房総半島一周2007

2007.2.3-4
走行距離:504km
実行人数:1名

遅ればせながら、2007年の初走行!
適当に房総半島を時計回りに走ってみます

明治百年記念展望台

先日サイトをOPENし、ここ数ヶ月はPC作業に明け暮れていたんだけど、ようやく一息
つけそうです。
そういえば最近走っていないし、それどころか初走行もまだだった。

2月3日、埼玉県の川口まで愛車サー君のオイル交換に行くから、その足で少し走って
見ようと思いました。


2.3
10:45 出発

まずはアポを取ってある、川口の車屋さんに向かいます。
遅刻をすることが無いよう、首都高を使います。
今日は天気がいいなぁ。車の中は猛暑。窓前回でないといられないくらいだよ。

11:50 首都高 平和島PA

東京都に入りました。トイレ休憩します。
暖かいので外でも上着は必要なく、シャツ1枚で大丈夫だ。ホント暖冬ですね。

平和島のパーキング

12:55、埼玉県川口の、とある車屋さんに到着。

ここは以前の愛車「ステッピー」とお別れし、現在のサー君と出会った場所。
10ヶ月振りにここに来ました。
ここで無料でオイル交換をしてもらい、さらに何箇所かのメンテナンスを依頼する。

13:50 車屋さんを出発

さ〜て、ここからは自由に行動しちゃいますよー!


まずは首都高外環に沿って、一般道を東へ向かう。
でもすっごい渋滞ね。松戸のあたりとか全然進まないわ。

15:35 初富のコンビニ

今日はまだ朝からパンを半分しか食べてないから、おなかが減りました。
ここでパンを1つ買って腹ごしらえをします。

このあとも渋滞だし、なんかテキトーに走ってたら道を間違えるし、開き直って
方位磁針だけを頼りに東に向かってみたりしました。

…日没

17:00 成田山近くで日没

アレ!?今日は観光もしたかったのに、早速日が沈んじゃったよ。
なにやってるんだろ、僕。


<道の駅 多古>
ちょっとシンドくなってきました。休憩。

18:00 道の駅 多古

メーターを見ると、まだ本日の走行は200km。あれれ、昔はこんなんじゃなかったのになぁ。
改めて自分の体力の衰えと、サー君の扱いづらさを実感するわ。
日が暮れてやることないし、冬だから1日くらい風呂に入らなくても平気だよね?
酒でも飲んで景気づけしてから寝ようかな。


18:44 蓮沼のコンビニ

お酒とおつまみを買います。


<道の駅 オライはすぬま>
ようやく房総半島を横断し、九十九里浜の海岸近くに出てこれたよ。
今日はここで一泊しようと思います。

18
:58 道の駅 オライはすぬま

ここで車中泊します

なかなか寝心地は良さそうなところだな。
じゃあ、とりあえず夕食にします。
ビールと魚肉のソーセージ。
ちょうど満月が昇ってきてキレイなんだ。月見酒だぜー。
うーん、疲労が給っているのか普段の3倍酔いが回るよ。ウヒャヒャ。

酔っ払い1人

20:00 就寝

家から持ってきた毛布2枚を被って寝ます。
サー君の中で寝るのは北海道上陸日以来の2回目だな(3-8参照)。
車幅があるのでセカンドシートで充分横になれるんだ。


2.4
…寒い。1:00頃に目が覚めて、それから1時間寝れずにガタガタ震える。
世間は暖冬だって言ってるし、日中も暖かかったから油断したわ。
シャツ1枚にペラい毛布2枚。
靴下は履いたまま寝れないから裸足だし。

6:00 起床

実は4:00とか5:00辺りから寒くて寝るどころじゃなかったんだけどね。
夢と現の間でワナワナ震えてたわ。
トイレに行こうと外に出ると、見事に外は車内と同じ気温だった。

6:20 出発

九十九里浜で本州で一番早い日の出を拝みたいと思います。


<九十九里浜>
6:32 九十九里浜

水平線近くに雲があるのでまだ少し時間がかかりそう。
白んでいく空を成田に降りる飛行機がひっきりなしにやってくるのを眺めてみる。

飛び交う飛行機

6:45 日の出

思ったより静かな九十九里の海から真っ赤な太陽が昇ってきました。

太平洋からの朝日

しっかり太陽が昇ったのを見届け、そして今日も快晴になることを確信したあと、
サー君に乗り込んで房総半島を海沿いに南下を始めます。

「九十九里ビーチライン」を走り、海沿いの国道128号に乗ると、「太東埼」の標識がある。
立ち寄ってみよう。


<太東埼>
太平洋の眺めが素晴らしい展望台らしい。初めての場所はワクワクしますねー。
ただ、ちょっと道が細いんですけどね…。

狭っ…!

7:40 太東埼

おー。ここ、高台にあって海も街並みも一望できます。誰もいなくてのびのび過ごせるよ。

水平線が丸見え!

ここは断崖絶壁で波による浸食が激しくて、そのせいで灯台を一度100mも後方に
移動しなくちゃならなくなったそうですよ。
後方に灯台が聳えてますので、そっちも見学しました。

太東埼の灯台

今日は青空が本当にキレイなんです。絶好のドライブ日和。
じゃ、そろそろ出発します。

ここいらから内陸部に少々入ってみます。
国道465号で「養老渓谷」まで行ってみようと思うんです。


<道の駅 たけゆらの里 おおたき>
8:33 道の駅 たけゆらの里 おおたき

ルート確認のための休憩です。養老渓谷まではあと一歩だね。
養老温泉とかは2年前に行ったので、今回は前回行かなかった場所、
栗又の滝(養老の滝)に行こうと思います。

道の駅を出発し、見覚えのあるルートを走る。
あぁ、「幻の滝」、2年前に行ったなぁ。いい意味でジャンクな滝だったね。


<栗又の滝(養老の滝)>
駐車料金300円。うっ…ちょっと高い。

9:02 栗又の滝

駐車場から歩いて5分くらい。斜めの岩肌をダラダラと流れ落ちる滝。
一応房総半島では一番規模の大きい滝なんだって。

栗又の滝

傾斜だから滝ならではの「ドドドーッ!」ていう迫力は無いね。
水量がもっと多ければこれでも迫力は出そうだけど。
静かに流れ落ちる滝って感じです。水遊びには向いていそう。


ここから細い県道を南へと向かいます。なんだかまた道に迷うけど、
気にしない気にしない。ただ方位磁針を南に進むのみです。
間もなく無事に海沿いの国道128号に出ることができました。


<道の駅 鴨川オーシャンパーク>
10:30 道の駅 鴨川オーシャンパーク

トイレ休憩。鴨川の海はサーファーが多い。そして混雑していた。
今後のルートを選びます。
房総半島最南端の「野島埼」は何度か行っているので無視して、
国道128号沿いに西海岸の館山を目指してみようか。


<D51-498>
11:11 館山駅

駅の近くを徘徊し、有料駐車場にサー君を停めました。
実はね、木更津〜館山間でSL機関車「D51-498」が2007年2月の
5日間だけ復活しているの。
復活って言っても、1日一便でしかも片道だけっていう超限定なんですけど。

それがもうすぐ館山駅に来るハズ。
これは是非見に行ってみようじゃないですか。

線路沿いをしばらく歩き、そこそこなスポットに場所を取ってみる。
間もなく周りにはファミリーや子供たちやマニアや近所の商店のおっちゃんとか
ワイワイ集まりだす。線路の中では鉄道員の人が柵を乗り越えないよう監視を
始めている。

待つこと30分。遠くのほうから「シュッシュッ・・・」って音と「ポッポー」って汽笛の音が
聞こえてきました。
なんか期間限定だからかすっげー汽笛を鳴らしてる。
ヤンチャな小学生に汽笛係を任せちゃったかのように鳴らしまくってる。

11:57 SL通過

SLが来たー!

駅が近いからゆっくり走ってるんだけど、やっぱ通り過ぎるのは一瞬。
周りのファミリーや子供たちもわずかなシャッターチャンスにワーギャー大騒ぎですわ。

…と思ったらSLの客車の中の連中も手を振りまくっててワーギャー大騒ぎですわ。

イヤッホーーイ!!
(↑?)

SL通過後の人々

このあとしばらくするとSLが牽引されて逆送しながら帰っていくイベントがあるんだけど、
それはいいや。写真も撮れて満足満足。

駐車場に戻り、精算機に小銭を入れ、目の前のバーが上がる。
…とそのとき、精算機横の事務所にいるおばちゃんがサー君を見て声をかけてきた。

おばちゃん:「どちらからいらしたの?」
YAMA:「横浜からSL見に来たんですよ」

おばちゃん:「日本2周も周っててすごいのね。私も旅が好きでね、あなたちょっとして
  旅クラブとかに所属しているの?」
YAMA:「いや、僕は個人の趣味でやってるんです。」

おばちゃん:「そうなの〜。私は学生時代は旅クラブでいろんなところに行ってね。
  昔は北海道で勤務していたりして…。あなた、北海道は行ってる?」

…とまぁこんな具合に北海道の話や海外進出や、おばちゃんの家族の事情まで
聞かされてね。
話はいいんだけど、せめて駐車場に停めているときに話したかったよ…。
目の前で駐車場のバーがめっちゃ開きっぱなしで、僕もブレーキをずっと踏みつつ
話し込むこと数分。

おばちゃん:「じゃあ、また館山に来たらいらしてね。」

と、開放してくれた。
うん…、ありがとう。いい人でした。

12:10 館山発


<洲崎>
房総半島の西に突き出た先端部にある岬です。
館山から少し南に行けばすぐ着くので行くことにします。

12:27 洲崎

なかなかの絶景

日曜だからか、かなり観光客は多かったけど、景色は良かったです。
房総半島の海岸線がくっきり見え、海の向こうには神奈川県の三浦半島。
久里浜のエントツも見ることができたよ。

洲崎の灯台

今度は西海岸の国道127号を海沿いに北上します。

<道の駅 きょなん>
13:32 道の駅 きょなん

暑い。車内は暑いよ。
ここでトイレ休憩。おなかが減ってきた気がする。
そういえば昨日からあまり食べてなかったからな。


<富津公園>
<「志のざき」>

ごはんを食べよう。次の目的地を「富津岬」に設定した。
ツーリングマップルを見ると岬の先端近くに「志のざき」っていうオススメの食事処が
あるそうだから、そこで食べよう。

14:2
7 富津公園&「志のざき」

富津公園の駐車場に車を停め、付近を一周散歩してからお店に入りました。

南国ムードです

「志のざき」では海鮮ラーメンを注文しました。
海の幸がふんだんに入った塩ラーメンです。久々のラーメンはおいしかった。

海鮮ラーメン

<富津岬>
富津公園から2kmほどで到着。
房総半島から鋭く西に突き出た岬です。

15:03 富津岬

岬の先端にドンと鎮座する
のは「明治百年記念展望台」。
すさまじいデザインの展望台だね。なんだかカッコイイぞ。

富津岬の展望台

頂上に上ると三浦半島がすぐ近くに見えました。
ベイブリッジとかアクアブリッジも良く見えた。

ちょっと西日になってきて視界が霞んできちゃったけどね。
逆に後方の岬の根元部分の眺望がカッコイイんです。

富津岬全貌

富津岬の細さがよくわかる写真が撮れましたね。


では、そろそろ帰還します。
帰りはアクアラインで神奈川県にワープしますね。

15:57 木更津金田ICからアクアラインへ

爽快!アクアブリッジ

16:02 「海ほたる」通過

海ほたるは何度も行ってるから今回はスルーします。
ここからはアクアトンネルで海底に行きます。

バイバイ、房総半島!

海ほたると
トンネル入り口

やっぱりアクアラインは早いですね。
あっという間に神奈川県だよ。ETC使うと3割引だからお得だし。

そして眼前に見えてくるのは鶴見の「つばさ橋」。
そして京浜工業地帯のよどんだ空気に飲み込まれている「みなとみらい」と「ベイブリッジ」。

この汚れた空気を見るとちょっとブルーになっちゃうような気するけど、
帰ってきたよ、横浜。アッハッハ。

神奈川県に帰還

16:40 帰宅


帰ってから愕然とした。
サー君を購入してからの走行距離、今回のエピソードが2番目に多い。
たった504kmなのに。
海を隔てた隣の県に行っただけなのに。
というよりオイル交換の帰りだったんだね…。