徳島⇒明石旅行

2004.10.16-17
走行距離:1502km
実行人数:5名

明石シリーズ第4弾!
今回は鳴門の大渦に合わせて出発します

鳴門海峡と大鳴門橋

明石を絡めた企画も今回が4回目。

今回はね、とっておきがあるんです。
それは鳴門の渦潮。

鳴門の渦潮は瀬戸内海側と太平洋側の海面の違いから発生するようですね。
渦潮が発生するのは干潮時と満潮時の1日2回。

しかし、新月のときと満月のときは月の引力も関係し、さらにスケールの大きい
大潮となる。
さらに地球の公転も視野に入れると、年に2回、春分の日と秋分の日は他に無い
ほどの巨大な大渦となる。

今回は数ヶ月前から潮見表を確認し、この秋の大潮を見に行こうと企画しました。

「2004年10月16日13時30分」

これが最大の渦潮が発生する時間。
これに合わせて出発します!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

10.15
22:14 出発

今回のメンバーは明石企画レギュラーの先輩DIME、それからドライブ常連の
やよこ・ワガママ姫・バンザイ。

DIMEとやよこは家まで迎えに行きました。


10.16
0:45 町田でワガママ姫とバンザイを乗せ、全員集合。

1:00頃 横浜町田IC

4:30 養老SA

7:00頃 明石海峡大橋

いよいよ淡路島に上陸します。
明石海峡大橋は大好きなんだけど、今日の午後にゆっくり見れるから
今はスルーです。

7:30 室津PA

8:25 大鳴門橋

快晴の四国に突入!四国は2ヶ月ぶりだー!

大鳴門橋が見えてきた!

<眉山>
まず目指すは徳島市街を見下ろす小高い山、眉山。
車で展望台脇の駐車場まで登ることができます。

9:00 眉山

朝を迎えた徳島市の町並みが一望できます。ちょっと寒いけど空気が清々しい。
徳島は都会だー、すごいー。
これまでは四国といえば山奥の酷道を延々と責めているイメージだったので、
こういう開けた景色もいいですね。

眉山からの町並み

すっごい快晴だね!

<「中華そば いのたに」>
徳島といえば徳島ラーメンですかね。
この徳島ラーメンも食べたくって、調べておいたんですよ。

一応有名どころの「いのたに」にアプローチしてみます。
「阿波おどり会館」前とかのゴチャゴチャしたところを通り、若干道に迷いつつも
「いのたに」を発見。

この店、10:30に開店で、それに合わせたんだけど、まぁまぁ予定通りだったかな。

10:40 「中華そば いのたに」

ここは全席カウンター。
徳島ラーメンって豚バラ肉と生卵が入ってて、甘辛目の醤油スープのラーメン。
見た目はスキヤキみたいなカンジ。
和歌山ラーメンにちょっとスープの味が似ているかなぁ。

うまいけど、味がすごく濃い。
水をガブガブ飲んで対応しました。

「いのたに」でした

<お茶園展望台>
そろそろ鳴門に向かっておきます。
鳴門海峡を観光するのっていつぶりだろう?きっと2年半ぶりだ。
昔、初めて「エスカヒル鳴門」を駆け登ったときの記憶が甦ってくる。

今回は「お茶園展望台」っていうところから橋を眺めたいと思います。

11:30 お茶園展望台

お土産屋とかアイスを売っている小さな店が展望台まで軒を連ねて
いました。

青空の大鳴門橋

<渦の道>
12:10 渦の道

いよいよ、渦潮を見に行きます。
橋までは展望台から歩いてアプローチ。

渦の道は、大鳴門橋の下部に設置された遊歩道。全長450mもあって、
荒れ狂う鳴門海峡の真上まで行けるんだ。
さらに場所によっては床がガラス張りなのでスリルも満点。

渦潮のピークの1時間以上も前に到着しちゃった。
まだこの時間はそこまでは混んでいない。
一通り展望室内を歩き回り、どこに渦潮が発生するのか慎重に見定める。

そんで、かなり渦が発生しやすそうな場所をみんなでキープ。
やよことワガママ姫を最前面に設置し、残りのメンバーが後ろを固めます。

まもなく大きくなり始める渦潮。
観光客も後ろにドシドシやってくる!

荒れる鳴門海峡

すごいです!
真下で海が複雑怪奇な動きを始め、各所で渦潮が発生しては消えていく。

写真は「水中観潮船 アクアエディ」かな?
ヤツは船底に1mくらいの水中展望室が付いていて、渦潮の中にまで
突入していく強者なんです。

僕らの後ろはもう観光客でギュウギュウ。身動きできないくらいだ。
早めに場所を取っておいてよかったー。

時間は潮見表で確認しておいたピークの13:30。
渦潮祭りも最高潮!
デカイ渦潮ができるたびにワガママ姫・やよこと一緒に歓声を上げます。

ナルティックサイクロン!

ピーク後もワガママ姫・やよこペアと何度か場所を入れ替わりつつも
渦潮を眺め、それから後ろの人たちに場所を譲って撤退しました。

ふぅー、エキサイトしたわ。
あまりの光景に脳のキャパを超えてしまったバンザイとワガママ姫は
「なんだかよくわかんないくらい凄かったね」
とか言い出す始末。

うん、そのくらいの規模だった。

さーて、ここからはまた本州に向けてステッピーをを走らせます。

14:00頃 鳴門IC


<橋の見える丘>
14:50 淡路SA

ここは淡路SA内にある展望台。
明石海峡、そして明石海峡大橋を遠望できるいいスポットなんですよ。
みんなで展望台から、これから行く先、明石の街を眺めます。

渦の道、通路にて

チビ3人と
明石海峡

では、いよいよ僕の大好きな橋、明石海峡大橋に突っ込みます。
(てゆーか、わたるのは本日2回目だけどね…)

15:10 明石海峡大橋

SAを出た後、ゆるいカーブを通過し、ホント直前で姿を見せる世界最長の
つり橋、明石海峡大橋。
端は中央部分に向けて結構な角度で登っていく。

窓を開け、遥か下界を通る船を眺め、海峡を吹き抜ける風をいっぱいに浴びる。

明石海峡大橋、走行中!

主塔の高さは300m。天を突き刺すかのような迫力だね。

橋の後半は海の向こうに広がる明石・神戸の街並みに突入していくように降下し、
トンネル突入でフィナーレ。


<「いまい」>
毎度おなじみ、明石の街に来ました。
昼食…じゃないな、オヤツに明石焼きのお店1軒行ってみようと思います。

今日は、来るのは3回目だっけ?
「いまい」に行くことにします。
住宅地の奥のほうにあるけど、この辺の運転はもう慣れているのでスイスイ。

15:45 「いまい」

玉子焼き、フワフワ

確か2月に行ったときは屋号を書いたホロ(?)が吹っ飛んでいたけど、
今は復活しているのでお店だってすぐわかるね。

でも、この一般家庭の台所におじゃましちゃってます、みたいな雰囲気が好き。


<「ビジネスホテル菊水」>
DIMEが予約を取ってくれた今回の宿。明石駅前なのでいろいろ便利。
ここも4回目なのでもう顔馴染みね。

16:50 「ビジネスホテル菊水」

おばちゃんにご挨拶。
ここでは明石シリーズ恒例の「1人1部屋大作戦」。
なんだかよくわからないけど、恒例。

他の企画はほとんどコテージとかの激安物件なのに、そしてみんなで旅をしているのに
あえて部屋を別々にするのがワケわからないけど、初回がそうだったから…。
でもこのスタイルをみんな気に入っているんだよね。

それぞれ自分の部屋でお風呂に入り、18:00過ぎに玄関で集合します。


<舞子公園>
明石海峡大橋の下に広がる公園。ここで夜景を見るのも恒例なんです。
あれ、駐車場がコインパーキングになってるよ!
なんか監視も厳しそうで、今まで見たいに路駐はできなそうだなぁ…。

18:30 舞子公園

レインボーパターン

今回もいつもの土日版のライトアップ。
レインボーとエロムラサキが時間とともに入れ替わるパターンです。

あぁ、このライトアップ大好き。
橋の下まで歩き、しばらく堪能した後また引き返す。

ブレブレの明石海峡大橋

あぁ、上の写真はね、やよこが撮ったヤツをもらったの。
どんだけ手振れが激しいんだよ、ってカンジだけど、ある意味ちょっと
芸術的だよね。

そんで明石の標準時子午線の天文台のライトアップも横目で見ながら
明石駅方面に戻り、ローソンと駅前のいつもの酒屋で買出し。
そして「菊水」に戻りました。


20:00 飲み会開始

いつも通り、年長者のDIMEの部屋に集まる。
そしてUNOとかやりながらワイワイ飲み会をします。

飲み会!

たぶん1:00頃まで飲んでいたのかなー。
昨日の夜はまともに寝ていないのと、運転疲れで旅先でのお酒はそんなに
飲めないことが多いんですよね。普段の3倍酔う。

自分の部屋に戻って就寝。


10.17
8:00 起床

1人部屋なので、ゴロゴロ二度寝をしたり、TVをつけてみたりと自由がきくのは
好きですね。昨日買っておいたオニギリで1人朝ごはん。
朝ごはんはみんな各自で今頃食べているハズ。

9:30、「菊水」の玄関で集合。チェックアウトします。


<五色塚古墳>
なんとここ、僕とDIMEは行くのは5回目!多っ!
住宅地をスルスルと迷うことなく目的地に向かえるDIME。
…もう地元の人っぽい。

10:00 五色塚古墳

淡路島まで綺麗に
見えます

この古墳、上まで登ったときに見える明石海峡大橋の眺めが好きで
良く来るんです。
僕らと橋との間に街があるのに、その街を突き抜けて聳える主塔が
カッコいいです。

五色塚古墳の
頭頂部

<大歳山遺跡>
10:30 大歳山遺跡

ここは初めて来た。ガイドブックでまだ行ってない観光地を探していたら
あったので。明石の住宅地の中にあるって。
かなりの住宅地。路駐して行ってみると、野原の中に弥生時代の竪穴住居が
復元されてありました。

一通り見学。
地元ファミリーがくつろいでいたので、お邪魔にならないよう退散しました。


<明石城跡>
また明石駅近くまで戻り、「明石城跡」を散歩することにしました。

10:50 明石城跡

ここは2回目。
ちょうど気候も散歩に適しているカンジで、歩いていて気持ちがいいです。

DIMEとやよこ、休憩中

明石城跡の頂上で

<「楽」>
少し早めのお昼を食べたら明石を出発しますよ。
お昼ごはんはやっぱり明石焼き。今回の新規開拓の店は「楽」っていうトコ。
路駐しちゃったけど、場所は明石の「魚の棚」の近く。

12:00 「楽」

やっぱ玉子焼きはアツアツで最高!


<「元祖たこ珍>
<「たこ磯」>
さらに明石焼き、2店舗制覇しておこう!
メンバーを2手に分けて、それぞれテイクアウトしてくる。

「元祖たこ珍」には僕とDIMEが行く。さっきの「楽」のすぐ近くで、持ち帰り用を
すぐに入手できた。
それからワガママ姫・やよこ・バンザイ組の様子を見に「魚の棚」の中にある
「たこ磯」も行ってみた。
こっちは持ち帰り用もかなり行列。

じゃっ、温かいウチに車の中で食べちゃおっか。

…今回初めて明石焼きをテイクアウトして気付いた。

絶対店内で食べたほうがおいしい。
明石焼きはヤケドしそうなくらい熱いのが好きだな。
テイクアウト用は作ってから少し時間がたっているのか、ちょっと冷めてしまっているね。

次回からは絶対店内で食べよう。これは満場一致。



13:00 明石を出発

13:55 第二神明道路に乗る

14:30 吹田SA

17:35 浜名湖SA

18:35 日本平SA

19:30 足柄SA

ここ、足柄ASのマックで恒例のテイクアウトをし、このあとの渋滞の車内で
夕食にするんです。そう、もちろん今回も神奈川県は大渋滞。

22:05 町田 ワガママ姫・バンザイが解散

その後、やよことDIMEを家まで送り、家を目指します。

23:35 帰宅


やっぱり明石は大好き!
また近いうちに行こう!











ステッピーの中で
明石焼きパーティー