B-1グランプリ

2007.6.3
走行距離:289km
実行人数:4名

全国21種類のB級グルメが富士宮に集結!
B級グルメ好きな僕もそのイベントに飛び込みます!

第2回「B-1グランプリ」
公式ガイドブック









「B級ご当地グルメ日本一決定戦」。
こんな興味をそそられるイベント情報をゲットしました。

知らない人のために申し上げると、"B級"と付いているからといって決して質が悪いとか
味が悪いというわけではありません。
手軽に食べれる地域に根付いた食べ物をこう呼ぶのです。

宇都宮の餃子・大阪のタコヤキ・広島の広島焼き・仙台の牛タン・数あるご当地ラーメン…
、こういうのをイメージすればわかりやすいかと思います。
そう、大成功すれば日本で誰もが知る有名メニューになれるんですよね。

そんなふうに「もっと広くの人に自分の地元ならではの味を知ってほしい」こういう熱い思い
を持つ地域が自慢のメニューを引っさげて今回の会場となる富士宮に集結するのです。
開催は2007年6月2日・3日。
僕も横浜から愛車の「サー君」を走らせてこのイベントに突撃します!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

7:10 出発

7:55 横浜市内にて今回の同行者である"tkc"と"やよこ"が合流

8:32 東名高速 横浜町田IC

イベントの開演、各店舗の開店は10:00からなんです。
この時間だったら10:00ちょいすぎには富士宮に着いてちょうどいいかなって思います。

9:00、東名を走っていたら4人目のメンバーの後輩"NON"から連絡が来ました。
NONは静岡県民なので1時間くらいで会場に到着できたのだ。

で、「今会場に付いたけど、凄まじい行列で入場がままならない。店舗の前にもすでに
凄い行列が出来ているらしい。」とか言ってます。
ええぇぇぇーー!?
僕ら、ちゃんと入場できるの??
とりあえず、今からNONが一番人気である富士宮ヤキソバの行列に並んでくれるそうです。
感謝。


9:40 東名高速 富士IC

空いていれば10:00には会場に着けそうなタイムなんですけど、さすがに国道が渋滞で
流れが悪い。でも静岡県内のナンバーばっかだな。
NONに連絡を取っているけど、「すごい行列!」「全然進めない」とかまだ言ってます。
おいおい、これじゃあ全メニュー制覇なんて夢のまた夢なんじゃないですか?

10:20 「B-1グランプリ」会場到着

富士宮駅近くの「浅間大社」が今回の会場です。
駐車場は満車なのにひっきりなしに車が来てて、誘導員がパニックになってたり駐車
できない車がUターンしたりの大騒ぎ。
でも偶然目の前に駐車していた車が出て行ったのでそのスペースに愛車のサー君を
ぶち込みました。

いざ出発!

会場に突撃

もうすっげー混雑です。どこに何があるんだかさっぱりわかりません。
NONが電話の向こうで「富士宮ヤキソバは買えたけど、全然動けない。合流できない。」
とか言ってます。
おいおい…。
でも都心勤務組から見ればまだこれは対応できる範囲内。
土地勘は全く無いけど深部に向けてtkc・やよこと3人で人の海にダイブしました。


そして…、グチャグチャの人ゴミの中でなんとか合流成功。
NONとは久々だね。
日本2周目の最後の企画となった「道後温泉(2-74参照)」以来だから1年3ヶ月ぶりか。

やよこ・NON・tkc

そしてNONが苦労して入手した、前回グランプリの富士宮ヤキソバをみんなで
いただきました。
あ、この人ゴミの中で座る場所なんて皆無ですよ。通りのど真ん中で立ったまま。

----------------------------------------
1品目
「富士宮やきそば」(静岡県富士宮市)

太目の蒸し麺で歯ごたえあり。
ラードから油を搾り取った"肉カス"とイワシの
削り節が特徴的。ソースっぽさが少なくて塩系
の味が強いのが印象的でした。
さっぱりしてて食べやすいです。
----------------------------------------

ここから模擬店群の立ち並ぶ心臓部に入るんですけど、ここがすっごい。
ほとんど動けない。
敷地内全てがどこかの模擬店に並ぶ列で埋め尽くされているんだけど、その列も狭い
会場内をグネグネ蛇行していてどこがどこだかわからない。
自分が並んでいるのか並んでいないのか、そしてどこに並んでいるのかもわからない。

これ、雰囲気的にヤバイよ。
買えないし食べれないよ。来場者の笑顔が全然足りてないよ。
もちろん店舗側もすごいテンパってるけど。

加えてどんどん高く昇る太陽。
熱い。太陽と人の熱で完全に蒸されている。

何がなんだか…

「たまごふわふわ」っていう、聞きなれないメニューの行列の最後尾に4人で並んだ。
これだったら待ち時間も少なめなのでは?と思ったら1時間15分待ちと書いてある。

相対的に長いのか短いのかわからないけど、一食品でこれだけ並ぶのはウゲーですね。
一体何品食べれるんだろう。
お腹いっぱいになれるのかな?
不安が募ります。

クレイジーな混雑の中を1時間少々並び、ようやく店舗前へ。
もうみんなハラペコなので、一人1個ずつ購入します。
この先いくつ食べれるかわからないから、買えるときに買えるだけってプランです。

模擬店前にて

----------------------------------------
2品目
「たまごふわふわ」(静岡県袋井市)

江戸時代から伝わる玉子料理。
新撰組の近藤勇が好きだったとか。
ホイップしたフワッフワの玉子焼き(?)とアツアツ
のだし汁がドッキングしてます。
これはうまい。意外性ナンバー1でした。
----------------------------------------

食べる場所も一苦労でしたけど、なんとかくつろげるスペースを見つけました。
そして作戦タイム。
どうやら「たまごふわふわ」の行列は長めだったらしい。
並んでいる間に他の客のウワサから仕入れた情報を元に、行列の少ないゾーンに狙いを
絞ろうってなった。
そして4人のメンバーを2人ずつに分けて並ぼう。
そのあとの合流とかが不安だけど、電話でなんとかやり取りしよう。

YAMA&やよこ

そして再び激流の中に飛び込む僕ら。
「八戸せんべい汁」班と「各務原キムチ鍋」班にわかれます。

キムチ鍋に並ぶ

そうそう、今回のイベント、全編を通してTV番組のクルーがすごくたくさんいました。
大変な盛り上がりようですね。

店舗の人の要領がいいからなのか、鍋物は回転が速いのか、両チーム共に割りと
早くメニューをゲット。
そして4人で集合できました。

----------------------------------------
3品目
「各務原キムチ鍋」(岐阜県各務原市)

各務原は「冬のソナタ」の舞台となった韓国の春川
と姉妹都市なんだって。
だからキムチメニューに力を入れているらしい。
辛さ控えめ、食べやすい。
なぜかラーメンが入っていました。
----------------------------------------

----------------------------------------
4品目
「八戸せんべい汁」(青森県八戸市)

南部せんべいを鍋で煮込んだ料理です。
ちょっと驚きの調理方法だけど、食べると全然違和
感がない。
せんべいはモチモチしていて、お餅のような食感に
なってます。
----------------------------------------

この鍋物の行列から途中で逃げ出したtkc、なんかビールを2本買って戻ってきました。
いいなー、ビール。
僕とNONはそれぞれの車で来ているから飲めません。
tkcとやよこだけ飲んでいました。うらやましい。

ビール登場!

これで空腹は既に落ち着いた。
そしてなんとなく効率のいい動き方や、購入後にゆっくり食べられるスポットも発見できた。
この後はこのノウハウを生かしてサクサク攻略しよう。

再び2チームで飛び込みます。
人気の無いところを狙うのではない。人気の有無なんてどうでもいいほど人はいるのだから。
行列が出来ていると見せかけて、実は両側の店の行列に飲み込まれているだけの、
"立地上行列の出来にくい店舗"を狙うのが得策ですね。

NON・tkc・YAMA

目指せ、静岡おでん

別チームのとうふちくわ

今回もなかなかハイペースで購入できました。完全にコツを掴んだ。
集合ポイントで合流し、そえぞれの獲物を分け合います。

----------------------------------------
5品目
「静岡おでん」(静岡県静岡市)

大正時代の静岡大火を逃れた人たちが始めた
のがきっかけだって。
牛スジと黒はんぺん、そして黒いダシ汁が特徴
です。普通のおでんよりパンチの効いた強い味が
しました。
----------------------------------------

----------------------------------------
6品目
「とうふちくわ」(鳥取県鳥取市)

豆腐と魚のすり身を7:3の比率で混ぜて作ったも
の。モッチリした柔らかい食感です。
魚とも豆腐とも一味違った新しい味わいがしました
。付属のソース(?)等の味付けも一工夫あって
面白かったです。
----------------------------------------

会場はまだ混雑しているけれど、朝ほどの世紀末的状況ではなくなってきました。
でも相変わらず小さい子やお年寄りにはちょっと酷な環境です。

足の踏み場も無いくらいだから乳母車やペットはさらにつらいです。
そういう人たちや、お腹いっぱいになった人が少しずつ帰り始めたり、水場で遊び始めた様子。

やっぱり凄い人

テーブルやイスもそれなりにあるんだけど、確保は非常に難しいので最初から諦めていた。
イベント用ステージがあって、バンド演奏やチアリーディングみたいのをしていたけど、
わざわざステージ前に行くほどではないし、店舗に並んでいると人ゴミでほとんど見えないと
いう困難な状況でした。

tkcがカレーが食べたいとか餃子が食べたいとか言ってます。
試しに餃子の待ち時間を聞いてみると、2時間待ちだって。
ギャー、これはシンドいでしょう。今は辞めておこう。

せんべい汁が新たな鍋にせんべいを入れて掻き混ぜるパフォーマンスをやっていて、取材陣
が集まっていたので僕らも見に行きました。

せんべいパフォーマンス

そろそろ軽いメニューに切り替えていこう。だいぶお腹もいっぱいになってきた。
今度は「にくてん」と「ゼリーフライ」に分かれてアプローチします。

----------------------------------------
7品目
「高砂にくてん」(兵庫県高砂市)

お好み焼きですね。
牛スジとコンニャク、そして味付けされたジャガイ
モが入っていました。
このジャガイモが一番の特徴だそうです。
小麦粉好きの僕にはなかなかのヒット。
----------------------------------------

----------------------------------------
8品目
「行田ゼリーフライ」(埼玉県行田市)

最初に聞いたときは「ゼリー!?」とビックリした
けど、ゼリーは入ってません。
「小判型→銭→ゼニ→ゼリー」という説だそうで。
ジャガイモとおからでパン粉をつけないコロッケを
作ったような感覚です。
----------------------------------------

…少々食べ疲れてきました。
曇り空になり、少し気温が下がってちょうどいい気候です。しばらく休憩。

まったりしてきたよ

ここで一度投票に行きます。
投票には会場で配られている箸を使うそうです。
箸は一組で2本あるから、1人につき最大2つのメニューに投票できるルールです。

本部の投票所に行き、思い思いのメニューに箸を入れます。
最終的にこの箸の重さでグランプリが決まるんだって。
そういやイベント中に何度か中間発表みたいのがアナウンスで流れていました。

投票所

さぁ、また並びに行くよ。
今度は行列の長いやきとりゾーンに行きます。「久留米やきとり」と「室蘭やきとり」。
どちらも1時間以上の待ち時間だって。
このくらいのブランクがあったほうがお腹的にいいのかな?
既にお腹いっぱいだから。じゃあ頑張って並ぼう。

…行列はかなり長い。
1時間弱くらいで「久留米やきとり」に並んだtkcとNONが、僕やよこの並ぶ「室蘭やきとり」
になってきて、久留米やきとりを手渡してくれました。
スマンね、こっちはまだまだ時間がかかりそうだよ。

----------------------------------------
9品目
「久留米やきとり」(福岡県久留米市)

久留米って日本で一番やきとり屋の軒数が多いら
しい。そして塩焼きなんだって。
肉の間に挟んであるのが長ネギではなくて玉ネギ
なのも特徴。
お腹いっぱいなので油身が腹にキたけど。
----------------------------------------

さらに僕とやよこがダラダラと並んでいる間に、tkcがどっかから取材を受けたとか
言ってきてる。なんか号外を持っているので一部もらった。
…オマエ…、何やってるの??

tkcが「速報」に掲載されました

これには爆笑しました。ちなみに本人、オタクっぽい写真になって大層ヘコんでおりました。
いいじゃないか、これはいい思い出だよ。
tkcとNONはさらにもう一品購入すべく人ゴミの中に消えていきました。

僕らは1時間半近く並び、ようやく室蘭やきとりをゲット!長かった!

炭火で焼いてます

----------------------------------------
10品目
「室蘭やきとり」(北海道室蘭市)

室蘭の労働者の間で古くから人気だったメニュー
だそうです。
名前はやきとり、でも使われているのは豚肉です。
僕は気付かず食べてました。豚肉と玉ネギに濃厚
なタレがかかり、カラシを付けて食べるそうです。
----------------------------------------

そして僕らが室蘭やきとりの渋滞に捕まっている間にtkcたちが追加購入してくれた
水餃子も一緒に食べました。

----------------------------------------
11品目
「すその水ギョーザ」(静岡県裾野市)

裾野市も餃子好きなようで、これは初めて知った。
野菜等の具が多いのが特徴らしい。
うん、ほとんど鍋物みたいになってますね。
餃子の皮にはモロヘイヤを練りこんであるようでし
た。モチモチでうまかった。
----------------------------------------

もう腹いっぱいです。食べれません。
カレー類の人気商品はもう30分ほど前から売り切れ続出で閉店され始めていました。
僕らは集合ポイントとしていた芝生地帯で残りのヤキトリを食べながらゴロゴロと過ごします。

ヤキトリパーティー

グッタリしているうちに時刻は15:00。
ここでどうやらイベントの終了のようです。結果発表は15:30から。
物産展等を見て回ったりしながら時間を潰しました。

そして15:30。
ステージの周りは取材陣がワンサカ集まっています。
今まで雲で見えなかった富士山が奇跡的にステージの後ろから姿を現したりもしました。

取材陣大集合

富士、現る

グランプリは第1回に続き、富士宮やきそば。
圧倒的勝利だったそうです。

そして次回の第3回の開催地は久留米。(第1回は八戸でした)
次回は行けないでしょうけど、また首都圏で開催される際には行こうかな。

最初は会場がパニックでどうなることかと思ったけど、お腹いっぱい食べれたし、
楽しいイベントでした。今後も期待してます。

フィナーレ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
<結果発表>

1位  富士宮やきそば        ・・・食べた
2位  八戸せんべい汁        ・・・食べた
3位  静岡おでん           ・・・食べた

4位  浜松餃子            ・・・食べなかった
5位  厚木シロコロ・ホルモン    ・・・食べなかった
6位  すその水ギョーザ       ・・・食べた
7位  駒ヶ根ソースかつ丼      ・・・食べなかった
8位  たまごふわふわ        ・・・食べた
9位  久留米やきとり         ・・・食べた
10位 奥美濃カレー          ・・・食べなかった

11位 横手やきそば          ・・・食べなかった
12位 青森生姜味噌おでん     ・・・食べなかった
13位 行田ゼリーフライ        ・・・食べた
14位 富良野オムカレー       ・・・食べなかった
15位 各務原キムチ鍋        ・・・食べた
16位 小倉発祥焼うどん       ・・・食べなかった
17位 室蘭やきとり           ・・・食べた
18位 とうふちくわ           ・・・食べた
19位 若狭小浜焼き鯖寿司     ・・・食べなかった
20位 高砂にくてん          ・・・食べた
21位 常習太田焼きそば       ・・・食べなかった

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-<


でもね、順位に関係なくどれもおいしかったし、全てを食べたかったです。
お疲れ様でした。

またまたゲット

16:30 会場を出発

ここで静岡県民のNONとはお別れ。また遊びましょう。
NONにとっては初めてとなる僕の愛車の「サー君」を紹介したりした。
デカイって言われた。

NONと愛車の
モビリオ

17:02 東名高速 富士IC

17:30〜18:23 足柄SA

今日はいろいろ疲れた。この後の渋滞25kmを乗り越えるためにスターバックスで
3人でお茶をしました。


19:44 横浜町田IC

やよこのマシンガントークで、気付いたら渋滞を乗り越えていた。


20:20 横浜で順次解散

21:03 帰宅