11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

2007.11.5 走行距離:エピローグで公開 支出:エピローグで公開








2007.11.5 走行距離:エピローグで公開 支出:エピローグで公開

11月5日 「蓬莱橋」の章

  11/1       11/2         11/3      11/4     11/5     エピローグ    
四国カルスト  明石海峡大橋   桃岩荘京都大会   潮岬      蓬莱橋  

10/25   10/26   10/27   10/28   10/29   10/30   10/31  
禄剛崎  石見銀山   秋吉台    志賀島   球泉洞    佐多岬   日向岬

<道の駅 奥伊勢 木つつ木館>
4:45 起床

んー…、今日は帰るか。
「赤目四十八滝」も辞めておきます。またちゃんと時間を取って行くよ。
んじゃ、道路が混む前に松阪市と津市を通過してしまいたいと思います。

4:57 出発


松阪で国道42号は国道23号と合流する。
そしてさらに北上し、津市に入る。朝焼けが始まった。

なんだか切ない気分…

なんなんでしょうね、なんだか全然ワクワクしない朝なんだよね。
いつもだったらすごく嬉しいのに。
最終日だからか、それともこの国道23号が排気ガスでまみれているからか…。

6:30、鈴鹿で朝日が昇る。

真っ赤な太陽

鈴鹿も都会でした。
運転しながら工場や団地の切れる瞬間を狙って、ようやく上の写真を撮る
ことができました。あー、広い自然の中を走りたいなぁ…。

でも無理か。辺りはますます渋滞してきた。
この先には四日市とか名古屋があるもんな。こりゃ混むや。

四日市の煙突

この辺は火力発電所やらコンビナートやらで工場だらけです。
道も渋滞してきたし空気悪い悪い。
僕も車に乗ってCO2をモリモリ出しているから全然とやかく言える身分じゃ
ないんだけど、なんだか嫌な気分になってしまいます。
ダメだなー、自分勝手だなー、僕。

木曽川を渡る

7:43、木曽川を渡って愛知県に入りました。
なんだか雲が多くなってきたぞ。相変わらず流れが悪いので、読書しながら
気分転換します。

しばらくして、国道1号に乗る。そろそろ外に出たくなってきた。


<桶狭間古戦場>
走っていたら標識が出てきたので道を反れてみました。

8:52 桶狭間古戦場

公園みたいになってます

有名な織田信長VS今川義元の合戦の地ですね。
普通に住宅街にありましたけど、この一角は公園になっていました。
なんか全然合戦の面影なんてありませんけど、今日初めてまともに車の外に
出れたのでなんだか嬉しい。

敷地内には今川義元の墓もありました。

今川義元の墓

もう少しどこか見学したいな…と、ツーリングマップルと見ると、この近くに東海道の
「有松宿」っていうのがあるらしい。とりあえずそこへ行ってみようか?

国道1号をフラフラと有吉駅方面に1.5kmほど歩いてみた。
んー…、何も無い。宿場町の気配すらない。ツーリングマップルも車内に置いて来て
しまったので、詳しい場所がわからない。

ま、いいか。排気ガスだらけの道だけど、しばらく歩いて少し体がほぐれた。
ってワケで、また1.5km歩いて桶狭間に帰りました。
相変わらず足は筋肉痛だけど、いい運動になった。
※国道1号の反対側に入っていけば宿場町だったらしい。僕は逆側を歩いていました。


歩いたらお腹が減ってきました。
しかし大都会でトラックがガンガン行きかう国道1号。さすがに自炊は難しいか…??

でも岡崎を過ぎ、本宿っていう駅の近くで駐車スペースを見つけました。
おっ、ここで朝ごはんにしよう!

10:28 国道1号、本宿で自炊

トースト3枚

自炊って言っても簡単にトーストだけ。これで充分です。
なによりこの駐車スペース、右は国道1号で交通量がMAXだし、左は線路で電車が
普通に走っているという微妙な立地だったので自炊しにくい空気でした。


食後に再び国道1号を東へと走り続け、間もなく愛知県から静岡県に入る。
あー、結局愛知県では桶狭間しか観光しなかったな。
なんだか愛知県で納得のいく観光をできたことって今までほとんど無いです。
いずれリベンジしなければ。

浜名バイパスに乗りました。ここって昔から無料だったっけ?
確か以前は有料だったと思うんだけど、無料でラッキー。活用させていただきます。
左手には「浜名湖」が見えてきました。

浜名湖通過

サクサク進んでいるねぇ。これは高速なんて使わなくても余裕で今日中に帰宅でき
ちゃうんじゃないかな?
もうちょっとペースを落としても良かったかな?
じゃあ浜松には日本三大砂丘の「中田島砂丘」があるので、そこに寄っていこうかと
思います。


<中田島砂丘>
12:10 中田島砂丘

ここに来るのは3回目だったかな?
三大砂丘と言ったところで、「鳥取砂丘」と比べるとすっごく見劣りします。
というより、三大砂丘の中で鳥取砂丘がダントツです。
残りの1つは「九十九里浜」だったり「吹上浜」だったりの説があるけれど、砂丘という
よりただの砂浜です。

中田島砂丘も結構草が生い茂ったりしているし内部に昔のゴミが隠されていて問題
になったりしたりでいろいろ大変なことになっています。

近くには風車

砂丘に入ると人は数人しかいない。こりゃまた独り占めできちゃうね。
海まで歩いてみようと思うよ。

砂丘を歩く

散歩はなかなか気持ちがいいね。
先日の「鳥取砂丘」が豪雨で消化不良だったから、ひとまずこれで満足か。

海まで来たので、波打ち際の写真でも取ろうかとギリギリまで近付いてみた。
そしたら「ダッパーン!」と予想外に大きい波が到来。
「うわっ」と思って飛び退いたんだけど、波の勢いが強すぎて飲まれました。
右足が水没しました。
チクショー!やっちまった!一足しかない靴が水浸しだ!

波打ち際

濡れた上に砂がまとわりついて酷い状態になったかど、でもいっか。
あとは帰るだけだもんね。駐車場に戻りました。

サー君の運転席のペダル周り、何気に砂だらけでザラザラになってます。
「千里浜なぎさドライブウェイ」「鳥取砂丘」「波津海岸」「青島」「志原海岸」と、
今までいろんな砂地を歩き、その度にサー君の中に靴に付いた砂をお持ち
帰りしていたから、究極のオリジナルブレンド。
しばらくシートを車外でバッサバッサ払って砂を落としたよ。

(ガソリン \10015)


このエリアの国道1号は無料バイパス続きで結構快適に飛ばせる。
次は今まで行きたかったけど微妙な距離感のために行けていなかった
「蓬莱橋」に行こうかな。


<道の駅 掛川>
13:33 道の駅 掛川

何度か立ち寄ったことのある道の駅。
ツーリングマップルで「蓬莱橋」の場所を再確認しておきました。


国道1号の藤枝バイパスを野田ICで降りる。
島田駅を通過し、大井川沿いに出たところに「蓬莱橋」があるハズ…。
んー、全然それっぽい標識がありません。もうちょっと宣伝すりゃいいのに。

おそらくすごく近くにいるはずなのに何も情報が無いので、近くのAPITAに
サー君を停め、川があると思われる方向に少し歩いてみた。
そしたらすぐに出現しました、「蓬莱橋」。


<蓬莱橋>
14:10 蓬莱橋

ギネスにも掲載されている、世界最長の木製歩行者橋。
大井川を見事に横断しています。

世界最長!

おおー!向こう側が見えない!
蓬莱橋、長さは897mもあります。往復したら1.8km!長い!

しかし急流大井川が増水するとときどき橋が破壊されることもあるそうで、
最近では2007年7月の台風4号で橋の一部が流されて、ニュースになった
りもしてました。
うん、あのときは僕は礼文島にいて、帰りの飛行機に影響が出たんだった。
そのため現在も復旧作業中で、橋の向こう側までは渡れないのです。

大井川の河原に降り、のんびり座りながら蓬莱橋を見上げました。
空が曇っているのが残念だ。
低気圧が近付いてきているらしいよ。

蓬莱橋のパノラマ

次はどうしよう。もう一箇所くらい観光できるかな?
とりあえず「三保の松原方面」を目指そうと思い、国道150号に乗ってみた。
ちょっと渋滞。空は段々暗くなってきた。
まだ15:00過ぎなのに、日が短すぎ。この旅に出ている間だけでも短なってきて
きているのがわかるし。
急げー、急がないと日が暮れてしまうー。

途中で「登呂遺跡」の標識も出てきて、時間があれば立ち寄りたかったけど今回
は断念。ま、来ようと思えばいつでも来れるし。


<三保の松原>
日本三大松原の1つであり、さらに新日本三景の1つでもあるスポット。
「羽衣の松」の標識に従って走り、駐車場に辿り着きました。

15:58 三保の松原

松原散策

三保の松原といえば「羽衣伝説」で有名な地。
天女がここに舞い降りた際、羽衣をかけたという「羽衣の松」もあるんです。

浜辺に歩いていくと、ひときわ大きくて貫禄のある羽衣の松がありました。

羽衣の松

樹齢650年らしい。海を前に威風堂々聳えています。
全国の松原って防風林や防砂林としての植林によるものが多いけど、樹齢
650年ということは自生?それとも昔植林されたのかな?
とにかく松原でこんな巨大な松を見たのは初めてだ。

砂浜まで歩き、海沿いに少し散歩しました。
ここは晴れていれば駿河湾越しに富士山が見える素晴らしいスポットなん
ですが、今日は曇ってしまっててほとんど富士山が見えない。

霞の中の富士山

えっと…、どうでしょうか。少しキツめに補正を加えてみました。
頑張れば写真全体を埋め尽くす雄大な富士山が見えるはず!
てゆーかクレーン邪魔。どうしても入ってしまった。


歩いているうちに少しづつ日が暮れ始めた。
うん、今回の旅はここまでだな。
これで全ての観光を終了します。

さぁ、次が最後の目的地、横浜の自宅です。

富士山の向こう側の横浜を目指し、最後のアクセルを踏んだ。