滞になるんじゃなかろうか。

そしたら僕は逆を目指す!
よし、阿蘇に行っちゃおう!
日が暮れたっていいさ。阿蘇で温泉入って、自炊スペースも豊富だからゆっくり
ご飯でも作るさ!

県道30号から国道57号に乗り換え、阿蘇を正面に見据える形となりました。

『阿蘇、31km』

しかしなんだか阿蘇方面に雲が出ております。
今日はずっと快晴だったのに…。
でもまぁいっか。阿蘇は前回は前々回が最高だったし。
見れたらラッキーくらいの心持で行こうか。


「阿蘇パノラマライン」のあたりまで対向車は大渋滞。すっごい車の量だね。
これ、熊本の中心部まで戻るのに何時間かかるんだろう?
そして僕の側のラインはスカスカ。
スイスイと阿蘇を登っていきます。

対向車線は酷い渋滞

16:40 阿蘇パノラマライン


<米塚>
16:55 米塚

阿蘇の広大な山岳地帯にポツンと盛り上がった小山。
柔らかい曲線で出来ていて、阿蘇らしい景色とは全然かけ離れていて僕は
お気に入りなのだ。
今回はここでは写真は撮りませんでした。


<草千里展望台>
17:02 草千里展望台

ここは5回目かな。何度も来ている展望台だけど、阿蘇はいつだって違う表情を
見せてくれるよな。

米塚のパノラマ

たそがれのモヤに浮かぶ米塚。なかなか幻想的な風景でした。

米塚から反対側を見てみると…、今回は火口は雲に隠れて見えなかったや。
そういやニコル君も昨日ここに来たらしいけど、火口まで行けなかったって言って
たっけ。

しかしここ、強風。
下界とは打って変わってかなり寒いっす。

展望台のサー君

さて、続いてここから1kmほど先の「草千里」にも立ち寄って行きますよ。


<阿蘇山 草千里>
17:10 草千里

うわぁ、相当寒い。
広大な草千里からはわずかに残っていた観光客が次々に駐車場へと戻ってきている
ような状態。
僕もあんまり奥まで行くのはやめよう。暗くなっちゃう。

                                                                                             

草千里の大パノラマ

ここも夏場は青々としていて最高に綺麗なんですけどね、この時期のこの天気だと
寒々しい草原です。
しかしこのちょっと物悲しい雰囲気が、一人旅ってカンジがしていいではないか。
ゆっくりと暗くなっていく草千里を眺めながらフラフラ散歩しました。

体が冷えてきたし、お腹が減ってきた。
これでご飯も温泉も一層楽しみになったぞ。

草原に一人

暗くなってきた阿蘇のを南側に下りる。
すさまじいワインディングの快走路なのでみんな飛ばしているんだけど、重いし
重心が高いしブレーキの効かないサー君を飛ばすのは危険。
ゆっくり下るよ。

そしたら途中に駐車帯がありました。
他の車に煽られたくはないから、ここで自炊しながら暗くなるのを待とうかな。
暗くなったらこんなところ車は通らないもんね。

ここでご飯にします

17:42 阿蘇の麓で自炊開始

今夜はパワフル野菜炒めにします。
キャベツをザク切りにし、ソーセージも豪快にブッタ切る。
で、モヤシとエノキと一緒に炒めます。
仕上げは焼肉のタレ。これ、高かったぜ。250円くらいした。
どうぜ数回しか使わないのにね。

パワフル野菜炒め

かなりの量が出来ました。うん、でもビタミン不足だったからいっぱい食べておこう。
反対に炭水化物は少なめにしようか。
さっきのスーパーで「熊本の餅」っていうのが気になったので買ったのです。
これを網焼きにします。

餅、固くってなかなか柔らかくならない。こういう風に焼いて食べていいものなんだ
よね?間違ってないよね??
待ちきれないので焼きながら周りの柔らかくなった部分からかじって食べていきま
した。アチチ…、でもうまい。

お餅を焼く

ハロゲンライトを使わないギリギリのタイミングでなんとか片付けまでを終えること
ができました。

次は温泉です。九州は温泉が豊富だから楽しみだ!
ツーリングマップルで見つけた高森町の「月廻り温泉館」っていうところがすぐ近く
にあります。そこに行ってみよう。


<月廻り温泉館>
18:27 月廻り温泉館

ちょうちんをいっぱいくっつけたナイスな門が出迎えてくれました。

ここ、日中は露天風呂から阿蘇の根子岳が見えて絶景なんだって。
この時間は真っ暗だけど、その分落ち着けました。
リフレーッシュ!
やっぱ露天はこのくらい寒いほうが気持ちがいいね。
(入浴 \600)


このあとはどこに行こうか。近くに道の駅もないし。
熊本市に戻る?いや、市街地はやっぱり避けたい。

「高千穂峡」に行く?この時期は「国見ヶ丘」から雲海と朝日が見れるかもしれないし。
…うーん、高千穂峡の駐車場が狭くて有料なのが微妙だし、南を目指しているので
これ以上東には行きたくないかなぁ。九州を横断しちゃいそう。

じゃあ南だったら椎葉村?
いやいや、この時間から日本三大秘境の椎葉村を目指すのはキツイでしょう。
道は細いし山奥だし。

だから国号265号をちょっと南へ行き、高千穂や椎葉村との分岐点で国道218号に
乗り、西へと向かう。これで熊本市の南側に抜けられるね。道の駅もあるし。


<道の駅 清和文楽邑>
20:03 道の駅 清和文楽邑

あー、ここ、今年の2月に来たね。
あのときは「阿蘇→宮崎→日向→椎葉→宇土」って1日で走って、その途中でここに
寄ったんだったな。

今日はここで寝ることにします。
明日は月曜だからか車はガラガラだけど、向こうの方でアイドリング
している上に室内灯をつけている大型トラックが気になる。

まぁいいや、おやすみ。


20:55 就寝

温泉館到着